ポンチキ、ポーランドのセムラ

2014.03.03.
ポーランドに長年留学していた友人からの情報で、ポーランドでは 「脂の木曜日 (Fat Thursday)」にポンチキを食べると知りました。 スウェーデンで「脂の火曜日 (Fettisdagen, Fat Tuesday)」にセムラを食べるのと同じこと。

そこで向かった先はポーランドの食料&日常雑貨店。 (ポーランド移民が多いので、大きな町に行くとポーランド系のお店があります。 ポーランド食品店をときおり利用するようになったのは、ドイツで買って来たソーセージやハムに合うパンが欲しかったとき。 スウェーデンの甘くて柔らかいパンには合わないので、、、 ポーランドの食品はドイツと似通ったものが多く、パンもごつくて酸っぱいのがあったし、ハムの種類も豊富でおいしい、しかも安め!であることを発見!)

売っていましたよ、Pączki。 中にジャムが入った揚げドーナツのようなもの。 ドイツのベルリーナとほぼ同じと思ったら、ウィキペディアによると、生地がまったく違い、ポンチキの方がリッチな味わいだそう。
 
paczki1.jpg

確かに、ポーランドからの輸入なので、出来立てのおいしさではなかったし、夫は中のクリームがいまいちと言っていましたが、ドーナツの生地部分はふわふわ軽く、素朴なおいしさでした。

ポーランド通の友人曰く、通常はバラのジャムが入っていて、上には溶かした砂糖がかかっているのしか知らないと、チョコかけやその他の具は食べたことがなかったとのこと。

私たちが買った時はほとんど売れ切れで、手に入ったのはエッグリキュールと、この砂糖がかかっているポンチキの中は赤いジャムだったので、これがバラのジャムか!?と思ったら、チェリーソースでした。 

しかし、バラの実のポンチキが食べたいと思った私。 夫に頼んでまたポーランドのお店に行ってもらったら、また今週に新たに入荷するとのこと。 でもポーランド人、皆食べたがっているから、すぐに売れきれちゃうよー、と。

ところで、ポーランドのお店って、店員さんもお客さんもほとんどポーランド人で、スウェーデン語が通じないことがしばしばだったり、ポーランド語を話さないスウェーデン人に対しては冷たかったり。 夫がお店の人に、どれが例のバラジャムか聞こうとしたとき、いつもレジにいる無愛想で人を睨みつけるおばちゃんは避けたんだそう。

何回かポーランドのお店に通って、念願のバラジャムのポンチキも口にすることができました。 ジャムの量が少なかったので、これ入ってないよーと、最初焦りましたが、パン部分はおいしいし、出てきたジャムも濃厚で香り高く、ちょっと感激。 

私のポンチキ狂想曲な日々が終わった頃、ご近所のセルビアさんから、なんと大量に手作りポンチキをいただきました。 やはりこの時期(マルディグラ)に食べるらしく、同郷の人たちとのパーティーで、どなたかの手作り。 ちょっと日が経っていましたが、これまたおいしくいただきました。

paczki2.jpg

って、これ全部、去年の話。 今年は、食べる機会を作れませんでした。

関連記事

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク