スウェーデンヨーグルト Filmjölk

2009.05.07.
朝食や間食に、Müsli (ミィースリー。 ミューズリーのこと、シリアルみたいなもの)をよく食べますが、Filmjölk (フィールミョルク)をかけることが多いです。

fil1.jpg

Filmjölk は、ヨーグルトみたいなものですが、スウェーデンではヨーグルト (Yoghurt)フィール (fil) は厳密に区別されています。 見た目は、まるっきりヨーグルト。 味は、ヨーグルトのような酸味がないかな。 ヨーグルトとは製造過程(発酵の温度や期間)が違うため、含まれるバクテリアが異なっています。

スウェーデンにヨーグルトが入ってきたのは比較的新しく、伝統的に食されていたのは、このフィール。 だから年配の人はヨーグルトよりフィールを食べるけど、外国人は好んで食べないかも(例:ドイツ人の義父)。

それに、体に合わない場合もあるらしい。 夫が小学生の頃、インドからやって来た転校生が、給食のときヨーグルトだと思ってフィールを口にしたら、その場で即トイレへ駆け込むはめになったとか。 未知のバクテリアって、怖い!

私は食べても何ともないので、ヨーグルトもフィールも好きですが(フィールの方が、ちょっと値段が安めなのよね)。

動物の乳を飲む文化のある国では、その地域独自の発酵させた乳飲料なるものがありますね。 日本でも話題になっていたケフィア(ケフィール、ヨーグルトきのこ)とか。

そしたらスウェーデンにも、「ザ・ロシアン・フィール」と称して Kefir があった。 (今のパッケージはかわいいイラストだけど、昔は色褪せたクレムリンの写真が印刷してあり、いかにもソ連ぽかったとか・・・) 

fil2.jpg

しかも驚いたことに、「日本のフィール」なるものもあったのです! ロシアの横に。 その名も、ONAKA。 「穏」という字まで・・・ (立ち止まり、しばし考えてしまうパッケージ。 ロシア人もザ・ロシアン・フィールの前で考え込むのだろうか・・・)

fil3.jpg

こちらも新商品と言うわけはなく、15年前から存在しているそうですが、何故「日本のフィール」かというと、生きたビフィズス菌が入っているから。 裏にはお決まりの、ゲイシャっぽい女性の絵。

fil4.jpg

ビフィズス菌と日本の関係がよく分からないんだけど、説明によると、日本ではビフィズス菌はお腹に良いので人気があるとのこと。 確かに、ビフィズス菌ヨーグルトって名を打っている製品が多くありますね。
FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク