生ウコン

2017.03.27.
日が伸びてきて、夏時間になり、気温も上がり(しかし夜と昼の差が10度以上)、ウツっぽい気分も和らいできました。 この冬は体調が優れないことが多かった。

私よりも体調を崩すことが多いのは夫なのですが、それを見かねた夫の職場のイラン人が、ある日(秋のことです)「生ウコン」をプレゼントしてくださりました。 「お茶にして飲みなさい。 でも香や苦みが強くて飲みにくいからハチミツなどの甘みを加えて。」とのこと。

ukon1.jpg

生ウコン、初めて見ました、手にしました。 カレーやタンドリーチキンを作るときに使うので、粉末ターメリックは常備してあるけど。 イランでも一般的に使われるスパイスなんですね。 スウェーデンのスーパーで購入したらしい生ウコンはペルー産でした。

見た目、細長い生姜みたいです。

ukon2.jpg

切ると、中は鮮やかなオレンジ色。 黄色ではなかったのでビックリ。 でも使うと、ターメリックの鮮やかな黄色になります。

追加でまた一袋もらってきたんだけど・・・ 夫はウコンのお茶など飲まないっ! てんで興味なし。 興味津々なのは、もちろん私で、でもお茶にするってよく分からなかったので、いつも紅茶に生姜のスライスを入れて飲んでいるので、薄く切って紅茶に入れてみた。

不味い・・・ さすがの私でも、不味い。 紅茶の味は全て消し飛んでしまったし。 

そこで、もともと味も香りも良くないルイボスティーに入れてみると、これなら飲める。 で、時折ルイボス・ウコン茶にしたり、あとは
カレー等の料理に擦って使用しているのですが、なかなかなくならないなー、生ウコン。 たまにしか使わないから。

それに、ウコンを切ったり、おろしたりする器具が真黄色になり、色が落ちない・・・ それを拭くと布巾にも黄色が付く・・・ なかなか厄介。

今日、ふと、健康上のことを話していた日本の友人に「ウコン」のことを教えようと思い、ネットで調べてみたら、いろいろ出てきて、私はお茶の作り方が間違っていたかもしれない。 やはり煮出さないとだめなのかしら。 効用のある物質は水に溶けないので、生のまま食わないと意味がないのかも。 うむむ、まだたっぷりある生ウコン、これから勉強して使ってみます。

関連記事

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク
コメント
rukoさんへ
rukoさん

コメントとウコン情報ありがとうございます!!
なのに、ずっとブログを開いておらず見逃してしまって、ごめんなさいっ。

ウコンの方も、またほったらかしにしていたのですが、教えていただいた飲み方で挑戦してみます。
(まとめてすぐ飲めるように保存しておくといいのですね。
とにかく、そのまま食べる!のですね。
水に溶けないんですものね。)

生ウコンを消化したら、粉末にも挑戦してみます。

お心遣い、ありがとうございます。
日本も今年は春が遅めかな?
No title
すごく久しぶりにコメントします。

私もウコン食べていた時期がありました。
とにかく苦い!ですが、それがいいらしいです。胃腸に良いみたいでしたよ。(消炎作用が強いので)私は肝臓のためにいいのかなと思って飲んでました。
私の飲み方をご紹介しておきますね。

一度にすりおろして、コーヒースプーン一杯ずつラップで丸めて冷凍しておきます。
飲むときは、それを一個ずつ飲みました。溶けると苦いので、そのままお白湯でごっくんです。はちみつ湯で溶かしてもいいかもしれませんが、とにかく苦いので・・・。

日本では、最近は粉末が売っているので、それを飲むことが多いです。こちらは苦くないので楽ちんです。

日本はそろそろ桜の時期になってきました。今年は少し遅めです。どうぞお体お気をつけて。

管理者にだけ表示を許可する