フレドリクスダールのクリスマス市 Jul på Fredriksdal

2006.12.15.
先週末、Helsingborg という町にある、博物館と庭園の施設、Fredriksdal で開かれた、クリスマス市に行って来ました。 Helsingborg は、スウェーデン南端のスコーネ州、北西海岸に位置する町。 Fredriksdal は、1700年代の農家から、1950年代位までの街並みを再現し、Helsingborg の歴史をミニチュアにした屋外博物館。 庭園の展示やアクティビティにも力を入れています。 

12月の3日間、クリスマスマーケットが園内で開かれ、100店以上のお店が出店します。 義母は、去年この催しに行き、とても良かったので、今年は私を連れて行きたいと張り切り、私たちは出掛けたのでした。

かなりの人出で、駐車場もすぐに満車になってしまうので、開園の10分前に着いたところ、もう車も人も長蛇の列。 (私たちは、義父に車で送り迎えをしてもらった。 入園料は、60kr。 通常駐車料金は取らないのに、クリスマス市開催中は、別途20krだった!)

julpaf.jpg

Fredriksdal は、義母が子供の頃から存在し、Helsingborg は、義母が生まれ育った町。 義母のお父さんが、昔、この町の博物館の館長をしていたので、敷地内にも詳しい。 見て周っていると、ひょんな思い出話も出てきます。

しかし、今日の私たちの目的は、クリスマスショッピング! 町のお店では手に入らない品が、ここには豊富に揃っています。 いろんな種類のカラシやジャム。 ハチミツ。 スパイス。 チーズ。 ハムやソーセージ。 新鮮な魚屋さんが売るシル(ニシンの酢漬け)。 手作りのトムテ(サンタ)人形。 ウールの帽子。 オーナメント。 ヒヤシンスやアマリリス。 いろいろな味わいのパン屋さん。 グレッグ(甘くて暖かいクリスマスのワイン)にペパカカ(ジンジャークッキー)。 伝統的なお菓子の数々。 どれもスウェーデンのクリスマスに、欠かせないもの。 果ては北の方から、近くは地元の農家から、いろいろなお店が来ています。 また、どのお店も試食をどんどん勧めてくれるので、それがまた楽しい!

julpafre.jpg

11時にやって来て、気がつくともう午後4時。 ライトアップはこれからなので、今から来る人たちも多くいます。 もう少し居たい気持ちを抑えて、家路に着きました。 (寒いから・・・)

ところで、ノルウェーに住む、くまさんご一家は、ノルウェー民族博物館のクリスマスマーケットに行ったそう。 ママくまさんのブログ『3びきのくま日記』「最高!クリスマスマーケット♪」には、マーケットでのかわいい写真が載っていて、そちらにも行きたくなりました!
関連記事

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク
コメント
ニシン
ABBAのニシンの酢漬けは、私としては、ちょっと甘すぎる。 でも、魚屋さんの新鮮なものは、タレも絶品なのが、多いのよ~。 オランダのニシン&ピクルス、食べてみたい! 北ヨーロッパ人って、ニシン好きなんだろうか? それとも、ニシンしか捕れないのかなー。
グローバル・ビズ
始めまして。

グローバル・ビズというサイトで、
世界各国のビジネス文化/マナーを
紹介している川手と申します。

今回、スウェーデンのページを作りましたので、
http://gbiz.jp/swdtop.htm
スウェーデン文化に身近に触れられている方々の
ご意見やご感想を聞かせていただけたらと思い、
勝手ながらコメントに書き込ませていただきました。

*Chaky様、突然の書き込み失礼いたしました。
 不適切でしたら、お手数ですが削除ください。
いいですね~
街中とは違う品揃え、興味ありますよ~。魚屋さんのニシンの酢漬け、美味しいだろうな~。私はABBAとかの瓶詰めしか食べたことないです。スウェーデンに旅行する時は、ニシンの酢漬けも探さないと♪・・・・・・・・・オランダのニシン&ピクルスを買って食べるのも好きなんですけど・・・・私ってニシン好きなのか!?
あまり派手すぎないマーケット、いいですね~。派手派手はそれはそれで楽しいですけど。

管理者にだけ表示を許可する