Ostkaka オストカーカ

2006.08.19.
「彼女の作る Ostkaka は絶品です! Ostkaka を作るときは、ミルクも近所の農家で新鮮なものを、明日取りに来るからと頼み、アーモンドも2種類使っていました。 これがミソなのよ、と。 皆、生クリームとかジャムとか、たっぷり乗せて食べていたけれど、私はあんまりトッピングはしないで、Ostkaka そのものの味を楽しんでいました。 あんまり甘くなくて、リッチな味わいで・・・」

これは、スモーランド(Småland、スコーネの右上に位置し、森が多い地域)の農場地帯に住むスウェーデン女性のところに、滞在していた友人の体験談。 Ostkaka(オストカーカ)とは、直訳するとチーズ (ost) ケーキ (kaka)。 しかし、お間違えなく! 私たちが知るチーズケーキとは、まったく違う代物。 スウェーデン特有のチーズケーキなのです。 クリームチーズやカッテージチーズなどで作る、私たちが知るチーズケーキは、やはり「チーズケーキ」と呼ばれ、Ostkaka とは区別されています。

今では、スウェーデン全土で知られ、市販品も手に入りますが、もとはスモーランド地方の郷土料理的なものだとか。 クリスマスや復活祭、お誕生日やお祝い事のパーティで出されることも多いようです。 家庭で作るのは難しく、また時間もかかるようなのですが、友人の滞在先の女性は、ことあるごとに手作り。 新鮮なミルクで作る Ostkaka の話を聞き、私も食べたくなり、スーパーに買いに行きました。

ost1.jpg

パッケージにFrödinge とあるのは、会社名(たぶん地名でもある)。 市販品では、このメーカーのものしか、私は見たことがありません。 Sommar(夏)ostkaka とあるのですが、何故「夏の」と付いているのか分からず。 普通のものは、パッケージの色が白で、この大きさの半分なので、これは夏スペシャルサイズなのかも。

実は3年位前に一度、私が興味を持って購入し、食べたことがあります。 付け合せのリンゴンジャムも買って。 でもそれ以来食べていませんでした。

Ostkaka は、冷えた状態で売られており、保管も冷蔵庫で。 しかし食べるときは、200度のオーブンで25分、温めます。 ケーキといっても、小麦粉で焼いた固い部分はなく、お豆腐のように白くプヨプヨした部分のみです。

ost2.jpg

通常、スウェーデン名物リンゴンジャム(Lingonsylt こけももジャム)、またはその他のジャム、生クリームなどを添えていただきます。

さて、オーブンで温め、リンゴンジャムと共に、いただきまーす。 ・・・ああ、この味。 だから、だから私たちは、あれ以来 Ostkaka を食べなかったんだ・・・ と思い出しました。

ost3.jpg

夫に、「ううーん、おいし~い♪とは言えない味だよね」と言ったら、「そんなこと、知ってるよ~!」

そうです、彼は近所のスーパーになかったのを、ちょっと先のスーパーまで探しに行って、わざわざ購入し、好きでもないのに、私に付き合って食べているのです。 3年前も、私が食べたいと騒いだから、食べたんだった。

夫が嫌いなので、ほとんど食べることはないリンゴンジャム。 以前 Ostkaka と購入したのは、安物だったからマズかったのだと思ったのですが、今回はプレゼント用のちょっと高級なリンゴンジャム。

でも、リンゴンジャムって、甘くなければ酸っぱくもない、ただ舌にピリピリする感触がするだけで、味が・・・ない? なんでこんな味のない、ピリピリするだけのものを、スウェーデン人は、食べ物にかけて食べるのだ!?

そして Ostkaka ・・・ こちらも、味が・・・ なんと形容したらいいのか、分かりません。 豆腐の方が、もっと味がある。 (原材料を見てみると、牛乳、卵、クリーム、小麦粉、砂糖、乳糖、スイート&ビーターアーモンド、その他。) これにリンゴンかけて食べても、舌がピリピリするだけ。 (もっと甘みの強いジャムだったら、おいしかったかも。)

結局、私、残しました・・・ 

しかし、あきらめてはいません。 いつか、スモーランドの手作り本格派 Ostkaka を、私は食べたいです! 

追記
そして、ついに私が本物のオストカーカを口にする日が・・・
関連記事

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク
コメント
RENEさんへ
なかなか好奇心をそそる食べ物ですよね、オストカーカ。
日本のIKEAには置いてないでしょうか? (スウェーデン
でも置いてませんが・・・) ぜひ試食していただきたい!

リンゴンジャム、これはブラウンソースなど塩気があるものと
一緒に食すと、その味が引き立てられるのかも。

なんだかドリアンが食べたくなってきました・・・
Kanaさん
Kanaさんも、期待を持って、食べてしまったのね。 そうですよね、
名前と見た目から、レアチーズもどきを想像します。 Ostkaka
食べながら、スウェーデン人の味覚って・・・と疑問に思わずには
いられなかった。 でもね、多分、数年後にまた買っちゃうと思います。
Setteさんへ
薄いというか・・・不味いというか・・・味がない。 でもこれは、
ぜひ試食していただきたい! やはり食べてみないと、人の
好みは分からないものです。 手作りはなかなか手に(口に)
入らないのですが、いつか絶対、食べたいな~。
yukiさんへ
そう、美味しそうですよね! 私もそう期待して食べるのです。
でも食べた後で、ガッカリ。 (なのに、数年経つと、そのことは忘れ
また食べたくなる。) アーモンドは「具」というほど入っていません。 
そうかぁ、リンゴンがピリピリするのは酸味が強すぎるせいか。
北欧絵本より
RENEです、お邪魔しま~す!
私は、どちらかというとニューヨークスタイルの濃厚なモノが好みですが、オストカーカにもちょっと興味が湧きました。
アーモンド入りのお菓子は、味が濃くなると思いきや…。
そのお友達が食した農場タイプ召し上がる機会があったら、是非リポートください。
リンゴンベリー、ご夫婦ともに苦手ですかぁ…我が家は、イケヤ詣で以来、ブラウンソースと共にはまってしまいました(汗;)
今日、試しにプリザーブだけスプーンで試してみたところ、確かに、ジャムとして考えると味が薄めですよね。
後味は、以前食した薔薇のジャムに似ているような気がします。
ごめんなさい、私、ドリアンLOVEなので(これは家族中で私のみ)、お話に入れないかも(笑)
あーこれこれ!私も半年ぐらい前に、スーパーでどうしても気になったものだから買ってみたの。単純に「レアチーズケーキ」を想像して。。。

私もリンゴンジャムと食べました。しかし!!!まずーーーい!なんか味が無い!そして飽きる味。あまくなーーーい!!
期待が大きかったから、すごくがっかりしました。半分は食べたかなぁ~、でもあとは皿をパートナーの方に向け「食べる?」って聞いたら、何でも食べる彼はぺロッと終了・・・私は多分もう買いません・・・
あんなにも
材料が入っていて、豆腐より薄味とは・・・・是非リンゴンジャムと、甘めのジャムと、両方試さねば♪だって食べなかったら好きか嫌いか言えないし、体験してから美味しくない!と言いたい。(まずいの前提かい)
見かけはレンジでチン♪のグラタンっぽいですね~。どんな味なんだろう。(試したくて仕方ない様子)
この好奇心でまずいと言われてたドリアンの臭いと味を体験し、堂々と’まずいよ!’と言い切る私。もしかしたら大好きになっちゃうかも!?(笑)
違うブランドとか、手作りだったら違うかもしれませんね!次回食されるときは手作りの方の感想も、楽しみにしてます!
美味しそう♪
見た目は美味しそうなのに、、、。
舌がピリピリするって事は、酸味が強いのでしょうか?
具はアーモンドなんですか?
ジャムに砂糖を入れて煮詰めて、作り直したら美味しくなるかな?

管理者にだけ表示を許可する