出る杭が無い国 Jante

2009.02.28.
スウェーデンの新聞や雑誌のコラムなどで、時折「ここは Jante の国だから」とか、「Jantelagen 云々」と書いてあるのを見かける。

瑞英辞書には載ってない、人の名前みたいなこの単語の意味が分からず、「Jante(ヤンテ) って何?」と夫に聞くと、

「Jantelag(ヤンテ法)のことでしょ。 ”自分を人より優れていると思ってはいけません”っていう、スウェーデン社会に蔓延している暗黙のルール」

あ~、分かる! 日本にもあるよ、 ”出る杭は打たれる”って。

「ん~、それとはちょっと違う。 杭が出ないように自制するのが、Jante法」

Jante法は10か条あり、自分を特別な存在だと思うな、自分を我々より賢いと思うな・・・ ということが書いてある。 つまり、自分を信じて成功を夢見てはいけないんです。 目立たず、社会を乱さず、与えられた状況の中で、皆と横並びに生きていかなきゃいけない。

Jante法の出所は、デンマーク/ノルウェー人作家 Aksel Sandemose (1899-1965) が1933年にノルウェー語で発表した小説。 (これが分厚い上に3部作で・・・)

Jante とは、彼が生まれ育ったデンマークの小さな町をモデルとした架空の町。 しかし Jante は、北欧(デンマーク・ノルウェー・スウェーデン)のどこにでもある一般的な町。

昨今は「北欧モデル」などと良いイメージで取りざたされている北欧社会ですが、一昔前は、欧州の片隅にある貧乏な国に過ぎず、不毛な大地に点在する村々は、とっても閉鎖的でした。 その風刺を込めて Aksel Sandemose が箇条書きにしたのが Jante法。

この Jante法は、今でも潜在的に北欧社会にある。 

でも、良きスウェーデン市民になるため半ば強制的に通わされた「SFI(移民のためのスウェーデン語=語学よりもスウェーデン社会について学ばされ、恐ろしくレベルが低く、通うものを鬱にさせる学校)」では、Jante法について習わなかったな。

「Jantelagen はネガティヴなものだからね」

やっぱり、あの学校って都合のいいことしか教えないのね。
FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク

エルサレム賞とデビス杯

2009.03.31.
時事的な話題としては、ちょっと(ずいぶん?)前のことになりますが・・・

合衆国のネブラスカで大学院生活をおくるアリスさんが、「村上春樹さんのイスラエル賞受賞でのスピーチ素敵でした」と、村上春樹「エルサレム賞」受賞スピーチの日本語全訳されたサイト(←リンクしてます)を紹介してくださいました。

エルサレム賞はイスラエル最高の文学賞で、現代日本を代表する作家村上春樹氏が2009年の受賞者となり、エルサレムでの授賞式は2月15日でした。 

パレスチナ自治区ガザへの攻撃で国際的非難が高まっているイスラエル。 スウェーデンではイスラエル産の野菜や果物の不買運動を呼びかけたりしてましたが、3月始めにスウェーデンで行なわれた男子テニス国別のデビスカップがボイコットされる騒ぎもあったっけ。 

それというのも、グループ一回戦がスウェーデン対イスラエルで、開催された町が紛争地帯からの移民が多い地域だったから。 最初、イスラエルに抗議する市民団体からボイコットの声が上がったようだが、それに賛同した左翼グループがデモを計画し、さらに騒ぎを起こしたくてたまらない血気盛んな輩が加わって、収拾できない状態になること必須。 (スウェーデンの都市部では、このようなパターンが多い。 行き着く先は暴動化。) それを危惧した政治家が、試合をボイコットすることを決定し、一般公開せず、観客不在で試合が行なわれたのでした。

それでも当日、デモは行なわれ、警察隊との衝突もあった模様。

この場合、大人数で相手を屈しようとしているのは誰か、正義の名もと暴力をかざしているのはどっちか、考えずにはいられませんでした。

村上春樹氏は、ご自身で賞を受けるか辞退するか決断し、一人でイスラエルに赴き、一個人としてご自分の意見を授賞式で述べられた。 イメージダウンや身の危険だってあったろうに。

スピーチの内容も素晴らしいですが、氏の言動そのものが勇気あるものだと敬服いたします。 と、デモばっかりやってる連中を横目に思ったのでした。

追記: 実は、私も村上春樹作品はそれほど読み込んでいないし、たとえベストセラーでも自分の感性に合うとはいえない小説もあるし・・・ でも、エッセイはオススメ~。 難解ではなく、読みやすくておもしろいですよ。 この『村上朝日堂』は安西水丸さんのイラストとも合っていて、村上さんってなかなかチャーミング、なんて思います。

村上朝日堂の逆襲 (新潮文庫)村上朝日堂の逆襲 (新潮文庫)
(1989/10)
村上 春樹安西 水丸

商品詳細を見る

この文庫本を読んだのは、旅先のバックパッカーズ(宿)で。 そこで出会った日本人の旅人が、別の日本人から譲り受けたのを私が貰い、私も次の日本人宿泊者に預け・・・ かなり昔の思い出話です。 (出版年を見ればお分かりのとおり・笑)
FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク