コペンハーゲン空港 vs フランクフルト空港

2012.07.23.
デンマークのコペンハーゲン国際空港には、広々としたファミリースペース(子供が遊べる場所)があります。 床には絨毯が敷かれ、低めのイスやテーブルが置かれ、ゲームやいろいろなおもちゃもある(かなり汚くなっているが)! 巨大なレゴや、キッチンセット、BRIOの電車セットなど。 (うちの子、これに夢中になり、電車を手放そうとしなくて、搭乗前に苦労した。。。)

cphairbaby1.jpg
(コペンハーゲン空港内の写真は去年撮影したもの)

小さな子供がいると、早めに空港に着くようにし待ち時間が長めになってしまうが、空港内をうろつくのも疲れるし、ゆっくり子供と遊べるスペースがあるのは、ありがたい!

それに、コペンハーゲン空港のナーシングルーム(授乳室、おむつ替えの部屋)が素敵なのです。

cphairbaby2.jpg

こちらも広々とし、オムツ替えできる場所が2カ所ある。 テーブルの上には柔らかい防水用マットが敷かれ、転落防止も付き、上からは可愛いモビールが下がっている。 粉ミルク用の電気ポットあり。

cphairbaby3.jpg

このような部屋を見ると、さすがデザインの国、子供の目線で考える国だなぁ、と感心します。

だって、ドイツのフランクフルト空港でも、同じような設備があるかと思ったら。。。 ナーシングルームって、とっても無機質だった。 殺風景な普通のトイレの個室で、洗面台の横が広くとってあり、そこに赤ちゃんを寝かせておむつ替えができるようになっているが、堅い石の上だし、転落防止も付いていない。 

それに、あんなに広い空港なのに、ファミリースペースがない。 前回は子供をどこで遊ばせようか困ってしまった。 ところが今回、子供の遊び場ができていた! しかし、、、

frairbaby1.jpg

コインを入れて動く乗り物が置いてあるだけなんだよー! (阿漕だ。。。) それでも、ないよりマシなので、コインは入れずに乗せるだけで遊ばせてたけど。 (ケチだ。)

しかし、だからって、コペンハーゲン空港が優秀でフランクフルト空港はマイナスということはありません。 設備は行き届いているコペンハーゲン空港、従業員のサービスは悪い。 

まず、搭乗カウンターはたくさんあるのに、開いているカウンターは少ない。 したがって、いつも長蛇の列。 (デンマーク系の安いスーパーNETTOのレジもいつも同じ状態だ。) 搭乗時間に間に合わないんじゃないかと焦ることもありました。 従業員に質問しても、態度悪い、きちんと答えてくれないことも。 搭乗の際、手持ちのバギーをどうすればいいか聞いたら、お喋りに夢中になっている二人の従業員、こちらをチラとも見ないで、「そこに置いといて」。 そこに置いても、従業員は世間話を続けている。

今回はコペンハーゲン空港に着いて、バギーを受け取ろうとしたら(受け取り場所が違うところにある)、まだ出てこないという。 どうやら行方不明らしい。 仕方なくバギーなしで帰宅しようとしたら声をかけられ、「あったわよー! 飛行機の横に落ちていたって」。 飛行機の横に落ちていたって。。。 

それに比べ、フランクフルト空港は従業員が比較的(つまり、デンマークと比較して)しっかりしている。 まず、従業員が大勢いるのが驚き。 (コペンハーゲン空港なんて、従業員を探そうにも見当たらない。) 受け答えにはテキパキ。 赤ん坊や小さい子がいる場合、最優先。 子供に対しては、必ずかがんで目線を同じにし、愛想良く話しかける。 (デンマーク人は、子供無視。)

もちろんフランクフルト空港で感じの悪い従業員に会ったこともありますし、コペンハーゲン空港でも親切な従業員はいましたが、相対的に見て、このような経験と印象が。

そして、つくづく思うのですが、設備も良しサービスも良し、という所は(国も含めて)ないものなのですね(欧州で)。 
FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク