緑色のお菓子

2009.11.02.
スウェーデンのお菓子、緑色が多い。

midorikaka1.jpg

これは↑スウェーデンの、どのコンディトリやスーパーにもあるお菓子。 名称はいろいろありますが、一般的に Dammsugare (ダムスーガーレ=掃除機)と呼ばれることが多いかな。 昔の掃除機みたいな形をしているから。 恐ろしく甘く、ぐっちゃりした舌触りの、スウェーデン人以外好んで食べられそうにない代物。 色は、いつも緑色

友人の手作りケーキ、中が緑色

midorikaka2.jpg

チョコレートでコーティングしてあった焼き菓子がおいしそうだから買ったら、実際はおいしくなく、中身が緑色だった。

midorikaka3.jpg

何故かスウェーデンのお菓子、緑色が多い。 日本人が緑色のお菓子を見て連想する味は、抹茶だと思いますが、もちろんスウェーデンの緑色のお菓子は、抹茶味ではありません。

中東の方のお菓子や、アイスクリームでも緑色を見かけますが、この場合はピスタチオの緑色。 このピスタチオを使ったお菓子やアイスクリームって、おいしいのよね。 でも、もちろんスウェーデンの緑色のお菓子は、ピスタチオ味ではありません。

では、何かと申しますと・・・

梨の色なんだそうです。

日本で梨というと、黄色だが・・・ こっちの、いわゆる洋梨は、確かに緑色だわ~。

midorikaka4.jpg

しかし、もちろんスウェーデンの緑色のお菓子に、梨が使われているわけではありません。 合成着色料で色が付いているだけです。 梨の味などしなく、ただ単に、泣きたい位あっま~くて不味いだけです。
FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク

病院より学校より、刑務所の方が上

2010.02.09.
初めて入院しました。 と言っても、病人じゃないし、どこも切ったりしなかったので、すぐに歩き回って自分で何でもできる状態。 (私の身体の心配をしてくださった皆様、ありがとうございます。 もう休む暇もなく肉体労働な日々よ。) したがって、退屈な病院での唯一の楽しみは食事に。 スウェーデンの病院では、どんな食事が出されるんだろ~♪と、期待した私が愚かでした。

ビュッフェスタイルで出される食事は、朝食と夜食はパンとチーズとハム、ミューズリーとフィール、ジュースが並ぶ、典型的なスウェーデンの軽食。

そして昼食と夕食は、暖かいものが出されますが、それが・・・業務用の(?)大きなパックに入った冷凍食を、電子レンジで暖めて並べるだけ。

脂っこい衣がついた魚のフライとか、分厚いだけのピザとか、付け合せのジャガイモやニンジンも冷凍品。 どれも味がない。

ボードに書かれた本日のメニューを目にした夫が「学校の給食を思い出す」。

そうか、スウェーデン人達は子供の頃から、このような食事に慣れているのね。 だから文句も言わず、しかも「おいしい」とまで思って食べることができのね。 私にとっては、カルチャーショックでしたよ。

食事は看護師たちが暖めて出しているようです。 栄養士とかいないのかなぁと思い、夫の兄の奥さんのお母さんが栄養士で刑務所に勤務していたのを思い出しました。 業者の人が「囚人にはこれで充分だろ」と質の悪いジャガイモを持ってきたことがあり、刑務所だからって悪い食事を出すわけないでしょ!と憤慨していたことを。

スウェーデンの刑務所には、きちんと栄養士がいて、食事に気を配っている。

もしかして、スウェーデンの病院や学校の食事は、刑務所より質が落ちる!?

夫に言ってみたら、ちょっと昔のことだけど、やはり学校給食より刑務所の方が食事にお金がかかっており、いいもの食べていることが新聞の調査で分かったとか。

日本では、こんな本があるそうですが・・・ 

変な給食変な給食
(2009/12/05)
幕内 秀夫

商品詳細を見る

スウェーデンの普段の食事の組み合わせの方が、もっと変だ!
FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク