FC2ブログ

ジャパン・レール・パスの購入までの道のり 2

2019.11.13.
お得なJAPAN RAIL PASS を在留邦人が購入するまでの長い道のり前半からの続きです。

スウェーデンに10年以上住んでいることが記載されている証明書を即日発行してもらうため町の税務署を訪れたところ、そのサービスは最近廃止になり、全てネットで申請してくださいとのことで、わざわざ出向いて順番待ったところで、手続きはそこにあるパソコンで税務署のホームページで申請し自宅に郵送となりました・・・ (本当に全てがネットでないとできないスウェーデンの公共サービスシステム。)

税務署から届いた証明書を添付し在スウェーデン日本大使館に郵送したところ、大使館からお電話がかかってきて、送られてきた身分証明書には現住所のみで以前の住所が記載されていないため在留期間が10年に満たないと・・・

戸惑う私に日本大使館職員さんは、税務署に問い合わせ、以前の住所の記載するように頼み、その証明書を直接日本大使館に郵送するよう伝えてくださいと優しく丁寧に教えてくださったのです。

おお~、神対応とはこのことか。 そのようなことできるんだ~と感心し、申請の期限が迫っているので、すぐに税務署に電話し日本大使館に送るように頼みました。

すると、翌日(だったか週明けだったか)すぐに日本大使館から電話連絡があり、
「税務署から証明書が届いたのですが、これにも以前の住所の記載がないんです。」

えええっ、そんなぁ~、もう時間がないのに~とヘナヘナ崩れ落ちる私。 そこへ日本大使館職員さんの神のようなお言葉。

「こちらからも税務署に電話し取り寄せますね。 二人ですれば何とかなるかもしれません。 頑張りましょう。」

本当にあなたは神様ですか。 これぞ私にとっては神対応です。 (ってか、バカなスウェーデン人の業務を日本職員さんが必死に取り繕ってくれようとするなんて。) 

日本大使館からのお電話の後、私ももう一度税務署に電話。 そして、翌日(だったか週明けだったか)すぐに日本大使館から「届きました~、今度はきちんと前住所も記載されています!」と電話がありました。

その職員さんは私などのために、何度も電話で連絡をしてくださり、解決策を考え、税務署までに電話してくださり、本当にいくら感謝して感謝しきれないくらい、異国で日本人の、日本大使館の情に触れました。 本当にありがとうございました。

こうして無事にJAPAN RAIL PASS購入に必要な「在留証明」を日本大使館で発行してもらい受け取ることができました。

次に Japanspecialisten  で ジャパン・レール・パスを購入。 このときに「在留証明」の提出は必要かどうか事前に問い合わせたところ、必要なく、日本で正式なパスと引き換えるときに提出すればよいとのこと。 海外でパスを購入し自宅に届くのは「引換証」です。 引換証は購入した日から3か月以内に日本でパスと引き換えないといけません。 なのであまり早く購入してはダメなのよね。 また日本へ出発の2週間前までには購入した方が良いとのことで、購入するタイミングも面倒くさい。

さて、これから日本で無事にジャパン・レール・パスを使うことができるのでしょうか 続く
関連記事

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク