Tante T コペンハーゲンのティーサロン

2008.03.19.
北欧の人達は、お茶より断然コーヒー党。 おいしいコーヒーを出すカフェは沢山あっても、お茶となるとティーバックで出されてしまう・・・。 でもデンマークの首都コペンハーゲンには、お茶を専門に取り扱うお店が何件かあり、近年はティーブームだそうで、個性的なティーサロンも次々オープン。

そんなお店のひとつ、前からお茶したいと思っていた、Tante T に行ってきました。 量り売りのお茶はオリジナルブレンドも含め120種ほど揃い、手作りケーキとお茶が楽しめる空間もあります。

tantet1.jpg

お昼近くに行ったら、ほぼ満席状態。 テーブルの数は多くないうえ、人気のお店なので、数日前に予約した方が良いとのこと。 でも運良く空席がありました。 お客さんは、ほとんど女性・・・ お茶を飲むのは圧倒的に女性が多いのね。 店内もアンティークな家具や小物を揃え、ロマンチックで落ち着いた雰囲気。 男女平等の精神から、性差をなくそうとする北欧ですが、やっぱり女性が好きなものと、男性が好きなものって、違うんだな~と、こんな時に感じます。

ブランチとケーキセットを頼みました。 ブランチは2種類のパン、クロワッサン、ハム、チーズ、ジャム、レモンカード、バター、ヨーグルト、フルーツが盛られています。

tantet2.jpg

ケーキセットはポットのお茶込み。 3種類のケーキ、2種類のクッキー、甘いパン、レモンカード、ホイップクリーム、ジャム、バター。

tantet3.jpg

このお店で出すものは、全てエコロジカルで手作り。 どれも絶品! パンはデンマークのものがスウェーデンよりおいしいと常日頃思いますが、ケーキもスウェーデンよりデンマークの方がリッチな味わい(別の言い方をすればクドい・・・)。 日本のような可憐さや繊細さは(味にも見た目にも)ありませんが、これはこれでおいしい♪

サロンでいただいている間も、お茶を買いに来る人が途絶えません。 少人数で、全て手作りで、お店を切り盛りしているので、注文するにも、品物が揃うのにも、時間がかかります。 でも、それがこのお店のポリシーで、カウンターにも、そう但し書きがありました。

今回注文したお茶は、ルイボスと、「påske 復活祭」という名のブレンド(緑茶に、オレンジやレモンの皮を加えた、さっぱりフルーティーな味わい)。 おいしかったので100gずつお土産に購入。 各28DKK。 (ただいまの換算レート、1DKK=21円。 デンマーククローネはスウェーデンクローナより高く、デンマークの物価はスウェーデンより高いです・・・) ブランチと一緒に頼んだカップのお茶は、25DKK。

ちなみに、ブランチ75DKK、ケーキセットは110DKK。 これは、カジュアルには来れないお値段・・・ 今回は、「ホワイトデー」に、夫がバレンタインデーのお返しに誘ってくれたのでした。 そんな特別な時を過ごすにはピッタリかも。 私たちのテーブルには、予約カードがふたつ乗っていて、ひとつには15時から「bryllup (デンマーク語で結婚式)」と書いてあり・・・

tantet4.jpg

そのカードを見ながら「この二人は、結婚の手続きを済ませ、ささやかなお祝いをここでするのかな。 それとも、結婚記念日なのかな」なんて、勝手に思いを馳せたりして。

もうひとつのカードは17時からだったのですが、このティーサロン、朝の10時から夜の10時まで開いているのです。 デンマークでは珍しく日曜も営業で、夜の9時まで。

でも、今週の木曜から来週の月曜まで、復活祭の祝日中はお休みとのことです。

場所は、コペンハーゲンの中心からちょっと離れているうえ、周りにセックスショップなどが多い界隈なので、いささかびっくりしましたが(裏道から行っちゃったのよね)。 Vesterbrogade という大きな通りから、Viktorigade という道に入るとあります。

