湿気は体に良い?

2015.10.14.
ドイツ北部のバルト海に面した都市キール(Kiel)は、セーリングが有名なようで、Welcome to the Sailing City という看板も見かけました。

kiel20151.jpg

海辺に行くとヨットが沢山見えます。 浜辺には、避暑用の椅子?が、置かれています。 もう9月半のシーズンオフで使われてないけれど、スウェーデンでは見たことのない風景(代物)なので、珍しい。 従妹たちも夏には、この椅子を借りて過ごすのだとか。

kiel20152.jpg

海辺の街だからか、3泊4日の滞在中は雨がかなり降っていたからか、ちょっと肌寒く湿気が多いように感じました。 特に、1920年代に建てられたという従妹の家の、私たちが使わせてもらった寝室は地下にあり、紙がしっとりフニャ〜となるくらいの湿気。

ドイツに来る前、夫も私も、やれ頭が痛い体がだるいと体調が悪かったので旅行中は大丈夫かな〜と思っていたのですが、不思議と体の調子がよく、快適に過ごせたのでした。

しかーし、スウェーデンに戻ったとたん、また体調の悪さが逆戻り。

気付いたのですが、スウェーデンは乾燥していて、あっと言う間に身も心もパサパサ。 んん〜、もしかして、あの湿気が体には良かったのかしら? いつもスウェーデンでは「乾燥」との闘い。 やはり適度な湿気は必要なのかも。
関連記事

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク