5月の花 Majblomman

2007.04.23.
4月半ばから5月になると、街中で、子供たちが花を売る姿をよく見かけます。 花といっても、紙でできた、小指の先程の、小さな小さな花。 縫い針のような、針の先に付いています。 このように、服の襟や胸元に刺せるように。

majblomman.jpg

Majblomma (マイブルッマ) 5月の花、と呼ばれるもので、子供たちは学校やスカウトなどの団体単位で販売してます。 収益は、主に子供基金に送られ、学校やスカウトでの活動費用にも使われるそう。 

この majblomman が誕生し、今年で100周年。 以前博物館で、歴代の majblomman の展示を目にしたことがあります。 古いものになると、希少価値もあるとか。 コレクションする人もいるそうですよ。

今の時期スウェーデンに旅行される方は、購入されると、小さな思い出となるかもしれませんね。 (ひとつ10KRぐらいです。)
関連記事

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク
コメント
yukiさんへ
ニュージーランドの暮らしには、もう慣れましたか?
国によって、いろいろな募金があるんですね。
花なのか、リンゴなのか分からないって・・・
一体どんな形しているの~!?
意外や、ちょっとしたところで、スウェーデン
のセンスの良さって、表れるものですね。
お久しぶりです
かわいいですねぇ~。
ニュージーランドにも最近、同じような物がありました。
アンザックデーの時に募金をした人がもらえます。
でも、こんなにかわいいお花ではなく、
花なのか、リンゴなのか?分からないような物でした。
こんなに可愛いものなら、コレクションしたくなりますね。
Setteさんへ
かわいいですよね~♪ その年によって色が違うのかも。 今年は、この青い花をよく見かけます。そうね~、羽だとコレクションのしがいもない!?
かわいい~
毎年集めていくと、結構なコレクションになりそうですね。その年その年で、流行の色なんかもあるのかな。赤い羽よりも、かわいいと思います(笑)
よやさんへ
最初、スウェーデンでもこんな小さな子供が街中で物を売り歩いているなんて・・・!とビックリした記憶があります。 他の国では、そんな子供たちを見かけることもありますよね。
そういえば、日本では、赤や緑の羽の共同募金があったなぁ。 発想は同じなのかな?
謎が解けた!
私も?気になっていたmajblomman。この間スウェーデン人の友達に聞いてみたら、募金のようなことを言っていて、その後、新聞で記事を見かけ、Chakyさんが上記に書かれているようなことがありました。それで、謎が解けました。100周年のお祝い、Gällivareで(でも?)やっていたようです。

管理者にだけ表示を許可する