DEMEL’s K.u.K. ウィーン

2007.02.24.
ウィーン旅行に決めたとき、夫が「ぜひ Demel に行きたい」と言いました。 デメルは日本でも知られる、ウィーンの老舗ケーキ屋(カフェでもあり、チョコレートも有名)。 さすが我夫、スウェーデン人にしては違いの分かる男。

しかし、行きたい理由はケーキだけにあらず!? 「Demel の名前には、K.u.K. って付いているんだよ。 お店の看板にも、K.u.K. って書いてあるのかな。 おかしい~、高級ケーキ店なのに~」と、一人で受けて笑っている。

謎は、K.u.K. にあり!?

王宮前の、Demel に来ました。 上を見上げると看板に、DEMEL K.u.K. と、しっかり書いてあります。

wien8.jpg

下を見ると、住所のプレートにも、K.u.K. とあります。

wien9.jpg


スウェーデンの両親と友人へのお土産に購入したチョコレートには、 Demel’s K.u.K. とはいっています。

wien10.jpg

ドイツ人の義父に聞いたところ、K.u.K. とは、Kaiser und Köning (皇帝と王)、或いは Kaiserlig und Kavaöerie (帝国と騎兵隊)の略で、王室御用達の意味らしい。 

しかし、スウェーデン語では・・・

kuk という単語、男性の一物を指す、卑猥な言葉なのであります。
FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


関連記事


スポンサーリンク
コメント
ヴェルデさんへ
北欧からの日本帰国便はルフトハンザが比較的安かったので、主に使っていましたが、今度はオーストリア航空を利用したいな!と思わせてくれるサービスでした。 でもお気に入りの航空会社の就航航路が変わったり廃止されたりすると、困ってしまいますね。

ウィーンには(北欧ではあまり見かけない)イタリアからの観光客が大勢いました! 内陸の国なのに、魚介類も多く、びっくり。 地中海から来ているのでしょうか。 ウィーンは家族旅行でも楽しめると思いますし、お勧めです! 
mararinさんへ
わざわざブログにお越しいただき、ありがとうございます! mararinさんと違って、写真ブレブレなのが、お恥ずかしい・・・ ウィーンは本当に興味深く、また訪れたい都市です。
Setteさんへ
お釈迦様は気がつかなくても、スウェーデン人は知っている! K.u.K.を見るたび複雑な気分。 でも、ドット( . )が入っているから・・・ ケーキのお味は、次の記事に。
Kanaさんへ
Demelのケーキ食べたら、涙がでました。

でも、ウィーンではスウェーデンの亡霊に追いかけられていましたよ! ウィーンの独語ってデンマーク語の発音に似ているし、ドイツの独語よりスウェーデン語に近い単語が多い!(夫曰く。) TVをつければIKEA、H&Mはどこにもあるしね・・・ 「スウェーデン広場」という名称は、何か歴史的な意味合いでもあるのでしょうか。

オーストラリアとオーストリア、私もすぐ言い間違えるので、スウェーデン語(österike)で言うようになりました。
フフフ...
お久しぶりです。

フフフ、K.u.K. の意味について笑えました。
国が変われば全く意味も変わってくるんですね。

ウィーンへは一度足を運んでみたいです。イタリアからもそう遠くはないし、何といってもチョコレートが美味しいですよね。
次の家族旅行はウィーンを候補に上げたいです!
ウィーンより
こちらのブログに遊びにきました。
スウェーデン語ではKuKにそんな意味があるとは!
笑っちゃいますね。
ははははは!
まさかスウェーデンでそんな意味だとは、お釈迦様でも~気がつくめい!でもスウェーデン語わかる方は知ってますけど(笑) せっかくの王室御用達なのに・・・(汗)
ほんと、言葉って違うからそういうの困っちゃいますよね。(笑) ケーキ美味しかったですか?
さすが!
もちろんチョコレート命の私が、ウィーンが好きな理由はお分かりでしょう?DEMELでは、お茶も飲みましたか?私がウィーンに行ったのは相当前ですが、ここでお茶してケーキ食べたら、幸せすぎて何もいらない、って思っちゃいましたよ!(大げさ?)

あー、ウィーン、行きたくなったーーー!
アイスランドじゃなくて、ウィーンに変更だぁ~!

管理者にだけ表示を許可する