義父さん、お疲れ様

2011.04.16.
今日は義父の誕生日。 ドイツの故郷に行って祝っている。 今日で義父は65歳。 そして、この3月で定年退職をした。

16歳のとき出会った4つ年上のスウェーデン女性と一緒になるため、19歳で単身スウェーデンにやって来た義父。 (国境を越えての恋愛という点では私も同じなのですが・・・)

当時は好景気の労働者不足だったため、着いて3日後には仕事に就いた。 でも、雑誌や新聞を束ねる肉体労働だったので、ドイツでしていた事務の仕事に就きたいとスウェーデン語も猛勉強。 (ここが私と違うところです。)

ドイツ語を生かした職を得、社長に気に入られ、仕事はバリバリこなし、子供も生まれ、海辺に大きな家を建て、全てが順調なスウェーデンでの生活。

しかし、社長が病で倒れたことから義父の生活は急転。 長年勤め、築き上げてきた会社は大手会社に吸収され、義父は新しい職場のやり方と合わず辞職。 不景気と年齢がネックとなり、再就職はままならず。

大きな家は手放し、愛しのカワサキ(バイク)も手放し、ごみ収集の仕事をしたり、単身赴任でエストニアのプロジェクトに携わったり、再び語学と経験を生かした職に就くまで、7年近く失業(定職のない)状態だったとか。

それからは順風な仕事生活だったようだが(カワサキも再び購入し、乗り回している)、10代の終わりにスウェーデンに来てから、家族のために異国で一生懸命働いてきた義父。 きっぱり定年で退職し、愛する妻と一緒にいる時間を大切にしたいと言う。 (でも、妻の側からすると、どうなんでしょうね!?)

頑固で几帳面で気難しいドイツ人気質の義父は、付き合いにくい面もあるけれど、私にとっては外国人同士という絆も大きい存在。

健康上では心配なこともあるけれど、新たな孫のためにも、いつまでも元気でいて欲しいな!
関連記事

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク