スウェーデン人のセンス、ドイツ人のセンス ベビー服編

2010.11.17.
昨年、相次いで出産したドイツのイトコ姉妹。 うちにもぴよっ子が誕生すると、お古のベビー服を何箱も送ってくれた。 合計、20キロ以上。

既にお古はスウェーデンのものを沢山貰ってあったんだけど、一応サイズ別に仕分けしたり、洗い直したり、仕舞ったりしていて気が付いた。 ドイツのベビー服は、スウェーデンのものと、なにかが違う。

やっぱり、デザインが・・・ 
ほとんどの服に大きな動物のアップリケが付き、Engrish.com 並みの英語(←ぜひ、今日の名英語をチェック!)が書かれていたりする。 

これなんて・・・
私「烏賊のアップリケなんて、珍しいね」
babycloth.jpg
夫「確かにイカに見えるけど、これはロケットだろ」

とにかく、スタイリッシュなスウェーデンのベビー服に比べ、子供は子供らしくなんだろうか? 使わせてもらっているけど、このような絵柄も、スウェーデンではお目にかからん。 (ちなみに、このベビーベットは、夫の兄が生まれたときにIKEAで購入したもので、兄ちゃんの子供たち、兄ちゃんの嫁の兄の子供達も使って、うちの子で7代目というシロモノ。)
babybed1.jpg

これはスウェーデンの枕カバーだけど(長さが足りなかったのでベットにかけている)、同じヒツジの絵柄でも、スウェーデンなら、こうなるなぁ。
babybed2.jpg

機能面でも・・・ 
まだ子供が2,3ヶ月の頃のこと。 適当に服を選んで夫に渡したら、
「このロンパース、ファスナーが後ろに付いている! まだ寝た状態なのに、どうやって着せるんだよー!」

じゃ、これは?
「赤ちゃんは頭から服を被せるのを嫌がるから、前開きになっているのにして」
でも、ドイツからの服には、そのようなタイプのがなかったんですけど。

このオーバーオールは?
「オムツ替えのとき、いちいち脱がせて穿かせるのか?」
スウェーデンのは、足の部分がスナップボタンで開閉できようになっているけど、ドイツのはすっぽり穿かせるタイプ。 おむつ替えのとき面倒だよね~、と使わずじまいだったが、ドイツから送られてきた写真を見ると、ドイツの赤ちゃんは本当にこのタイプの服を着ていた!

これならいいんじゃない?
「ボタンが糸で留めてある。 赤ん坊が誤飲する危険があるから、スウェーデンの幼児服の場合、糸で留めるボタンは使用しないようにしている」
なるほど~。 でもドイツのベビー服は、ふんだんにボタンを糸で留めています。

はい、これはスナップボタンだよ。
「このスナップボタン、小さくて、はめにくい」
何故かドイツのスナップボタンは、スウェーデンのより一回り小さいのだ。 

(ドイツの服はやめ、日本の服を差し出す。)
「あ、日本のスナップボタンはプラスチックだ」

三国三様ですな。 それと、日本のベビー服の生地は薄手。 湿気が多いので通気性を第一に考えているからか? それに比べ、スウェーデンの生地は厚い! やはり寒いから保温性が第一?

それに、お古ゆえに縮んでいるせいもあるのか、サイズが表示と合わない。 イカのアップリケのシャツは、首周りが狭くて頭が通らなかった。

しかも、うちのは生まれたときは平均並だったのに、その後は平均値以上に成長し続け、服は常に2,3ヶ月先のサイズを着せる羽目に。 気が付くと、全ての服が小さくなっていた。 

結局、家中に服が溢れかえるほど貰った服だが、ほとんど着ることのないまま、再び箱の中に。 はぁ、ベビー服に翻弄された年だった。 (親達は着たきりスズメなのに。) これらの服は、またドイツに送り返します。 イトコ妹には来年二人目が誕生するしね。 まったく、ベビーブームなのです。
FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク

トムテ小屋

2010.12.10.
クリスマスの時期になると、町の広場に建てられる小さな可愛らしい小屋は Tomtens hus (トムテ=サンタのお家)。

私「子供をサンタさんの家に連れて行ってあげよう!」
夫「うちの子にはまだ早いよ。 小屋の中にはサンタクロースがいて、クリスマスに何が欲しいか聞くんだけど、まだ喋れないし」
私「いいじゃん、私が代わりに言う」

夫「それに、小さい子供はサンタを怖がって泣くよ」
私「いいじゃん、泣いても」
夫「・・・それって、自分が行きたいだけだろ」

そうです。 私はいつも、あの小屋の中に入ってみたかったのよ。 (でも、子ども用だからね。 でも、今年は入ることができる!)

そして、(母親念願の)トムテに会うことが出来たけど、子供は・・・

tomtenshus1.jpg

サンタのおじさんに抱かれたとたん、のけぞって大泣き。 

サンタのおじさんは、訪れた子供の名前と年齢とクリスマスプレゼントの希望を聞いて、大きなノートに記します。 (この時点で、うちの子は最年少。 しかし本人は、パパにしがみついたまま。)

tomtenshus2.jpg

Tomtefar (トムテ父さん)と一緒に tomtemor (トムテ母さん)も、お家にいます。

tomtenshus3.jpg

しかし、サンタのおばさん見ても泣きべそ。 Farmor (父方の祖母)に会っても、毎回泣くもんなぁ・・・
FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク