図解 セムラの食べ方

2007.02.07.
スウェーデンの信仰がカトリックだった時代、復活祭前の40日間、節食や断食を行っていましたが、その前の3日間、fastlagssöndagen, bullamåndagen, fettisdagen に、ご馳走を食べる風習がありました。 セムラは、そのときのご馳走のひとつ。 プロテスタントになってから、断食はしなくなりましたが、セムラだけは食べ続けるスウェーデン人・・・

セムラ(Semla、複数形は semlor)が、スウェーデン全土で通用する一般的な名称ですが、ここスコーネでは、Fastlagsbulle(ファストラーグスブッレ)と呼ぶのが伝統的。

ところで、夫が通う学校のカフェテリアでは、Fettisdagen(今年は2月20日)までの毎週火曜日、手作りセムラが5krで食べられるというではありませんでか。 相場は20kr前後なので、安い! それに、ここのカフェの料理はおいしいので、早速行ってきました。

ところで、セムラって、どうやって食べるのでしょう? 最初にセムラを目にしたとき、生クリームがたっぶり挟まった丸いパンを前に、途方に暮れました。 そんなふうに困らないよう、正しいセムラの食べ方を伝授いたします。

まず、パンの上に乗っている帽子部分を、指でつまみ持ち上げ、そのとき、クリームを帽子にちょっとすくって乗せ、口に運び、一口食べます。

eatsemla1.jpg

また帽子部分で、クリームをすくい、食べます。 最初に帽子部分を食べ終えます。

eatsemla2.jpg

次に、パンを親指と中指で挟んで持ち(別にどの指を使おうと自由です。 自分の持ちやすい方法で)、口に持っていきます。

eatsemla3.jpg

口をなるべく大きく開け、パンとクリームと、その間のアーモンドペーストを、いっぺんに食べるようにします。 というのも、パン自体には味がなく、クリーム自体は甘くなく、アーモンドペーストは甘いので、3つ一緒に口に入れないと、おいしくありません。

eatsemla4.jpg

バランスが難しいので(?)、お上品に食べるより、ハグハグハグっ~と、一気に食べてしまいます。

スウェーデン北部出身の、クラスメートが食べていた方法。 深皿に牛乳を注ぎます。 レンジでちょっと暖めます。 その中にセムラを入れます。 つまり、セムラを牛乳に浸し、ぐじゅぐじゅを、スプーンで食べる・・・

北の方では、このような食べ方をするらしいのですが、南の人にとっては「ぐぇ~」と思う食べ方です。

関連ページ 『セムラの作り方』 『セムラ』
『デンマークのセムラ Fastelavnsbollr』
FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク

デンマークのセムラ Fastelavnsboller

2009.02.19.
来週は謝肉祭、カトリックの国々ではカーニバルをしますが、スウェーデンはプロテスタントになったとき廃止された模様。 しかし、当時この復活祭の40日間前、スウェーデン語で Fastlag (四旬節、大斎節、受難節。 断食などする)のご馳走であったセムラ (semla) を食べる風習だけは残っています。

fastelavnsbolle1.jpg

スウェーデン全土で一般的にセムラと呼ばれていますが、ここスコーネ地方では Fastlagsbulle(ファストラグスブッレ)と伝統的に呼ぶ人が多いです。

デンマークでも、Fastelavnsbolle(ファスタラウンスボッラ)がこの時期食べられます。

Fastelavn=Fastlag 四旬節・大斎節・受難節
bolle=bulle 小さい丸いパンのこと

スウェーデンのセムラは、カルダモン風味の丸い白パンの間にマンデルマッサ(マジパンのようなアーモンドペースト)を塗り、ホイップクリームを搾り出しただけだけど(これだけで一つ20~25krはする)、デンマークの Fastelavnsbolle は、もっと豪華なの(そして安い!)。 で、コペンハーゲンまで食べに行きました。

まずは王室御用達コンディトリ(パン屋兼ケーキ屋さん)、Trianon (Hysjebstræde 8, Kongens Nytorv)で。 小さなお店だけど、中でお茶することもできます。 ちょうどコーヒーとファステラウンボラのセットが28kr!

fastelavnsbolle2.jpg

モカ風味とバニラ(カスタード)風味を選びました。 スウェーデンのセムラは1種類しかないけど、デンマークのファスタラウンスボーラーは通常3種類以上置いてあり、中のクリームが違うの。 (中にたっぷりクリームが挟まっています。) そしてね、パンが白パンじゃなくて、デニッシュなのよ! デニッシュペストリーの生地。

fastelavnsbolle3.jpg

お次に行ったのは、小さな昔ながらのパン屋さん、Bagren i Nansensgade (Nansensgade 64, Nørreport)。

fastelavnsbolle4.jpg

ここでは苺味を、二人で半分コ。 ちょっと着色料と香料のケミカルな味もしますが、文句なしにおいしい! 苺クリームの中にはチョコチップも入ってる。 でもクドくはなく、さっぱりした後味。 このお店は、他のパンも安くおいしかったです。 ファスタラウンスボラは一個15~20krだったと思う。

fastelavnsbolle5.jpg

さて最後に、お持ち帰りようとして選んだお店は、 Wiener Bageriet (Købmagergade 67-69)。 デンマークのケーキ屋さんでは、箱に入れてくれることが少ないので、私は1日中大きなタッパーを持ち歩いてたんだけど・・・ ここでは箱に入れてくれた。 しかし箱が浅いので、ケーキが潰れちゃったんじゃないかと冷や冷や。 また、ここの店員がスウェーデン人並にやる気のない女の子だったのよね。

fastelavnsbolle6.jpg

ここは一つ21krで、他のお店より高めだったけど、フルーツが乗っていて見た目もちょっとリッチ。 バニラとホイップクリーム味を。

fastelavnsbolle7.jpg

家に帰って、どうしようかと思ったけど、この日3個目(正確には、2,5個目)のファステラウンスボラを食してしまいました。 う~ん、ここのも、おいしいー。 このように、中にはクリームたっぷり。 デンマークのクリームは、スウェーデンのより濃厚~。

fastelavnsbolle8.jpg

そして、その日の夜、二人とも胃が重くて寝付けなかったのは、言うまでもない。

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク