国立美術館 コペンハーゲン

2007.07.05.
グリュプトテークは水曜無料でなかったので、代わりに、国立美術館 Statens Museum for Kunst に行くことに。 デンマーク最大級である、ここの美術館も見ごたえがあります。 ローゼンボー宮殿がある王様公園、北欧で一番長いという花壇がある Solvagade 通り側を抜けて行くと、すぐ。

cphkunst2.jpg

去年来た時は、一部工事中でした。 こちら側は、1889年から1896年にかけて建設された建物。 反対側は、新しく建てられたモダンな建物に続いています。 

そのときは水曜無料だったのですが、今回行ったところ、特別展を除き、通常展示は毎日無料になっていました。

以前は、このようなチケットを発行してくれたのですが、チケットを受け取る必要もなく観覧できます。

cphkunst1.jpg

デンマーク美術はもとより、オランダやベルギーの芸術家の作品も充実。 天井が高い広い部屋の壁一面に、絵が掲げてあるのは圧巻ですが、ちょっと首が痛くなる。 それでも、ゆったりした空間がどこまでも広がり、心ゆくまで芸術品を堪能できる、この美術館は何度も通いたくなる場所。 毎日無料というのは、なんとも嬉しいです。

美術館は公園の中にあり、ガラス張りの窓から見る、外の景色も(夏場は)美しい。 また、この美術館のショップは美術書の品揃えが豊富で、居心地の好いカフェは健在です。 地下にはロッカールームやお手洗いがあります。
FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク

デンマーク王室の結婚式

2008.05.20.
5月25日は、デンマーク王国の、ヨアキム王子の結婚式です。 でも2回目の結婚だし、第二王子だし、それほど大掛かりなものじゃないかな。

4年前の5月14日に行われた、フレデリック王子(皇太子)の結婚式のときは、首都のコペンハーゲンでは1週間前からイベントも目白押し。 結婚式当日の模様はテレビで堪能するとして、その前日、お祝いムードを味わいたいとコペンハーゲンに出かけたのでした。 (懐かしい写真をアップします。)

cphbry1.jpg

市庁舎前の広場には、大量の花で作られたオブジェが飾られ、それがとっても豪華で綺麗でステキにロマンチック。

cphbry2.jpg

でも、これってまだ、作りかけ? と見えたのは、 一般の人々が自分達の花を持ち寄り、そこに挿してデコレーションを完成させるためでした。

cphbry3.jpg

翌日の練習か、騎馬隊と馬車のパレードが道を行きます。

cphbry5.jpg

デンマークで一番古い歴史を誇るケーキ屋さんのショーウィンドウに飾られていたウエディングケーキ。 結婚式当日に訪れた市民に振舞います、とありました。 このクリームで書かれた文字は、Fredrik(王子の名) のFと Mary(妃の名) のMを組み合わせた、二人のための新しい紋章なのだそうです。

cphbryr4.jpg

花嫁はオーストラリアのタスマニア出身。 街中にデンマークとオーストラリアの国旗が翻っていました。

cphbry6.jpg

カフェのメニューボードには、二人の結婚への祝福メッセージが手書きで。 Tillykke とはデンマーク語でグッドラック、Brylluppe とは結婚式の意味です。 この二つの単語が街中に溢れていました。

cphbry7.jpg

コペンハーゲン中のお店が、デンマーク皇太子の結婚を祝い豪勢に飾り立てる中、こちらのお店は、手作り風なのが可愛らしい。

cphbry8.jpg

歩き疲れ、結婚式が行われる教会の近くで休んでいると、人だかりが。 そのうち警察のオートバイなども来るので、何かあるのかと一緒になって待っていると、なんと結婚式の下見に、王室の方々がやって来たではありませんか!! きゃ~☆  (写真には米粒以下にしか写ってなかったけど・・・)

cphbry9.jpg

王子やお姫様の格好をして着飾っている子供たちも、たくさんいました。 (これもイベントの一環。)

cphbry10.jpg

デンマーク皇太子が結婚した年は、、私たちが結婚式を挙げた年でもあります。 その私たちの結婚式の数日前に、第二王子は離婚を発表したのでした。 4年前になるのね~。
FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク