セムラはただの白パンです

2013.02.11.
洗礼を受けた子供達のお祝いの会みたいなのが、日曜日に教会で開かれました。

前回はケーキが振る舞われましたが、今回は、fastlagsbulle。 ちょうど fastlagssöndag (赦罪の主日) と呼ばれる日だったし。

ズラリと並び、圧巻! お店のショーウィンドーに並ぶより多い! 全てボランティアさんの手作り。
 
fastlagsbulle1.jpg

この fastlagsbulle とは、いわゆるセムラです。

でも、スコーネ地方では、fastlagsbulle と呼ばれます。 今は一般的セムラと言う人の方が多いかもしれないけれど(お店でも semla が主流だし)、ちょっと年齢が高くなると、 スコーネの人なら、fastlagsbulle と言う。 うちの義母もそう。

義母のお父さんが、昔、ちょうどセムラを食べる時期にストックホルムに行ったときのこと。

ストックホルムに着き、まずはフィーカと、カフェに入ってコーヒーを頼んだら、給仕の人に「Semla も一緒にいかがですか?」と勧められた。 「じゃあ、ひとつ頼むよ。 あ、バターも付けてね」と言ったら、給仕の人が怪訝そうに、「Semla って、このことですよ」と持って来てくれたのを見てビックリ。

fastlagsbulle2.jpg

「これは、fastlagsbulle じゃないか!」
スコーネでは、semla というと、ただ単に白パンのことを指していたのでした。

教会の人たちも、招待状にも、fastlagsbulle と書いてあったし、言っていたけど、それは自然にそう言っていたのか、それとも fastlagssöndag を意識してのことだったのかな?

でも、本来食べるのは、火曜日の Fettisdagen。
関連記事

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク