サフランブレッドの作り方 Saffransbröd

2006.12.07.
スウェーデンには、クリスマスケーキなるものがありません。 その代わり、クリスマスの特別なパンを焼きます。 昔は貴重品であった白い小麦粉と、高価なサフランを使い、いろいろ凝った形に焼き上げるのが、スウェーデンの伝統。 

saffran1.jpg

この時期、パン屋さんの店頭で売り出され、家庭でも作られるでしょう。 私は、そんな面倒なことしませんが・・・ でも、おいしい手作りのサフランパンが食べた~い、と言ったら、夫の友人(男性)が作って持って来てくれました。

しかも、焼きたてのホワホワを大量に! この形は一番簡単な Lussebullar と呼ばれるもの。 フワッと大きく仕上げたかったので、ツヤを出すための溶き卵を、上に塗っていません。

saffran2.jpg

スウェーデンでは、サフランはクリスマスに欠かせない香料です。 鮮やかな黄色を出すためでもありますが、その香りも、スウェーデン人は好みます。 私にとって、味覚にうったえない独特の香りは、おいしい匂いとは思えないけど・・・ もちろん、友人が作ってくれた、焼き立てのパンは、香りも高く、おいしかったです。

では、スウェーデンの伝統的な、サフランパンのレシピをご紹介。

(材料)
★ パン生地
バターかマーガリン 50g
牛乳 5 dl (500 ml)
生イースト 50g
塩 1 tsk (小さじ1)
砂糖 2 tsk  (小さじ2)
小麦粉 ca 1,5 liter  (約、1,5リットル)

★ サフラン用
サフラン 適量
バターかマーガリン 125g
砂糖 1 1/2 dl (150 ml)
卵 1 個

(作り方)
1. バター(50g)を溶かし、牛乳に注ぐ。 これを37℃に保つ。
2. ボールに、イーストを崩して入れる。
3. イーストに、1をちょっと注いで、イーストをダマなく溶かす。
4. 残りの1、塩(小さじ1)、砂糖(小さじ2)、ほとんどの小麦粉を入れる。 (小麦粉はちょっと残しておく。)
5. 生地を、なめらかな状態になるまで、よくこねる。
6. 粉を生地の上に少し振りかけ、2倍の大きさになるまで、1時間ほど寝かせる。
7. ここで、サフランを作ります。 サフランを細かくする。 (安くて簡単な粉のサフランも売っていますが、味も香りも良いのは、乾燥したままの本物のサフラン)
saffran3.jpg

8. バター(125g)を泡立て、砂糖(1 1/2 dl)を加える。 さらにサフランと卵(1個)も加え、よく混ぜる。
9. 寝かせておいたパン生地に、8のサフランを加え、よくこねる。 残しておいた小麦粉を、ちょっと加える。
10. テーブルの上に分量外の小麦粉を広げ、生地を置く。 まだ残っていた小麦粉を加え、よくこねる。
11. 形を作る。 (有名なのは、この猫のような、Lussekatt)
kattjul_20081222043551.gif

12. ベーキングシートを敷いた天板に、形作ったパンを載せていく。
13. ここでまた、2倍の大きさになるまで、寝かせる。
14. パンの表面にツヤを出したかったら、溶き卵をハケで塗る。
15. 約200~250℃の天火で、8~10分焼いて、出来上がり!
関連記事

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク
コメント
Kanaさんへ
Kanaさんも、サフランがお好きなのですね。 サフランブレッド
も、好きですか? しかし、サフランをパンに入れるのは、
スウェーデンくらいじゃない? しかも、甘いパンに・・・

ぜひぜひお試しください。 分からない箇所があったら、
聞いてね!
ありがとうございます!
サフランをパンに入れるって、スウェーデンに来て初めて知りました。サフランはご飯には当たり前、って思ってましたが、ならパンでも良いんですよね?スープやパスタ、私はサフランを良く使います。でも小さな袋で20KRぅて高いよね?

是非是非このレシピで来週あたり、サフランブレッドに挑戦してみまーす!ありがとうございました。自分でスウェーデン語のレシピを訳してたら、再来年ぐらいになっちゃうので・・・(^_^::
HISAさんへ
HISAさんは、サフランがお好きなのですね! 菜園にも植えられている
なんて、さすが!! ないものはない、魔法の菜園のようです。 そうか、
サフランは、花のオシベ(メシベ?)から採るので、量が少なく貴重なん
ですね。 ところで、HISAさんは、サフランの香りをどのように表現
しますか? お料理に使うと、まだ違う香りになるのでしょうか?
スウェーデンでは、パン以外の料理には、使わないようです。
サフランの香り
サフランの香り・・・私は上手く表現できません。 甘いとか、辛いとか、苦いとか、そのような味覚にうったえてくる香りじゃないの。 他のものに例えようもない香りだし。 フランスではスープに、スペインではパエリアなどに、よく使うそうだけど、料理に使用すると、また違うのかな~。 パンに入れても、おいしい匂いとは、私は思えない。 強いて言うなら・・・ ビニールみたいな匂い・・・ と最初思った。 食べる度に、不思議な感覚に包まれます。
いかにも暖かい太陽をイメージするようなパンですね。
クリスマスにサフランはかかせないのですか。私はサフラン
が好きでたくさん植えています。一つの花にたった3本です
から収穫はほんの少しです。明日、うちで早めのクリスマス
パーティーをします。サフラン料理を加えましょう。
うまげ~!
シンプルな感じですけど、美味しそうですね!素材の味を楽しめそうです。
昔からサフランって聞くんですけどいまいち実態がつかめないでいます。その香料は、どんな感じの香りですか?甘い感じ?辛い感じ?苦い感じ?

管理者にだけ表示を許可する