ビタミンD

2012.10.04.
棚の中を片付けていたら、小さな瓶が転がり出てきた。 D-Vitamin。 ビタミンDのオイルでございます。 骨や歯を作るのに必要なビタミンDは、太陽の日を浴びることにより形成されます。 

dvitamin.jpg

スウェーデンで生まれた新生児には、生後3週間(あれ、4週間後だっけ?)から2歳になるまで、毎日5滴、このビタミンDを飲ませますが、これは国から支給されます。

やっぱり、北欧って、日照時間が極端に短い(或いは長い)からでしょうね。

ついこの前まで、夜はいつまで経っても明るいし、朝は早くから日が照っていたのに、9月も半ばとなると、あれよあれよと、朝夕7時頃は、外は暗い。

ついこの前までは、日中の日差しは強いので、11時から15時の間は屋内か日陰で過ごすようにと注意していたのに、もう昼間でも、どんより雲が空を覆い、外は暗い。

ビタミンDなんて、つくれないよー!

赤ちゃんは、食事からビタミンDが摂取できないから、こうして与えないといけないんですね。 2歳になれば、食事と外遊びで、必要なビタミンDを取れるようになるので、もう与えていませんが、懐かしいなー。

最初にこのボトルを貰ったとき、夫が「どうやってあげるの?」と聞いてきたので、「赤ん坊の口の上から、1、2、3、4、5滴、垂らせばいいんじゃない?」と答たら、相手は絶句してしまった。

夫「そう、言われたの?」
私「いや、1日5滴ってだけで、どうやって飲ませるか聞いてないけど、ほら、こうやって、、、」

と、実践。 顔を上に向け寝ている赤ん坊の上空から、目薬をさすように、口の中に5滴落とそうとしたのですが、、、 そんなの不可能であることを、私は知ったのでした。 何故か私は、上から落とすべきだと思い込んでいたんだなー。

結局、夫がスプーンにビタミンDオイルを5滴垂らし、そのスプーンを赤ん坊の口に入れて飲ませましたが、夫の目は「こいつに子供はまかせられない」と言ってた。

ははは、いやー、懐かしいなぁ。
関連記事

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク
コメント
エミリアさんへ
こういうものを貰うまで、日照時間の重要性を考えたことがありませんでした。 (私のトシになると、日差しは極力避けたいものですしね。)
やはりイタリアやフランスは、太陽がいっぱいってイメージで、ビタミンDもいっぱいなのかも!?
こういう話を聞くと、日照時間って子どもの成長に欠かせないんだなと思いました。イタリアではなかったような気がします。温暖化の影響で10月半ばまで半袖&その気になればまだ海で泳ぐこともできる国なので、北の国の人々が今も南下してやって来ています。コレって甘いんですか?
らくだのせなかさんへ
えっ、錠剤!?
あ、溶かしてから飲ませるんですね。 じゃなかったら、赤ちゃんにとって。飲み込むのは難しいですよね。 (私なら、そのまま錠剤を口に押し込めていたかも、、、)
乳児にビタミンDを与えるのは同じでも、与え方や、ビタミンDが液体だったり錠剤だったりする違いが、国に選って違うなんて、おもしろいです。 教えてくださり、ありがとう!

本当に、お日様どこいったんだーい、という季節が始まりました、、、
へえ~、そちらでは液体になっているんですね。ここでは、錠剤です。
退院するときに渡され、1歳になるまでは季節を問わず、一日一錠。
なくなったら、小児科で処方箋をもらいます。
1歳の誕生日を過ぎると、夏のあいだはお休み。秋から、再び一日一錠。2歳になるまで、夏以外は錠剤を飲ませます。
スプーンに入れて、水をちょっと足して、溶かしてから、口に押し込むという感じです。
うちは、1歳まではフッ素も入ったものでした。
液体のほうが飲ませやすそうですね。
何だか、お日様にお目にかかれない緯度の国に住んでるという実感がわきますよね。

管理者にだけ表示を許可する