Mölle と Kullen

2006.08.01.
ダブルデッカーは、ホガナスの町を出ると、まっすぐ北上。 今回はエンコせず、30分程で、目的地である メレMölle に着きました。 地図で見ると、左上に突き出した地域です。

ここは昔からの、夏のリゾート地。 1880年代から1930年代、特に栄え、ベルリンからの直行列車が通っていたほど。(今は、電車は通っておらず、ホガナスからローカルバスと、夏の間はダブルデッカーが運行しています。) 

なんと言っても、当時センセーショナルだったのは、男女が一緒に海水浴できること。 なんてハレンチ! という時代が、スウェーデンにもあったそうです。 白い大きな建物は、グランドホテル (Mölle Grand Hotel)。 港 (Mölle hamn) の付近には、キオスクやお土産屋、レストラン等があり、今までシーズンオフにしか来たことがなかったので、人をあまり目にしたことがなかったのですが、この日は、夏の観光客で賑わっていました。

molle.jpg

背後に連なる岩山は Kullaberg (地元では”Kullen”と呼ばれている)で、自然保護区域。 ハイキング、ロッククライミング、ダイヴィング、海水浴など楽しめます。

しかし、この写真、ふたつの写真をつなげパノラマにしてみたのですが、真ん中のあたりで、空の色が違う・・・ 夫曰く「なんか、本に載っていた写真をスキャンしたような感じじゃない!?」 うう、その通りだ。 しかも古い本の写真に見える・・・

追伸1:帰りも、バスは故障せず、無事ホガナスに着きました。
追伸2:Höganäs を「ホガナス」と表記しましたが、実際の発音は「ヘェガネェス」に近い。 スウェーデン語の ö と ä の発音は難しいです。
関連記事

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク
コメント
Setteさんへ
そう言ってくださると、嬉しいです。 パノラマにした甲斐がありました。
(やっぱり、本を開いたみたいで、笑っちゃいますが。)
北欧が先進的で、性に関してパイオニア的存在になったのは、戦後から。
それ以前は、保守的なヨーロッパの片田舎、という存在でしかありません
でした。 北欧人は、恥ずかしがりやさんですよ~。 かなり内向的性格。
人ごみより、自然の中に一人でいるのを好む人たちです。
サビーンさんへ
住んでしまうと、スウェーデンは全然スゴクなく、他の国に住みたいなぁ、
と思う日々です。 スウェーデン語は、英語と同じゲルマン語系なのと、
スウェーデンのTVでは、英語の番組は吹き替えではなく字幕のため、
慣れるのに早いのか、特別に勉強してなくても、皆流暢に英語話す!
アイルランドの話題、今後も楽しみにしています、ね。
き・れ・い♪
空も青くてきれいですね~。色違いますけど(笑)でも1枚だけより、広く見えるので、その場の雰囲気がもっとよく分かるような気がします。派手じゃなくてのんびり休日が過せそうですね。エンコしなくて良かったですね(笑)
男女一緒に海水浴がハレンチ・・・・・そんな時代が。北欧って結構そういう面でパイオニア的イメージがあったのですが。わりと恥ずかしがりやさんなんでしょうか?
こんにちは♪
Chakyさんコメントありがとうございました☆
無印がスエーデンにもあるなんてビックリデス!!
スエーデンに住んでいらっしゃるってスゴイですね☆☆
写真がとってもきれいですよ!
スエーデンの人ってとっても英語が丈夫ですよね~。
発音がアメリカ英語でかっこよかったな~なんて思い出しました。

管理者にだけ表示を許可する