国立博物館 コペンハーゲン

2007.04.12.
デンマークの首都、コペンハーゲンを久しぶりに訪ねました。 今回の目的は、NATIONALMUSEET 国立博物館。 水曜日は無料の日なので行ったのですが、今は毎日、無料のよう。 いっぺんに館内全てを見るのは不可能ですし、何回も通いたい博物館。

コペンハーゲンの国立博物館の建物は、1684年に商人の館として建てられ、その後増築され、歴代の皇太子の住まいとしても使われていたというほど、広く立派です。3階建ての、入り口から入ると真ん中が吹き抜けになっていて、明るい雰囲気。 1807年から博物館になり、今年でちょうど200年。

cphm1.jpg

しかし、メインである、古代デンマークを扱う Rune Room のセクションは、ただいま修復工事中! 2008年5月に、新しくなってオープンするそう。

広い館内は、見学者が多くても、他の人と顔を付き合わせることが少なく、ゆっくり観覧できます。 しかし、この日、私たちが行く先々で、やたら警報がなるので、参った。 ガラスケースに顔を近づけ、じっーと見ていると、突如アラームが鳴り響き・・・ 夫「そんなに近づくからだよ」、私「だって細かいから、よく見えないんだもん!」、夫「そのために、あそこに虫眼鏡があるでしょ」。 でかい虫眼鏡が部屋に置いてありますので、それを使いましょう。

国立博物館は、コペンハーゲンの中心部、中央駅やチボリ公園から近いですが、敷地面積が広いので、入り口に辿り着くのに、ぐるりと周らなくちゃいけないかも。 住所は、Ny Vestergade 10 です。

cphm2.jpg

館内では、カバンやコートの持込禁止で、ロッカーに預けなくてはいけませんが、コイン(10DKK)は、使用後に戻ってきます。
関連記事

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク
コメント
Setteさんへ
海外の博物館、美術館って、訪れるだけで楽しいですよね。 無料なのは、貧乏旅行者にとって、何より嬉しいこと。 そういえば、日本の博物館等で無料って、ないですよね? 何を見たか忘れても、再訪した時に、新鮮な驚きが・・・
海外の美術館
もちろん中身も楽しみですけど、建物が素敵ですよね。美術館大好きです。何を見たか忘れちゃう事も多いんですけど(笑)時々無料って言うのもすごいですよね。

管理者にだけ表示を許可する