ところで、このお店、実は日本の雑誌で知ったのでした。

旅 2007年 07月号 [雑誌]旅 2007年 07月号 [雑誌]
(2007/05/19)
不明

商品詳細を見る

女性向けの雑誌なのか、ティーサロンやアンティークの雑貨の写真が美しく、コペンハーゲンに行ってみたい!と思わせてくれます。
FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク

Tea Time コペンハーゲンのティーサロン

2009.03.21.
コペンハーゲンにある、アンティークテイストのティーサロン、Tea Time (Birkegade 3. Nørrebro)。 

teatime1.jpg

日本の雑誌に何度か取り上げられたのを見て、行ってみたいなぁと思っていたら、夫が私の誕生日祝いにと予約してくれました。 (と言っても私の誕生日は12月。 そして実際行ったのは昨年の11月末のことなのよ~。)

お店の家具や食器類は、全てアンティーク。 古い木の机、年代物の銀のスプーン、エレガントなティーポット、各テーブルに添えられているのはパステルカラーのメレンゲ。

teatime2.jpg

この日いただいたのは、クラッシック・アフタヌーン・ティー。 お茶は好きなものを選べます。 私が選んだのは、お店の名前が付いた ”Tea Time The” 。 セイロン茶にバラやコーンフラワーの花びら、オレンジの皮とバニラを加えた甘くロマンチックな香り。 夫は ” Baileys The”、中国茶とセイロン茶のブレンドに「ベイリーズ」の名のとおり甘くクリーミーな風味付けをしたものをチョイス(「男の子のためのお茶!」とメニューにあったので。)

teatime3.jpg

いつも紅茶にはミルクをたっぷり入れるけど、これらの紅茶はミルクなしで、味と香りを楽しみました。 最後まで渋みも出ず、とってもおいしく入れてあるので感動~!

さて、まずはサンドイッチとスコーン。 クリームチーズときゅうりのフィンガー・サンドウィッチは、塩味が利いてさっぱり。 そしてスコーンの方は、なんとカルダモン風味。 スコーンにカルダモンって初めて口にしましたが、これが合う! レモンカード、苺ジャム、クローテッドクリーム添え。 (で、このクリームが入れてある器にご注目。 古い焼き菓子の型が使われているのです。) 

teatime4.jpg

夫は、「レモンカードってケミカルな味がする」からって口にしたがらなかったけど、ここの自家製は、そんなことなくおいしい。 

で、次はお待ちかね、ケーキセット♪ その日のスペシャルケーキを用意してくれます。 

teatime5.jpg

パイが2種、ケーキが2種。 お店の人が、お茶やサンドイッチ、ケーキをサーブしてくれる度、きちんと説明してくださります。 そのときは、ほほぉ~と感心し、私も今度そうしてみよう、この盛り付けも参考になるわ、なんて思ってみるんだけど、まぁ家に(現実に)帰れば、すぐ忘れます。

可愛らしくも優雅でメルヘンチックな空間でのティータイムを満喫していると、夫がぽつり、

「ここでも、男性は僕だけね」。

teatime6.jpg

そうなんです、以前行った Tante T でもだったけど、このようなティーサロンでお茶してるのって、女性のグループばかり! お母さん達と一緒の子供たちも、やっぱり女の子だけだったんですね。

夫の友人、紅茶を愛する英国ツウの若き紳士が、このティーサロンの評判を聞き一人で訪れたというので感想を聞いてみたら「お茶はとても良かったけど、店の中がピンク色なんだよ。 なんかドールハウスの中にいるようで落ち着かなかった」と言ってましたっけ。

teatime7.jpg

後日「行ったよ~、良かったよ~」と報告したら、「でも、ピンクだったろ、ピンク!」と相変わらずピンクに拘っていました。 (このお店は、白とピンクを基調としたファンシーな演出をしていて、そこが乙女心をくすぐるんだけど。)

私がいただいた ”Tea Time The” がおいしかったので、お土産に買って帰りました。 (この缶は自前っす。)

teatime8.jpg

しかーし、家で淹れてみたら、コペンハーゲンで飲んだお茶とは別物でがっかり! やっぱり水の違いかな・・・ (コペンハーゲンはかなり硬水。)
FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク