やっぱり最悪! スカンジナビア航空 ケチケチ編

2008.05.30.
日本から北欧への空の便といえば、スカンジナビア航空(SAS)があります。 うちから最寄の、コペンハーゲン空港から成田東京まで直行便が出ていますが、現地でSASを購入すると超高いので、私が里帰りに使うのは、その他ヨーロッパ系エアラインの経由便。 面倒ですが、仕方ない。 それに、私としてもサービスの悪いSASは避けたいし。 しかし、運が悪いと経由地点までSAS機に乗ることも。 スカンジナビア航空のヨーロッパ内路線って、軽食や飲み物のサービスが、まったくないのです。 

欲しかったら機内で買わなきゃいけない。 それも大したものないくせにバカ高い。 飛行機に乗る頃には、ちょっと小腹が空いていたり、喉が渇いていたりするので、1時間ほどの飛行で軽く口にするものが出るのは、私としては嬉しいのですが、本当にケチだよ、SASは。

先日、日本からの客人が、スカンジナビア航空(成田~コペンハーゲン)で、我が家に来ました。

年配者が一緒だった為、席はエコノミーより一ランク上のエコノミーエクストラ。 料金はエコノミーの倍以上しますが、座席はゆったり。 その他のサービスは、食事に選択肢がある(エコノミーの場合は選択できないらしい)、食事の間にスナックが付く(エコノミーはないらしい)くらいか。 エコノミーは食事の量や質が落ちるうえ、アルコールも一部有料とか。 他の航空会社では当たり前のサービスが、ないんですよ、SASは。

さて、帰りの日本へのフライトですが、これが3時間遅れたそう。 スカンジナビア航空が遅れるのは定番。 定刻どうりに出発したと聞いたことない。 私が一度SASの日本便を利用したときも、5時間遅れましたもの! 原因はいつも同じで、整備の不備とか点検とか・・・

出発時刻が変更されている掲示板を見ていると、親切な日本人カップルが「遅れているようですね」と声をかけてくれ、旅慣れた様子のお二人は「あちらで金券を貰えますよ」と教えてくださったそうです。 (もしかして、遅延慣れ?)

しかし受け取った金券は75DKK。 しかも、この額はエコノミーエクストラだからで、エコノミーの場合はたった50DKK。 絶句。

物価の高いデンマーク、それじゃあ何も食べられないじゃない! 私のとき(7年前)はミールクーポンとして100DKKだったよ、と言うと、「ミール券じゃなくて、ドリンク券と書いてあた。 本当に飲み物しか買えない 成田空港で搭乗機が遅れたとき、1500円の金券をもらい、それなりに食事することが出来たけど」。 でも75DKKを日本円に換算すると、1650円になるんです。 (現在のレート 1クローネ=約22円

空港で買ったジュースの小瓶は1本30DKK。 ふとデューティーフリーを見ると、6缶パックのビールが37DKKだったとか。

追記: 最近(2009年6月)に、SASを利用された方のレポートです→ スカンジナビア航空 (ROCKAHOLIC)
FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク

チョコのアドベントカレンダー マイレージで

2008.11.29.
早いもので、明日(11月30日)は第一アドベント。 家の中もクリスマス支度。 そして台所の壁に、これ↓を飾りました。 

mostadvcalendar1.jpg

これは、アドヴェント・カレンダーなのですが、ドイツのチョコレートメーカー Most のもの。 箱の大きさは、縦83cm×横29cm。 12月1日からクリスマスイヴの24日まで、毎日ひとつずつ、日付が書いてある「窓」を開けていきます。

mostadvcalendar2.jpg

中から出てくるのは、高級チョコレート! 一箱100円で売られているお子様向けのペラペラのチョコではなく、ビターチョコはカカオ60%、ミルクチョコの場合は35%、リキュールやラム酒などが使われたプラリネが出てくる(はずな)のです。 このカレンダー、一箱6千円はするものですから。 

こんな豪華なチョコレートのアドベントカレダーをどうしたのかといういと、マイレージで貰いました。 私は、ルフトハンザのマイレージ (Miles & More) を持っているのですが、年末に有効期限が切れてしまうことに気づき、ヨーロッパ内を往復できるくらいマイルは溜まっていたけど、今からでは慌しいし・・・ ということで、商品と交換することに。

季節柄、思わず、アドベントカレンダーを頼んでしまいました。 いつまでたっても、アドベントカレンダーには並ならぬ魅力を感じてしまいます。 

さて、余談ですが、この商品をオーダーした際ルフトハンザ(ドイツ航空)から、すぐに手紙が届きました。 

現在商品がドイツ国内になくオーストリアから取り寄せるので少々時間がかかるとのこと、そして、今回商品をオーダーしてくださり誠にありがとうございます、という丁寧な謝辞。 手紙はドイツ語で書かれていたので、夫に読んでもらったのですが「このドイツ語の文面、ニュアンスをそのままスウェーデン語に訳すのは不可能だね。 とても丁寧にお客様を敬う姿勢ってスウェーデンにないもん」。

そして思い出したのが、マイレージをSASスカンジナビア航空からルフトハンザ航空に変更することにした経緯。 

私は最初、スカンジナビア航空のユーロボーナスを持っていました。 ルフトハンザ航空を使用しても、同じスターアライアンスなので、一緒にマイルを溜めることができのですが、日本の空港での手続きの際、マイルが加算されていないことに気づきました。

で、次に日本へ行ったとき、ユーロボーナスに電話したの。 顧客として航空会社にかける電話って、普通フリーダイヤルだと思いますが、SASやユーロボーナスは、電話代がこっち持ち。 なんてケチくさい・・・ おまけに、「半年以上前のことなので、今からマイルの加算はできません」と言う。 えっ、半年で、もう期限切れ? またもやケチくさい・・・ 窓口の対応も全然なってなくて、本当にスウェーデン人相手に話しているようで、北欧の企業は日本においても、北欧並みのサービスしかしないのか~って、不愉快になることこの上ない。

その後、今度はマイルズアンドモアの方に電話してみました。 こちらは、(もちろん)フリーダイヤル。 そして「1年以内でしたらマイルは生きていますので、大丈夫ですよ。 今すぐお手続きさせていただきます」と、丁寧な対応。 それでユーロボーナス(SAS)に見切りをつけ、マイルズアンドモア(ルフトハンザ航空)のマイレージを持つようになったのでした。

ルフトハンザ航空は、今だ日本~ヨーロッパ便に個々のスクリーンは付いていないし、アメニティグッズも冴えないし、食事も大したことないけれど、信頼という面では、やはり一番安心できます。 ストもしないしね。
FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク