ダルムシュタット回想記

2012.06.01.
「ダルムシュタットに行ったことある?」と義母に聞いたら、「一度だけ、通りすがりって程度。 でも、60年代初頭だったから、まだ街中いたるところ瓦礫の山だった。 戦後15年経った頃だったから。 ダルムシュタットというと、瓦礫の印象しかないわね」。

戦後15年で、まだ瓦礫の山!? と思った私。

しかし、旅行の前日になって、ようやく夫とちょっとダルムシュタット情報をネットで検索していたときに見たヒンケル塔のサイトで納得。

昔の写真と現在の写真が並べ比べられているが、爆撃街でが跡形もなく破壊されている。 街の規模が大きかっただけに、処理や立て直しに時間がかかったとのこと。 二人とも、しんみり。

そして翌日。 フランクフルト空港からリムジンバスでダルムシュタットへ。 (20分間隔で運行しているうえ、20分程で着く。) バスがダルムシュタット市に入るとき、私たちの目に映ったのは。。。

瓦礫の山!

その瓦礫はビルの取り壊し中のものだったんだけど、二人とも一瞬息を止めて、目がまんまる。 夫を顔を合わせて、「あー、びっくりした」「まだ戦後の瓦礫が残っているのかと思ったね」。

昔々のダルムシュタットは、街が城壁で囲まれいて、その壁の名残が Darmstaditum というモダンなコンペンションセンターに組み込まれていた。 

darmstaditum.jpg

ここの横の道を15分くらい上って行くと、ダルムシュタットのシンボル、マチルダの丘に着く。

mathildenhohe.jpg

しかし、私たちがダルムシュタットに滞在した2日間は、とっても暑くなり、30度を超えた。 炎天下の中、歩くことなどできないー。

それでも、観光名所だから、どーしても行きたいと私が言い張り、トラムとバスで行ったんだけど、行ったからって、どーってことのないものだった。 そして、ひたすら暑く、しかし日陰はなく、私は申し訳なさで後悔。

今回は、ドイツで観光するのが楽しみだったんだけど、やっぱり観光ってお金がかかって疲れるものなんだわ。 しかも、2歳児連れでは、何するって、何する? ここは観光地ではないので、これといったアトラクションもない。 (トラムが走っているのを見て、子供が「でんしゃ、でんしゃ」と喜んでいたのが、最大のアトラクション?)

「だから、ダルムシュタット行ったって何もないって皆が言っていたじゃん」「ダルムシュタットに泊まろうって言い出したのは、そっちじゃん」と、夫婦喧嘩も多くなる。

何したかなー、ダルムシュタットで。 街中を、涼しさを求めてうろうろしたり、ちょっと買い物しようとすると子供が騒ぎ出したり、おいしそうなレストランがあっても、もちろん入れない。 (それでも、アイスクリームとか、パンとか、ソーセージとか、安くておいしいから、いろいろ食べていたかも。 それと、途中にあったアジアショップで「みりん」と「みそ」買った。 こっちより、品揃えが多く安かった。)

結局のところ、早く親戚の家に行って寛ぎたいー、とひたすら思ったのでした。

でも、歩き回ったおかげで地理とか把握できたし、機会があれば、半日位なら、また行ってもいいかな、とも思う。
関連記事

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク