スカンジナビア航空に乗りました

2011.06.05.
最悪だと文句ばっかり言っていたスカンジナビア航空に、数年ぶりに乗りました。 コペンハーゲン~成田の直行便。 

座席は、エコノミークラスでも 2-4-2 で、モニター付き。 小ぢんまりした機体なので、けっこうゆったり感がある面では、乗り心地良し。 それにハイシーズンを避けたので(震災の影響もあるのか)、往復とも空席もけっこうあり、ほとんどの人が一人で2座席使って、その点でも快適に過ごせました。

SASはケチなので、エコノミークラスはウェルカムドリンクと最初の食事のアルコール以外は有料。 でも、これっていいかも。 以前にルフトハンザを利用したとき、イギリス男性のグループがアルコールを随時注文し、どんちゃん騒ぎしてたんだよね。 (東京で開かれる学会に参加すると言っていたが、何の学会だか・・・) そーゆーはた迷惑な輩が出現しなくてよい。

SASの機内食の良いとこ。 カゴに盛られた暖かいパンを数種持って来てくれ、選んで取れる。 しかも、このパンが、なかなかおいしいのです。

コペンハーゲン→成田間で配られたメインの機内食も、味良し。 しかし、量が少なく、すぐにお腹が空いてしまった私。 なのに、途中のスナックを配りに来てくれなかった。 でも、自分で(機体後部に)取りに行くと、くれます。 

用意してあるのは、スウェーデン北部の平たくて白くて柔らかいパンのサンドイッチ。 2種あり、ひとつは Cheese (チーズ)で、もうひとつ renkött とあるのはトナカイ肉のハムです。

でも成田→コペンハーゲン間では、ワゴンでスナックを持って来てくれた。 (勝手に取るように置いておくと、日本のおばあちゃんたちが、わんさか持ってちゃうからだって・・・ って、夫が取りに行ったときアテンダントさんが言っていたそうだ。 それを知らなかったので、配られる前に取りに行かせてしまった私・・・) 日本からの便は、おにぎりのチョイスもあり。

日本からの便は、食事もボリュームがありました。 メインの食事は、暖かいご飯に、スシ付き。 もちろん、パンも配られる。 (ご飯にスシにパンって・・・)

で、到着前に配られたのが、大きなメンチカツバーガー! と、ソバ・・・ 

写真を撮っていないので、びよさんが2010年の1月に食べたときの記事と写真を参考にしてください。 メニュー同じなので。 やっぱりポッキーも付いていました。 (昔はキットカットで、やっぱり蕎麦も出た。)

びよさんもおっしゃるとうり、この不思議なメンチカツ(?)バーガー、温かければおいしく食べられると思いますが、冷えていて脂っこい。 

コペンハーゲン空港の通路で、日本のおば様方が「あれは油っぽかったわね」などと話していられたが、これから異国の地を踏みますって直前に、あんなの食べさせられたら胃にも垂れてテンションも下がりますよねー。 

成田に着く直前に出された朝食は、シリアル(←不味い)にヨーグルト(←美味。 シリアルはヨーグルトに入れて食べるんだけど、入れない方がよいかも)だったから、やっぱり軽く、お腹が空いたままだった私。 帰りは胃も垂れ気味でした。

SASのフライトアテンダントさんたちは、マイペース。 かゆいところには手が届かないけど、フレンドリーかな。

こんなところです。 では、良い空の旅を~!
関連記事

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク
コメント
Faboさんへ
あはは、読めば読むほどテンション下がるレビューって・・・
巨大メンチバーガーも、あんなの出すのSASだけです!?
はい、テンション下がる話だけでなく、他の話題で、テンション上がるか?ですが、これからもご贔屓に(更新少ないですが)!
早々にご返答いただき、ありがとうございました!
スカンジナビア航空のレビュー、英語のサイトだと結構ありました。でも読めば読むほどテンション下がるので、止めました!(笑)
Chakyさんの仰る通り、温かいパンとトナカイ肉を楽しみたいと思います☆ (あ、ひそかに巨大メンチバーガーも楽しみです)
Chakyさんのブログ、他の記事も拝見しました。いろいろ興味深いお話が多かったです。これからもちょこちょこチェックさせていただきますね!Fabo
Faboさんへ
テンション下げてしまって、申し訳ございません(汗)!! 乗ってみたら「全然いいじゃないですか~!」という結果になりましたら、私としても嬉しいです。 もし運悪く、ここに書いてある何かにぶち当たってしまったら、「ああ、やっぱり~」と余裕で対処していただけたら、心を鬼にして(?)悪く書いた甲斐があったということで・・・

スカンジナビア航空の荷物のチェックですが、それほど厳しくないと思いますよ。 私は、難癖つけられたことありません。 形容範囲内でしたら、大丈夫だと思います。 どうか良い、空の旅を~! 帰路は温かくておいしい北欧のパンと、トナカイの肉を堪能してくださいませ!
はじめまして!スカンジナビア航空の評判を検索して、こちらにたどりついた者です。年末にミラノ→コペンハーゲン→成田で帰国予定でチケット購入済みなのですが、Chakyさん記事を拝見してテンション下がりまくってます(泣)フライトの遅延やキャンセルについては「定刻に飛んだらすごいラッキー」位の心構えでいるようにします!
あの、ご面倒でなければ教えていただきたいのですが、スカンジナビア航空の荷物のチェックはどんな感じでしょうか?かなり厳しいですか?機内持ち込みの手荷物の大きさや重量も難癖つけられたりするのでしょうか?なんせ初めてなもので…。ご教授いただけると幸いです。宜しくお願い致します。
naconaさん
留守にしていたためコメントへのご返事遅くなり、ごめんなさい!

ヨーロッパの航空機でも、日本路線はゴハン。 でも、トナカイの肉は北欧らしさがでていていいですね。 マレイシア航空は、日本~オーストラリアで乗ったことがあります! でも、遥か昔のことなので、どんなサービスだったか忘れてしまった(笑)。
お久しぶりです。ヨーロッパの航空機ってパン系が多い気が勝手にしていましたが。トナカイの肉っていうのがまた興味をそそられます。私も今回の日本帰国ではいつもと違う航空会社を!とマレイシア航空を使いました。予想以上に良くて得した気分でした(笑)!
らくだのせなかさんへ
エアインディアの機内食って、やっぱりカレー?
何か起こった場合の非常食、という考えもあるのですね。 私は今回、「薄着の服しか持ってこなかったから、雪山に不時着した場合、防寒できるものがないなー」と思いました。
ルフトハンザは今どき座席にモニター付いていないけれど、サービスと食事の量はいいですよね!
機内食って
SASの機内食、もう少しマトモなのだと思っていましたが、これはなかなか。もしかして、エアインディアといい勝負かもしれないです。(いや、それは言いすぎ?)
私、飛行機に乗るときには、必ずナッツ類やシリアルバーなどをポケットに忍ばせます。万が一、何か起こった場合にも、非常食になるかなと思って・・・。エアインディアでは、それらのスナック類を夫に食べられて、二人でひもじい思いをしました。
こうやって考えると、ルフトハンザ、まだまだ太っ腹ですね。
やっぱり、次回の里帰りも、ルフトハンザにしよう。
sarahoctavianさんへ
出発前でお忙しいときに、わざわざコメントありがとうございます。
お戻りになってからの道中記、楽しみにしております~!
Chakyさん、ダンケ。明日の出発前にポジティヴな情報を有難く読ませていただきました!空いてるってのが何よりだわね。さて、果たして私達の飛行機はどうかしら。。。(期待)。2週間の滞在ですが、戻ってきたら私もSAS道中記?を報告しますねっ!

管理者にだけ表示を許可する