FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク

中世祭り Hovdala Medeltidsdagar

2018.06.17.
Hovdala Slott という、スコーネの北の方にある、中世に起源のあるお城。 白くずんぐりした形の塔(門)がトレードマーク。

medelhov20181.jpg

ここで毎年5月頃(今年で7年目)中世祭りが開かれます。 

medelhov20183.jpg

広大な敷地の中には、中世をモチーフとしたものを売るマーケットが開かれ、鍛冶屋などが実演販売し、

medelhov20182.jpg

中世に使われたいたような武器の試し切りや、弓矢に挑戦することができ、手回しのメリーゴーランド(巨大な籠の中に子供たちが座る)なんてものもありました。 

medelhov20184.jpg

中世に迷い込んだかのようなマーケットを練り歩くのも面白いけれど、目玉の一つは Tornerspel (Tournament 馬上槍試合)。

medelhov20187.jpg

鎧を身に着けた騎士たちが馬に乗り、突き進みながら槍で輪を拾う、剣でリンゴや蝋燭を切り落とすという技を競う競技。 

medelhov20185.jpg

中世から16世紀にかけて広く催されていた競技大会、現在もルールにのっとり行われているんですね。 これはスウェーデン・チャンピオンを決める試合でした。

medelhov20186.jpg

その衣装、その技、すっかり夢中になってしまいました。 (しかし、馬にコスチュームに、お金のかかる趣味だな・・・) 

騎士だけではなく、マーケットの人たちも、参加者はみんな中世の服装をしているのですが、全然違和感なく、この人たち(スウェーデン人・ヨーロッパ人)の先祖は、この地でこのような服着て、こういう生活をしていたのだな、この人たちの先祖の血が、脈々と流れ今に至るのか・・・と感慨深かったです。 (外国人が日光江戸村とかに行ったら、同じことを日本人に対して思うのかもしれない・・・)

この Hovdala Medeltidsdagar という中世祭り、入場料は100krですが、12歳までの子供は入場無料。 そして(銀行がスポンサーとなり)子供向けの無料の企画もいろいろ。 まず、入り口で子供たちは宝探しの地図を貰えます。

medelhov201810.jpg

場内に隠された文字を探し、秘密の言葉を解読したら、ドラゴンのメダルを獲得。 また、乗馬(←ポニー)、クロスボウ(←木製の子供向け)、剣(←ゴムカバーがかかっている)の闘技、騎士の(なんちゃって)コスチュームでの写真撮影、など無料が挑戦できるカードもついていました。  うちの子が一番気に入ってたのは、

medelhov20188.jpg

トーナメント競技場の横に作られた、「棒馬」競技場。 剣や槍、ヘルメットを身に着け、木製の馬の頭がついた棒にまたがって、トーナメントもどきを実体験。 気分はすっかり騎士!(なんだと思う・・・)

medelhov20189.jpg

ドイツに滞在したとき、ドイツでの中世祭りを見に行ったことがありますが、ドイツではけっこう頻繁に、あちこちで催されているようでした。 ドイツは中世の頃からの町がそのまま現在まで町として発達しているところも多いですよね。 スウェーデンでは、中世を感じる場所や催しは多くありません。 

この Hovdala も、自然保護地域といった山の中?にあり車がないといけない場所。 でも、この中世祭りが開かれていた2日間は朝と夕(だけ)に、最寄駅 (Hässleholm) からバスが運行されていました。 バスに乗っている人は少なかったけれど、みな車で来ていて、かなりの人出。

開園同時の10時からバスが出る16時半までいたのですが、見たり、参加したり、ちょっと買い物したり中世を楽しみ、天気が良く外にいるのが気持ちよく、広大な敷地内を散策して持ってきたお弁当を食べたりといったピクニックもできて、あっという間に過ぎた面白い1日でした。 
関連記事

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。