つららの作り方と活用法

2011.01.05.
年が明けていました。 

外は相変わらず雪景色。

そして、軒下には、巨大つらら。

istappar1.jpg

長いものだと2m以上。 

子供の頃よく読んでいた図解本に、雪国(東北)の子供達が大きなツララを手に持って舐めている写真がありました。 「つららのアイスキャンディー」というキャプションが付いていて、私はそれがおいしそうで、羨ましくてたまらなかった。 関東に住んでいたので、ツララができたとしても小指くらいの大きさ位のしか見たことがなく、ツララは私にとって憧れだったのよね~。

ツララを見上げながら、そんな子供の頃の想いを夫に話したら、「これで夢が叶うね!」とツララを折ってくれた。 (夫は子供の頃、冬になるとつららのアイスキャンディーを思う存分舐めていたそう。 さすが北国。 珍しいもんじゃないのね。)

心に強く願ったことは必ず叶う。 いつか、忘れた頃に、でも必ず叶うもの。 と、語ってくれた教師がいました。 それは本当だな、と人生の節々で思うことがあります。

こんな風に、念願のつららのアイスキャンディーを口にしながら、しみじみ思います。 (他愛ない願いが多いことも、つくづく。。。)

妻の長年の願いが叶ったことに感動した夫は、その晩こんな夢を見ました。

「もっと大きなツララを作ってあげよう。 ほらっ!」

まず、閉じたままの長傘の中に水を入れます。 一晩、氷点下の外に立てかけておきます。 翌朝、傘を広げると、ほらっ! ツララができてる・・・!?
(現実に・・・できるかなっ!?)

istappar2.jpg

断水で水が出なくなったときは、ツララを鍋で沸かし、お茶を入れました。

こんなバカ夫婦プラス1(←ばか両親の元に生まれた可哀想な子)ですが、本年もよろしくお願いします!

しかも、この新年初エントリー、書きかけのままアップし、放置してました。 
関連記事

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク
コメント
エミリアさんへ
2mって・・・ 普通の人の身長越えています(笑) 軒下から窓の高さを越え、階下に突き抜けていっている・・・ 
『南極料理人』、DVDをいただいていながら、まだ観ていない! エミリアさんのコメント拝読し、早く観たいぞと思いつつ、なかなか映画一本観れるまとまった時間が取りにくいのが現状なのですが。 氷があれば水は無限! 確かに乾きは凌げる、お茶も飲める。
“氷河の囁き”、椎名誠氏らしいですね。 氷に閉じ込められた何万年もの空気って、ロマンです。
こちらこそ、本年もよろしくお願いいたします!
2mって…
私の身長を超えてます。氷といえば最近観た『南極料理人』に、観測基地の外に広がる雪(氷?)の大地にピンクのシロップを直接かけて食べるシーンや、飲み水が底をつきかけると氷を切りとってきては鍋で沸かして、「これなら水は無限だぁ」と言いながら飲むシーンがありました(^^) アンデス山脈の氷河の氷塊には、何万年も前の空気が閉じ込められている。だからそれをウィスキーに浮かべると、“氷河の囁き”が聞こえるかも?なんてことが椎名誠のエッセイに書かれていました。氷には神秘的&ロマンチックなイメージがありますね。今年もどうぞよろしく。
ぶくさんへ
はじめまして! コメントありがとうございます。

ツララ狩り・・・ でもツララロックって、それこそロマンチックで情緒がありますね。
うちのツララで入れた紅茶は、あれっ普段のよりもおいし~!と感動した私の横で、夫曰く「安い紅茶ほど不純物の多い水で入れるとおいしく出るんだって」。
らくだのせなかさんへ
本人は自分が見た夢思い出したとき「すっごいバカ~」と頭抱え込んでいました。 (ロマンチックというより、能天気・・・)
らくだのせなかさんは、ご幼少の頃に体験済みなのね、つららのアイスキャンディー! 大人からすれば不潔で子供の口に入れたくないものですが、食べたくなりますよね! 
こちらも気温が0度をちょっと越したので、つららも雪も溶け始めていますが、そうプチ洪水が心配。 でも、また降って積もるんじゃないかな・・・
はじめまして。アリスさん経由で時々覗かせていただいています。
私もスウェーデン在です。
ツララの記事にちょっとコメントを入れたいなあと思いまして初めてお邪魔します。

さて、つらら、日本にいた頃職場の人とスキーへ行き、酒盛りの途中氷が切れて、じゃんけんで負けた2人でツララハンティングへ出たことがあります。
ツララを溶かしたお酒はなんだか埃っぽい味がしました。
スウェーデンのは充分美味しいのですね。いつか焼酎ツララロックで飲んでみようと思います。
ロマンチック
ご主人の夢、すごく、ロマンチックな夢です。
実際には、傘が水の重みで破れるとか、開けるときに骨の部分が折れるとか、何か起こるんでしょうが・・・。

つららってね、子供の頃に家族でスキーに行ったときに、アイスキャンディーのように食べたんですよ。母には、「不潔だ」と叱られましたが・・・。
こちらは、急に暖かくなり(って5度以下ですが)、雨も振ったので、積もっていた雪が溶けて、あちこちでプチ洪水が起こっています。丘の上のオアシス村は、安泰ですが・・・。
そちらは、いかがですか??
りんだちゃんへ
つららって、ささいなモノなのに、静かに美しく、感動しますよね。

でもっ、凶器にもなるのよっ!
この2mはある先が尖ったものが、高いところから猛スピードで落ちてごらんなさい。 下に人がいて直撃したら、穴が開くこと間違いなし。

このケーキは今が旬の、デンマークでは Fastelavnsbolle と呼ばれるもの。 デンマーク版の方が豪華でおいしいから、食べに行きたいなぁ。 近々1歳になるあばれはっちゃくが大人しくしていてくれれば・・・

小さな幸せで我慢しなさい、と教えられる親になりたいです。
うわん
なんか感動しちゃいました。
つららで・・・
つららなのに・・・。:゚(。ノω\。)゚・。

でも、夢とか幸せの原点って、
そういうささやかなモノですよね。
時には形すらないような。

プロフィール画像も
なんか幸せに美味しそうなモノ
頬張ってるイラストに変わったんですね。

確か、デンではそんな感じのケーキを
誕生日に食したような・・。

Σ(´・Д・`●)ハッ!!!
も、もしや、そろそろお子様、一歳なのでは
ないですか?

小さな幸せの大切さを、教えてあげられる
お父さん、お母さんは、間違いなく
最高のお父さん、お母さんだと
名古屋のアホゥは思います(^-^)♪
sarahoctavianさんへ
おバカ二人に温かいコメントを(上手くフォローしていただき)ありがとうございます。
昨年はお世話になりました。 こちらこそ、本年もよろしくお願いいたします!
つららに浪漫を感じる可愛いご夫婦のエピソードに心温まりました。遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます!今年もどうぞよろしくね。

管理者にだけ表示を許可する