DEMELのザッハトルテ ウィーン

2007.02.26.
ウィーンのケーキと言えば、Sachertorte。 ホテルザッハーのザッハートルテが元祖ですが、デメルのザッハートルテもオリジナルの味です。

というのも、ザッハトルテは、1832年 Franz Scher により考案されましたが、ザッハ家の一人が、デメルにレシピを売ったのです。 それでどちらが「本物」か、長いこと法廷で争われた結果、ホテルザッハが勝訴、元祖ザッハトルテとなりました。

日曜、ほとんどのお店は閉まっていますが、デメルは毎日10時から営業。 K.u.K. を確認した後、カフェに入りました。

私は、ここはやっぱり、ザッハトルテを。 上にホイップクリームがのったウィナーコーヒーも、もちろん注文。 ウィンナコーヒーは、Einspänner と言うのだそうです。

さて、お味の方は・・・

wien11.jpg

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ
うう~ん、期待したほどでもないかなぁ。 チョコレートケーキなら、日本でも、おいしいもの揃っているし。 ドイツ人の義父も「ザッハトルテなんて、大騒ぎするほどの味じゃないよ」と言っていたっけ。

しかし、夫が頼んだケーキを、口にしたとたん、舌先から脳天に衝撃が駆け抜け、目からは涙が零れ落ちました。

それは、あまりのおいしさに対する、感動の涙。 そして、スウェーデンでは絶対食べられない!という、悲しみの涙。 (スウェーデンには、このようなケーキは存在しないからね。)

その味は、異なるケーキの層が奏でるハーモニー。 一番下層の真っ黒い部分は、ポピーシードのケーキ。 その上は胡桃のケーキ。 その上に、また異なるケーキの層があり、それから細かいリンゴの甘味、プラムジャムがのり、これらしっとりしたケーキを、別のケーキ地で包んで焼いて、上から粉砂糖がかけてあります。

本当に、天国の味だわ~。

レシートを見ると、このケーキ、Faechertorte という名前です。

レシートを見て気づいたのですが、オーストリアでは、コーヒーにかかる税は20%、でもケーキは10%なんですね! (ちなみにお値段、ケーキは3.70ユーロ。 コーヒーは4.90ユーロでした。)
関連記事


スポンサーリンク
コメント
その感動わかります
もう大分前に行ったウィーンで食べた、ザッハトルテの感動は、今でも忘れません。確かにフランスや日本でも美味しいケーキやスウぃーツはありますが、私は、チョコ狂に加えて、しっとり、どっしりしたケーキが大好物なのです。そこで、ちょっと苦めのコーヒー!この二つで、私は天国に行けます!!

オーストリアにはスキー場しか行ったことの無いAに、ウィーンでのグルメ旅行がどのくらい楽しいか、力説してしまいました。もちろん、この千秋さんのブログの情報から、知ったかぶりして(笑)
そしたら、Aもウィーンか、行ってみてもいいなぁ~と言ってた!万歳!!
Sommoroさん そのとおりです!
名ばかりのフランスパン・・・ 北欧の人たちは、これを本当にフランスパンだと思っているのか!? という代物ですよね! 小麦粉のせいだけでしょうか? 焼き方にも問題があると・・・
甘くない生クリームたっぷりのケーキは、まったく同じものがスウェーデンにも存在します。 私はあのケーキで、すっかり生クリームが食べられなくなりました。
ケーキ職人だけでなくパン職人にもフランスパンの焼き方を修行してもらいたいなと。いや、小麦粉の問題かもしれませんが。
生クリームといえば、フィンランドではケーキのスポンジにたっぷり甘いジャムなどをはさんで外側の生クリームは甘くしないことが多いのですが、スウェーデンでは違いますか?
Sommoroさんへ
お越しいただき、ありがとうございます!
フランスのケーキと比べ、ドイツ系のケーキは重いですが、味はなかなか繊細で、おいしいですよね! 北欧には、私が想像する「ケーキ」が存在しません・・・ 日本のケーキ職人さんは、フランスなど修行に行く方も多いのに、北欧のケーキ職人は、外国で修行しないのでしょうか。 
Setteさんへ
そうか、Setteさんは生クリームが苦手なのですね。 私はスウェーデンに来てから食べられなくなりました。 こっちのケーキ(もどき)には、生クリームたっぷり添えるから・・・ ウィーンのケーキは生クリームがベッタリということはありませんが、コーヒーには生クリームがつきものなのね。  珍しかったから、気にならなかったけど、あまり飲みすぎると、胸焼けしちゃうかな。
HISAさんへ
ウィーンはミーハーに徹するのが、一番楽しいかも! それだけ有名なものが多いのですね。 今回はホテルザッハにもプラーターにも行かなかったので、次回はぜひ訪れてみたいです。 観覧車の乗り心地はどうでしたか? ザッハトルテをめぐる裁判は、もしかして売名行為? 
おじゃまします。ウィーンに行ったとき、ホテルザッハーでやはりザッハトルテを食べました。Faechertorteらしきものは他で食べたことがあります。どこだったかよく憶えていませんがドイツ語圏だったとは思います。私はフランス系のケーキの方が好きなのですが、これは確かにおいしかったですね。あ、ドイツ系でもSchwarzwalderは大好きですよ。
北欧はなかなかおいしいケーキに出会えませんよね。残念ながら。
!!!!!
ザッハより、旦那様のケーキでしたか(笑) 涙が出ちゃうほど美味しいケーキに出会えたなんて素敵♪
あちらのコーヒー、選ぶのが辛いんです、私。カプチーノも、オーストリアでは生クリーム乗ってるし・・・・・生クリーム、食べるのは食べるんですけど・・・・・気持ち悪くなっちゃうので特に飲み物には入れて欲しくなかった(泣)
楽しいウィーン旅行をされたのですね。以前、私もウィーン
を訪れた時ミーハ-気分で、ホテルザッハにザッハトルテを
買いに走りました。あまり重いケーキが好きでない私は
お土産として買いましたが、デメルとの裁判沙汰は世界中に
宣伝になったのでは。またウィーンに行くことがあれば、是非
映画「第三の男」で有名になったプラーター遊園地の観覧車
に乗ってみたい。やっぱりミーハ-ですね。(笑)

管理者にだけ表示を許可する