Valborgmässoafton ヴァルボルグスの前夜祭

2006.05.01.
4月の最後の日は、Valborgmässoafton (ヴァールボーイ、ヴァルボルグスの前夜祭)と呼ばれ、人々は大きな焚き火を囲み、春の歌や詩の朗読をし、春の訪れを祝う伝統があります。 しかし今年のスウェーデン、未だ春が訪れたとは言いがたい天候・・・

私はこの「焚き火」が見たくてたまりませんでした。 しかし夫は、「若者たちが酒飲んでバカ騒ぎして危険だから行っちゃダメ!」と禁止令を出す。 ようやく連れて行ってもらえたのは昨年。 夫の実家のある小さな町でなら、規模も小さいし家族向けだからと。

このお祭り、大学生が祝う伝統があるので、老舗大学のある街では大規模に開かれます。 しかしニュースで見た映像は・・・ 朝から酒飲んで酔っ払っている学生たち、公園の花壇の中でバーベキュー、翌日には80トンのごみ。

それはおいといて、私が体験した Valborgmässoafton を・・・

valborghog.jpg

浜辺には、数日前から、木の枝や薪の山が積み上がられています。 この「焚き火」は(日本でいうなら)町内会が主催。 火がつけられるのは、暗くなってから。 もうかなり日が長くなっているので、点火は夜の9時。 その前に、町内会長のスピーチ、教会の聖歌隊のコーラス、詩の朗読などが、30分ほど続きます。

valborg1.jpg

時間になり、ボーイスカウトの子供たちがやってきて、松明で火をつけます。 (夫も子供の頃、やったという。)

vaborgl2.jpg

かなり大きな火で、枝や薪以外は焼くことをせず、人々はただ焚き火をボーと見ています。 (お酒を飲む以外は、モチベーションの低い国民だ・・・) 点火から30分後に花火も打ち上げられ、終了。 これだけですが、春の夜の浜辺で、燃え上がる焚き火を見上げるのは、なかなか情緒があるものでした。

valborg3.jpg


FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク

今日は「母の日」、ではない

2006.05.14.
5月の第2日曜日、日本のカレンダーを見ると、今日は「母の日」。

スウェーデンのカレンダーを見てみると、何も表記されていない。 しかし、次の次の日曜日の欄に、 ”Mors dag” とある。 そう、スウェーデンの母の日は、5月の第4日曜日なのです。

「母の日」って、世界共通の日付だと思っていたのに。 ちなみに、赤いカーネーションを贈る、という風習もありません。

そういえば、「父の日」も、スウェーデンでは、10月か11月だったなぁ。 日本では、6月ですよね!?

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク