田舎には住めない

2012.06.15.
窓から写した景色を見て、「おお〜、この景観のために、戻ってここに住んでもいいよなー!」と、義父は声を弾ませる。 義父の故郷の、親戚の家の窓からの風景。

erbachodw12.jpg
(下のお家は、薪にソーラーシステムだよ。 義母が「ドイツではソーラーシステム使っている家って多いのよね」。 スウェーデンでは、全然普及していない。 日照時間のせい?)

緑多い山の中腹にあり、本当に心が洗われるような絶景。 私も、いいなぁ、こんな田舎に住みたいなぁ、と思う。 数日間滞在する限りは。。。 写真を見ている限りは。。。

でも、実際は、ここに住むには、若くて健康で、家族の人数分の車がなきゃ無理だろ、と思う。

狭い急な山道を、車でグングン上がったり下がったりしなくちゃ、どこにも行けないから、大変だよなー。 お年寄りだけだったら暮らしていけないよねぇ?(皆80歳過ぎても運転していますが。) 

それでも、家がびっしり建っていて、行くたびに増えている。 (人口密度の低い国から来た人間には、人の多さに驚きも。)

それに、今回、また車酔いしてしまいました。 ダルムシュタットから義父の故郷に行く道中。 従妹の旦那が早い引きだからと車で仕事帰りに私たちを拾ってくれて、20分位で着くのだろうと思っていたら、道路が工事中で迂回。 1時間くらいかかった。 私には、永遠に着かないのだろうか、と思うほどの道のりであっただった。 気温が30度の暑い日。 昼食はアイスクリームを食べただけ。 ひたすら、くねくね、クネクネ、上がったり、下ったり、クネクネ、くねくね。 もう、グログロのヘロヘロでゲロ。

スウェーデンの義兄家族も、田舎に住んでいて、こちらは平らなので上がったり下がったりはないが、くねくね道で、たまーーーに訪問する事があると、車酔い。 (あそこには、行きたくないからかなー。)

田舎に住みたいと思うが、私には無理だと思うのでした。
関連記事

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク