ホガナスのマーケット Rydsmarknad

2006.10.31.
10月最後の土曜日、ホガナスでは、年に一度の秋のマーケットが開かれました。 "Rydsmarknad" (Ryd は地名で、marknad は英語でいう market の意) と呼ばれ、200年近い歴史のあるマーケット。 もとは秋の豊作を祝い、農家の人たちが お店を出したのが始まりだったとか。

hogam5.jpg

日常雑貨、キッチン用品、手芸用品、洋服、カーテンやテーブルクロスの布地、手編みのセーター、手袋、靴下・・・。 玩具、ビデオ、CD、マンガもあります。  町のクラブや、学校も 「当てクジ」など出店。 カゴ、ブリキ細工、伝統的な木工クラフトなどの、手作り商品も多いです。 またこの時期は、クリスマスの飾り物も見られます。 ジャム、スコーネ名産のお菓子「スペタカッカ」、ハンドメイドのキャンディー。 魚や、スコーネ特産「うなぎ」も売っています。 その場で食べられるスナックとしては、伝統的な「焼きニシン」、デンマークのソーセージ(ホットドック)、スープなど。

hogam6.jpg

このようなマーケットは、5月くらいから、スウェーデン各地で開かれ、夏がピーク。 ホガナスのマーケットは、スコーネでも一番遅い時期に開かれ、いわばシメであります。

人口も少ない、小さな町に、この日はスウェーデン各地から、お店を出す行商人がやって来て、町の中心の街路に、350もの小さなお店が並びます。 またマーケットを 訪れる人々も他の地域からや、ホガナスを離れた子供たちが里帰りとして、大勢来るので、 町は普段からは想像もつかない人数で、溢れます。 

そして恒例なのが、この天気。 10月末 というと、スウェーデンは日照時間も短くなり、毎日が曇り空、雨模様。 (この写真は、数年前に撮影したものです。)

marknad1.jpg

今年は、私は今日本にいるので行けませんでしたが、夫に頼んで「買い物」してもらいました。 家の中で履く室内ブーツ。 スウェーデンでは、室内で靴を履く習慣がありません。 でも、冬場は家の中でも足元が冷え(特に私は冷え性なので)、モコモコの室内履きは欠かせません。 1年12ヶ月のうち、10ヶ月は冬であるスウェーデン。 すぐに履き潰してしまうので、暖かく機能的で頑丈なものを、種類も豊富で値段も安めな、ホガナスのマーケットで求めます。

果たして夫は、どんな室内履きを、私のために見つけてくれたのでしょうか。 

ちなみに、ただいまのスウェーデンの気温、5,6度だそうです。 横浜の今日の気温、22度。 私は今、Tシャツ着ています。 やっぱ、やっぱ、寒いスウェーデンには、戻りたくな~い!
関連記事

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク
コメント
こちらこそ、そんな・・・・・・
Setteさん、そんなそんなストーカーだなんて。 ははは、例えがおかし~♪(と、喜んでいる私?)

もう、実家も築30年近く経つから・・・ 壁が薄い~! 外の気温と変わりない~!?
いえいえ、そんな・・・・・・・
PCっ子なだけで・・・・・・あまり早く書くとあまりにも’待ってました’的で怖がられちゃうかな~なんて思ったりもするんですけど。・・・・・ほら、1人暮らしの女性が帰宅するとすぐに’今日は遅いじゃん’って電話してくるストーカーみたいで。(恐)
スウェーデン人も寒がる日本の家って・・・・・日本人、すごい生活してますね(笑)
ヴェルデさん、いいなぁヴェネチアは・・・
バケツで泳いでいる新鮮な「鰻」を売っているなんて~。 こちらでは、鰻はすべて燻製になって売られています。 しかも、細身の女性の腕ほどもある、太さと長さ。 燻製はおいしいけれど、ちょっと脂がのりすぎて、シツコイかな。 ヴェネチアの人々は、生の鰻を、どう調理するのでしょう?

いいな、いいなぁ、マグロ! スウェーデンでは、マグロは絶滅し、もう獲れません。 なので一般的な魚じゃないの。 大、中トロ部分は捨てられているのでしょうか!? それとも別ルートに流れているとか?

クリスマスシーズンのスウェーデン、とても素敵ですよ! でも、私の妹も従姉妹も、冬にはもう来たくないと言う・・・ 寒いと、楽しいことも楽しめない・・・だそうです。 悲しい。
Setteさん、良い情報ありがとう!
この、いつ更新するか予想がつかないブログに、いつも迅速なコメントをありがとうございます。 Setteさんのコメントを目にすると、嬉しく、また頭が下がる思いであります。 

確かに、お正月どきの、冬の日本に里帰りすると、夫は「家の中の方が寒い~」と縮こまっています。 家の中の寒さ、こたえますよねぇ。 (しみじみ)  でも、スウェーデン、昨日は雪がちらついたという・・・ 

レンジでチン♪して足首に巻く防寒用品、早速探してみます。 いいこと聞いちゃいました。 ありがとうございます!
こんにちは。キノコ狩りでコメをさせて頂いたヴェルデです。
スウェーデンもマーケットは盛んに行われているんですね。

「鰻」も売られているんですね。そちらではどのように調理して食べるんですか? イタリアのメルカート(マーケットのことです。)でも、バケツの中で泳いでいる状態で売られてますが、未だに食べ方がよく分かりません。(本当は蒲焼とかにして食べたいのですが…。)
新鮮な「まぐろ」(イタリアも日本に劣らず、マグロ大国らしいです。)は時々買って、「巻き寿司」にして食べたりもしてます。(でも「大、中トロ」は見かけないんです…噂では捨てているとか。もったいないですよね!)

まだ11月だというのに、気温が5、6℃しかないんですね…。(ちなみにヴェネチアは日中は18℃くらいです。)
寒いスウェーデンでは冬のアイディアグッツ等が多そうですね。南イタリアは冬も比較的暖かいみたいですが、ヴェネチアの冬もかなり堪えます…。(-5℃くらいにもなります。)
寒いからこそなのか、クリスマス時期のスウェーデンはとっても情緒があって素敵ですよね!
クリスマス時期になると行ってみたくなる場所の一つです。
お待ちしておりました♪
もう、スウェーデン寒いんですね~!って寒すぎでしょう!・・・・・・・といいつつ夏嫌いの私はホクホク顔です。だってええええ、寒いの好きだし(でも、寒さを感じないわけではないです、寒いです・笑)外は寒くても、家の中は温かいヨーロッパ。特に洗面所とか温かいのがいいっすね~!
冷え性なんですか。そしたらブーツは暖かいですよね。会社の人が、足が冷えるとかで、足首に巻くの買ってました。中身をレンジでチン♪してそれを専用のカバーの中に入れるんです。それを足に巻くんです。温かいみたいです。安いし。日本にいらっしゃるなら、試してみてもいいかも!昨年、レンジでチン♪のクッションを何人かが使ってて結構温かさが持続してたみたいなので、足首のも結構持つかもしれませんよ!

管理者にだけ表示を許可する