地震

2011.03.14.
日本で地震が起こったことを知ったのは、いつもチェックしている日本在住の方のブログ。 慌ててネットのニュースサイトを確認。 スウェーデンのサイトもチェックすると、やはり大きなトップニュース扱いとなっている。

首都圏でも被害があるようなので、友人、知人にネットを介して連絡してみると、すぐに連絡が取れた人たちも。 大きな被害は東北のようだが、関東でも相当怖い思いをしたんだ。

地震を知るきっかけとなったブロガーさんからは、奇しくも時を同じくしてメールをいただいた。 私の日本の家族を心配してくれている。 今電話がつながり難い状態だけど、大丈夫なことと存じます、と。 まぁ、私も横浜の実家は大丈夫だろうと思ってメールだけ送っておいたが、やっぱり心配になってきて、迷った末に電話してみた。 予想に反してすぐつながり、すぐ父が出て、無事を確認。 二言三言で電話を切ろうとしたら、必要もないのに母に代るから、どーでもいいことまで話し始めてるじゃない・・・ 非常時に無駄話はやめましょう。

夫のスウェーデンやドイツの親族や友人からも、私の日本の家族を心配し連絡をくれ、日本へのお見舞いの言葉をいただいた。

インターネットのおかげで、瞬時に日本の情報が手に入り、個人的に連絡とれるのは、ありがたい。

でも、最初に懸念したように、時が経つにつれ、被害状況が把握されるにつれ、痛ましい現実が目の当たりになるのは、本当にやりきれない。 日本に居たからとて何かできるわけではないが、遠く外国にいることを悲しく思ったりもする。
関連記事

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク