クリップカードの終焉 in Cph

2014.10.08.
デンマークの首都コペンハーゲンの公共交通を利用するとき、便利なのは Klippkort (Clip Card) と呼ばれる回数券。 いや、便利とは言えないかも。 慣れないと使い勝手が分からない、、、
 
klippkort.jpg

こういう、細い縦長の厚紙のカードで、電車に乗る時は駅に設置してある専用機械に差し込んで、パンチを入れるのです。 バスの場合、乗車口に設置してあり、やはり自分で差し込んでパンチを入れるのですが、何回パンチを入れるかは、行き先のゾーンによって決まります。 (細かく色分けされたゾーンを見極めるのも、慣れないと分かりにくい。)

自分の行き先が何ゾーンなるか、何回パンチを入れるべきか、きちんと事前に把握していないといけません。 

私たちはコペンハーゲンに行っても徒歩圏内ばかりで、クリップカードを使ったことがなかったのですが、コペンハーゲンに住む友人の家を訪れたときは電車かバスに乗らねばならず、友人がこのカードを購入してくれ、駅でガンガンとパンチを入れてくれました。 (二人で1枚のカードを共有することもできる。)

帰りのバスに乗った時は、運転手さんに行き先を告げ、何回パンチを入れるか聞きました。 パンチしてカードに印刷されているのは、「時間、日にち、ゾーン」らしいですが、解読不可能。

全てが手動で面倒ですが、この回数券はかなりの割安。 

しかし、この Klippkort 、2014年の10月で販売を終了するそう。 代わりのカードが使用されるようになるが、割引率はかなり低いとのこと。 手持ちの Klippkort は、来年2015年まで1年程使うことができるらしい。 (良かった、うちのカードまだ半分余っているよ。)

コペンハーゲンに、近代化の波か、、、 (っていうか、いまだこんなレトロな回数券を使っているのが驚き!?)

関連記事

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク