スウェーデンのパン

2006.04.08.
夫の伯母夫妻が、ドイツから初めてスウェーデンに遊びに来たときのこと。 ドイツの茶色いパンが好きな伯父は、スウェーデンの茶色いパンを見て、嬉しそうにかぶりついた。 しかし一口で「うえっ」と顔をしかめ、2度とそのパンに手を出さなかった。

私の妹が、日本から初めてスウェーデンに遊びに来たときのこと。 朝食に出されたスウェーデンの茶色いパンを一口食べて「あまっ」と放り出し、以後2度と食べなかった。

伯父や妹が震え上がるほど、おぞましいスウェーデンのパンの味。 それは・・・甘いのである。

この茶色は、穀粒粉だけの色ではなく、シロップ(sirap カラメルソースみたいなの)が含まれているためです。 甘い味付けと色付けのため、スウェーデンではシロップをパンに加えます。 (そういえば、スウェーデンの料理って、全体的に甘い味付け。) このパンの原材料を見てみると、色々な穀粒粉に、シロップ、砂糖、そしてリンゴンやカラントなどのベリー類、麦汁などが入っています。

grova

スウェーデンの甘めのパンは、どうしても受け付けられない、という人がいる一方、こんな人も。 私の従姉妹が、日本から初めてスウェーデンに遊びに来て、例のスウェーデンの茶色いパンを食べたときの反応は・・・「あっ、このパン甘い。 おいし~い!

それから彼女は毎日、スウェーデンの甘いパンを、おいしいおいしいと食べ続け、帰国してからは、あのパンの味が忘れられないと、恋焦がれるほど。 日本へ里帰りした際、そんな彼女へのお土産は、もちろんパン。 そして彼女はそのパンを受け取るなり、その場でマーガリンを所望し、食べ始めた。 (なんでも、マーガリンを塗って食べるのがおいしいのであって、マーガリンなしだと、いまいちなんだそうです。) 後は、2,3枚ずつビニール袋に入れて冷凍保存。 ちょびちょび食べて楽しむのだそう。 

彼女は言う「いいなー、スウェーデンに住んでいて。 だって、あのパン毎日食べられるんだもん」
関連記事

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク
コメント
みらさんへ
クリスマスを北欧で過ごすのですね! クリスマスなら・・・ご馳走が・・・あるかな!?
スウェーデンには、日本人が思うような「普通のパン」ってないかも。 食パンはイマイチ。 でも、他にお口に合うパンとの出会いがあるかもしれません♪
どうなんでしょう、スウェーデンの虫歯率?
普通のパン がいい
こんにちは!
12月25日に2週間ほどsweaden におじゃまします。
こちらのブログを拝見していますと、うう、食事には
期待できなさそう、、(^^汗)

甘いパンって虫歯になりますよね。
sweadenの人は虫歯にならないのかな?

にがり
にがり、私も賞味期限切れのを持っています。けど、豆腐作りに使うのは少々怖くて(?)ご飯を炊くときに入れています(一合につきキャップ一杯くらい)。それとか、煮物やスパゲティを作るときなんかにも使えるみたいよ。もしくは、植物にあげる水の中に少し入れるとか(ミネラルが補給されるらしい)。
眠りの森のにがり
ドイツ人は、やっぱり甘いスウェーデンのパンは苦手なのね。
陽子さんもパンをご自分で作っているのかぁ。 (「スウェーデン
のレシピで作ってもおいしくないんだろうな」と思いつつ作るなんて、
えらい!)

そういえば、1年くらい前、陽子さんに豆腐の作り方を
教えていただきましたが、日本で購入したにがり、未だ
封も切られず、冷蔵庫の中で眠っています。 
(賞味期限切れているけど、使えるかなー?)
うちのPもシロップが嫌いで、いつもosotatのパンを買います。でもシロップが入っていなければ、割とおいしいみたい。
私自身はシロップが入っていてもいなくても、香辛料の味みたいのがして、市販のパン(ビニールの袋に入っているもの)は好きではありません。
そのおかげか(?)自分でパンを作るようになりました。スウェーデンのレシピで作ってもおいしくないんだろうな、と思ったけど、おいしいのもあって満足(たとえシロップが入っていても)しています。

管理者にだけ表示を許可する