レーナ・マリアからの手紙

2017.10.18.
一通のちょっと厚めの封筒が私宛に届いた。 開けてみると、中から未使用のクリスマスカードが数枚。 

mofartist1.jpg

面喰ってカードを眺めつつ、裏に返すと、Mun-och Fotmålarna という見覚えのあるロゴがありました。

mofartist3.jpg

Mun-och Fotmålarna とは、口と足で描く芸術家協会、正式名称は世界身体障害者芸術家協会 (Association of Mouth and Foot Painting Artists of the World) というようで、(手が使えぬゆえ)口や足を使って絵を描き創作する芸術家たちの団体で、作品の販売をしており、世界中に国ごとの支部があります。 作品を使ったカードは人気があり、ドイツの伯母たちやスウェーデンの年配の方からのクリスマスカードは、この協会のものが多いです。

私は日本にいたとき、ユニセフやアムネスティのカードを購入していたけど、口と足で描く芸術家協会は知りませんでした。 日本でも作品を販売しています。(リンク 口と足で描く芸術家協会

カードと一緒に入っていた「しおり」を読むと、これらのカードは自分たちの団体を知ってもらうための広告活動なので、同封のカードの代金を払う必要はないし使ってもらってかまわない。 興味がある方や購入希望の方は連絡を、とのことでした。

「しおり」には団体について、芸術家たちの紹介、取り上げられたメディアからの抜粋、代表者からのメッセージが載っていたのですが、代表者の Lena Maria という名前、あまりにもありふれ、私の周りにもレーナやマリアは沢山いるのですが、レーナ・マリアと一緒に並ぶと、何か遠い記憶を、羽根でささやかにくすぐられるような感覚が・・・と思いながら読んでいくと・・・

mofartist2.jpg

本の見本市に出席したとき、日本の漫画のコスプレをした女性がレーナ・マリアに近づき、一曲歌ってくれとお願いし、その後会場の皆がそれに続き歌いだし、テレビ司会者がやって来て、「ユニークな活動で知られ海外で有名な、手はなく一本だけの美しい足で生まれ、スイマーであり、作家であり、講演家であり、偉大なる歌手であり、日本の漫画のヒロインである」と紹介した一節で、ああっ~とやっと気づいたのでした。



昔このブログでも書いたことがあるレーナ・マリア。 ←2007年なので、10年前・・・(あ、でもこの「しおり」に載っていたエピソードも2010年のことって、けっこう昔。)


FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ
関連記事


スポンサーリンク

スカンジナビア航空 子供におもちゃはない

2017.09.26.
航空会社によっては、子供(赤ちゃんや、小児運賃である2~12歳)に玩具等をくれるサービスがあると思います。 スカンジナビア航空のホームページのトラベル情報から「お子様連れのご旅行」のページを見ると・・・

「SASは、小さなお客様が機内の時間を楽しめるようお手伝いいたします。 ヨーロッパ域内のフライトでは、お子様に小型玩具をご用意しています。
日本路線を含む長距離路線フライト、では、玩具が入った小さなバッグをお子様にお渡しします。」

とあります。

過去に2回、子連れでスカンジナビア航空に乗ったけれど、小さなヌイグルミを貰ったくらいで、「玩具が入った小さなバッグ」なんて貰わなかったぞ。 機内で、「子供にオモチャありますか~?」と聞きに行ったら、うちの子を見て、「あ、でも、この子には相応しくないと思うの。 赤ちゃん用のだから。 それでよかったら・・・ちょっと待っててね。」と奥に引っ込み出してきたものは・・・

sastoytojpn2017.jpg

これでした。 それでも我が子は大喜びで、機内で抱っこしていたのですが、リムジンバスに乗り、そこにしっかり忘れてきました。

コペンハーゲン行の機内でも、再び「オモチャありますか?」と聞いたら、うちの子を見て、困ったように「あ、はい、でも・・・ 指人形とか、そういうものなんですが・・・」とオモチャ(といっても小さなヌイグルミとか)が入った箱を、うちの子が選べるように出してきてくれたのですが、本当に「要りません」と言うようなものしかなくて、それなのに一生懸命物色する我が子。 そして選んだのは・・・

sastoyfrjpn2017.jpg

これ(ブサイクな指人形)。 確かにろくなものなかったけれど、その中でもこれって・・・(側で私も絶句。)

ホームページには「玩具が入った小さなバッグ」なんて書いてあるけど、実際はないし、もちろん子供が機内の時間を楽しめるようなお手伝いは何もないスカンジナビア航空。 

ウソ書くな~! でも、まだ「ABロード」という雑誌が存在していた大昔、そこでスカンジナビア航空が「乗ってみたい航空会社」のランキング上位に常に選ばれていた頃は、レゴ等が入った子供用のアメニティーがあったらしい。

今は、LCC並みかそれ以下のサービスですが。 でも、料金は安いです。 格安航空券を比較して探すより、スカンジナビア航空のホームページから、直接予約するのが一番安い。 SAS Goはキャンセルがきかないし、席は後ろの方のシートだけしか選べないけれど、うちの場合子連れなのでわざわざ後ろの方の席を選びたいし、コペンハーゲン―成田直行便は乗り換えなしでスムーズに行ける最短ルート。 それでこの値段は、リーズナブル。

別にお手伝いしてもらわなくても、子供はゲームやっていればいいし。 成田行きの機は、それこそABロードの時代からと思われるボロボロの機体で、座った座席は壊れているし、個別モニターに入っているゲームも変わらず「テトリス」と「インベーダー」でタイムスリップした思いですが、「インベーダー」にハマってしまった我が子。 かえって新鮮だったらしい。 ずっーと大人しかったです。

コペンハーゲン行は、機種が新しくなっていて、ビックリ。 「テトリス」と「インベーダー」はなくなっていた・・・ サービスは変わっていなかった。

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ
関連記事


スポンサーリンク