レモン風味の Kladdkaka (簡単ケーキレシピ)

2016.02.04.
スウェーデンに来て、最初に教えてもらい作ったスウェーデンのケーキといえば、Kladdkaka (クラッドカーカ)。 中が半焼けの状態の、平べったい、チョコレート風味のケーキ。 フランスのフォンダント•ショコラとか、アメリカのグーイ•バター•ケーキのような感じ。 誰でも失敗せずに簡単に作れ、みんなが大好きな、スウェーデン代表ケーキ。

しかし、バターと砂糖の量におののき、私は作らないようになってしまいましたが、他人(お客さま)に出すならいーかと、簡単で誰もが好きだし、久しぶりに作りました。

Kladdkakor の作り方(義母からもらったレシピ)

材料:
小麦粉 1,5 dl(約90g)
砂糖(グラニュー糖) 2,5 dl(約212g)
(私は、どうしても、砂糖の量は減らします。 あまり減らすとおいしくなくなってしまいますが、170gにしても、充分甘いです。)
塩 少々
製菓用ココア 大さじ3
バター 100g
卵 2個
バニラシュガー 小さじ1(風味付けのため)

作り方:
直径20cm位のケーキ型を用意し、オーブンは170℃に温めておく。
ボールに卵を割り砂糖を加え泡立てて、鍋で溶かしたバター(湯煎などということはしない)、小麦粉、塩、ココア、バニラシュガーを加え混ぜる。
型に流し込み、オーブンで約20分焼く。
中は半焼け状態がベスト。

kladdkakamuffin.jpg

今回は、カップケーキの型に入れて焼きました。 気をつけなくてはいけなかったのは、温度をもうちょっと低めに、そして焼き時間も短めにすべきだったこと。 じゃないと、焼きすぎて中が半焼け状態にならなかった。

また今回は、 新聞か雑誌に載っていて、いつか作ってみたいと思いレシピを切り抜き取っておいた、「レモン風味の kladdkakan」にも挑戦。

材料:
小麦粉 1,5 dl(約90g)
砂糖(グラニュー糖) 2,5 dl(約212g)
(私は、どうしても、砂糖の量は減らします。 あまり減らすとおいしくなくなってしまいますが、170gにしても、充分甘いです。)
バター 150g (100gにして作りました。)
卵 2個
バニラシュガー 小さじ1(風味付けのため)
レモン 1個

直径20cm位のケーキ型を用意し、オーブンは150℃に温めておく。
レモンをきれに洗い拭いて、皮は擦り下ろし、中身は搾っておく。
ボールに卵を割り砂糖を加え泡立てる。 次に、バニラシュガー、すり下ろしたレモンの皮、搾ったレモン汁を加えて掻き混ぜる。 鍋で溶かしたバター(少々冷ましておく )、小麦粉を加え混ぜてから型に流す。
オーブンで約30分焼く。

このレモン風味のケーキは、ちょっと酸っぱくって、甘くって、絶妙なバランスが、とってもおいしい! チョコ風味のようにクドくない爽やかさが、チョコが苦手な人にも好評でした。

砂糖とバターの量は変わらないので、カロリーは同じですが。。。

そして、このケーキにはホイップクリームを添えるのが、定番です。

関連記事

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク