出発前から・・・

2011.05.08.
日が延び、気温も上昇。 慌てて冬服を仕舞い夏服を出し切ったところで、また気温が下がるというのは、分かりきったパターンなのに・・・ 霜で外の芝生が白くなっていた朝、ちょっと熱出して寝込こむ。 

ううっ、バタバタしているときにかぎって・・・ これも、ありがちなパターン。

そんな最中に、また要らぬ手間と時間をかけさせることが続くんだな。

スカンジナビア航空は避けたい航空会社だが、ここから成田への直行便というとSASしかなく、普段は高めの直行便がけっこう格安だったから、幼児連れにはありがたい。 と、一応喜んでいたのだが、やっぱりダメだ、スカンジナビア航空。

1週間前に、ベビーフードの手配をしてもらおうと(スウェーデンの)SASサービスセンターに電話したら、このチケットNo.やリコンファームNo.ではなく、レファレンスNo.が必要だという。 

しかし、その代理店にメールで問い合わせても、SASでは受け付けてくれなかった番号を教えてくるし、電話は繫がらないし。

もう時間がないので、再びSASに電話。 もしかしたら異なる回答が得られるかも、と今回は私が英語で問い合わせてみる。

テロップの「英語の方は5を押してください」「エコノミーの方は1を押してください」という英語の指示に進むと、流れてきたのは、いきなりフィンランド語とスウェーデン語!

「ただいま回線がふさがっているので、オペレーターに繫がるまで25分かかります」という内容なんだけど、英語の回線を選んだのに、なんで英語じゃないのだ!

かけなおしても、やはり同じ。

そして、出てきたオペレーターも、おもいっきりスウェーデン語。

最初に思わせぶりに選択肢のあるメニューを提示しておいて、実は内容は1種類しかない。 ああ、そういう国よ、スウェーデンは。

そして、客に対する態度がなっていないオペレーター曰く、私たちがチケットを取った格安航空券サイトとSASのシステムは違うから、SASのコンピューターでは手配できない、代理店の方に要請しろ、だと。

もう時間がないから、ベビーフードは無理か・・・

いや、落ち度はSASではなく、私にあるのです。 「ベビーフードが必要な方は24時間前までに・・・」という言葉を鵜呑みにし、余裕を持って1週間前に問い合わせた私がダメなんですよね。 

ことが迅速に進むわけないんだから、さ。
関連記事

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク