夏至祭 Midsommar

2006.06.27.
今日、スウェーデンで夏至祭を祝うとなると、ディルで茹でた新じゃがと、シル(sill ニシンの酢漬け)を食べ、後はひたすらヴォトカを飲み、明け方まで大騒ぎして酔い潰れる。

もともと夏至祭(midsommardagen)は、6月24日と決まっていました。 通常祝うのは、その前日(midsommarafton)。 しかし今は、6月20日~26日の間の土曜日、となっています。

というのも、酔い潰れたスウェーデン人は、翌日会社に行かない、行けない。 困った政府が、夏至祭を土曜にすれば、翌日休みなので問題ないと、50年代に法律を変更したのだとか。

mids06.jpg

それ以外で夏至祭のシンボルと言えば、こちらメイポール(midsommarstången)です。 古くからスカンジナヴィアに存在する、もともとは多産や繁殖のシンボル。 このポールの周りで、人々はダンスをしたりゲームをしたりし、夏の日を祝います。 地域ごと、または各種団体などがこのポールを用意し、イベントを行うようです。 私達が毎年(天気が良ければ)訪れるのは、夫の家族が以前所属していた、フォークダンスグループ主催のもの。 ここでは、伝統的な夏至祭を味わうことができます。
関連記事

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク
コメント

管理者にだけ表示を許可する