サマーハウスでパン作り

2007.05.19.
Bさんのお家から徒歩10分ほどに、Bさんの息子さんが所有するサマーハウスがあります。

vislan4.jpg

このサマーハウスには、昔の、薪をくべて暖める式のパン焼き窯があり、ときおりBさんは、仲間の女性たちとパンを焼くそうです。 その様子を収めたビデオを見せていただきましたが、すごい!

まずは、形も大きさも揺りかごのような木の箱に、小麦粉などの材料を入れ混ぜる。 その量がハンパじゃない。 こねていると、腕の半分までパン生地にのめり込みます。 こねて、寝かせて、こねて、寝かせて。 前の晩から仕込んでおきますし、量も多いため時間がかかります。

それから窯の中に薪をくべ、燃やす。 じゅうぶん窯の中が温まるまで、これまた時間がかかります。 薪が全て灰になったら掻き出し、その中に丸く形を整えたパンを入れ、焼きます。 

前回はパン作りを手伝った友人ですが、「私は焼く前のパンに、フォークで穴を開ける係だった。 それくらいしか、できなかったのよ」。

パン作りは、かなりの体力が要ります。 手際の良さも大切。 作っていたのは、お年を召した女性3人。 もう、感心感動しながらビデオに見入ってしまいました。

パンは全部で12個ほど出来たでしょうか。 まだ窯の中が温かいからと、その後にクッキーなど、小さなお菓子も焼いていました。 こういう「おまけ」が、また楽しい。

vislan5.jpg

サマーハウスの中が、これまた、かわいらしい。 私は、モダンな北欧デザインよりも、一昔前の生活に使われていたデザインや物の方が好きです。 Bさんがパン造りに使う道具も、骨董品の域に入るような年代物。 薪は外の森で、灰を掻き出すときに使うモミのような葉は庭から取ってきた、自然のもの。 Bさんのお家やサマーハウスは、そんな古き良き時代のスウェーデンらしさが、溢れていました。
関連記事

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク
コメント
Setteさんのおっしゃるとおりです
今の生活、楽になった分、新たなストレスが加わっていますよね。 時間の節約ではなく、時間をかけることにより、豊かな生活をつくれるのかも。 つくづくそう思いました。
豊かさ
今の方がそれはそれは楽になった生活ですが、昔の、不便なくらいの生活には温かさがあったような気がします。自分で何でもするのは大変だけど、だからこそ何かできた時とか、感謝できる事が多いんでしょうね。

管理者にだけ表示を許可する