THUNDER (Live at Hammarsmith 2015)

2015.04.14.
ロンドンのハマースミスでサンダーのライヴを観てから、ちょうど1ヶ月が経ってしまいました。
 
thunder20151.jpg

ここでは、5年前にもサンダーを観ました。 20年の活動に終止符を打つというサヨナラ公演で。 (THUNDER (Live at Hammarsmith)参照)

しかし、今年はニューアルバムをリリースし、プロモーション活動やコンサートを行っている。 

まぁ、それまでにもサンダーは何回か解散し、しかしそれ以後もアルバムだしたりライヴしたりの繰り返しだったから、別に驚く必要もなく、素直に喜ぶ!

今回のコンサートをわざわざロンドンまで観に行くつもりはなかったのですが、妹に頼まれ公演チケットを取ったとき、何故か自分の分まで、発作的に購入していたのでした。

しかし、ニューアルバムは購入せず、新曲は全然知らないままライヴに臨む。

thunder20152.jpg

それでも、コンサート前半はニューアルバムからの選曲という構成にもかかわらず、すんなり曲にのれるのです。 新譜もサンダー節全開で、初めて耳にする曲とは感じません。 (「あれ、この曲は、She's So Fine じゃあ?」とかね。)

本当に、どこを切っても THUNDER! いつものサンダー。 20年間聴き続け、ライヴを見続けてきたサンダー。 

後半は従来の名曲たちで、相変わらず歌って踊って。

thunder20153.jpg

何も変わってないようで、やっぱりメンバーやファンたちの上には時が流れ、それぞれの変化があるんですよね。

ダニーが活動再開の決心をしたのは子供たちの大学資金を捻出するためだというし、永遠の独身貴族かと思ったルークは結婚しているし、すっかり痩せてしまったベン•マシューズは癌闘病を得ての復帰。

観客を見渡すと中高年がほとんどで、大きな子供を連れた父ちゃんたちや、もう定年退職後の生活を満喫している風情の人たちも。 それに、以前はイギリスのサンダーライヴには日本からのファンも大勢来ていたのに、全然見かけなかったなぁ。

私も幼い子供を家に置いての初めての外泊で、やっぱり行くのよそうかと直前まで迷ったし。 (飛行機でちょっとそこまでの距離だけど、時勢柄テロや飛行機事故などの心配もしたりして。 実際時をおかず、自分の身ではなくても、そのようなことが起こってしまいショック。)

thunder20154.jpg

なーんてこともふと考えながら、サンダーのライヴに身を任せて楽しむことができたのは、やはり至福の時間で、本当に素晴らしいことでした。 自分自身を確認することができる、そんなバンドなのかな、私にとってサンダーは。

ワンダー・デイズ【通常盤CD/日本盤限定ボーナストラック収録/日本語解説書封入】ワンダー・デイズ【通常盤CD/日本盤限定ボーナストラック収録/日本語解説書封入】
(2015/02/11)
サンダー

商品詳細を見る

ロンドンで妹が購入してくれた新譜を聴いていると、それぞれの曲を演奏してたときのライトの変化が脳裏に浮かび、ゆっくり思い出に浸るのです。


関連記事

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク