ドイツの迷信? 琥珀の首飾り

2010.10.31.
ドイツを去る日、夫の従妹からうちの子にいただいたプレゼント。 琥珀の首飾り。 「ドイツでは、良い歯が生えるように、赤ちゃんは琥珀を身に付けるの」と。 一歳半になる従妹の子供も、琥珀の首飾りを付けていた。

へぇ~、知らなかったー。 と思ったのは、「そんな迷信がドイツにはあったのか」と「この従妹は実際的な性格のはずだが、そんなスピリチャルなものを真に受けるような人間でもあったのかー」という二重の意味で。

しかし、スウェーデンに戻り、ドイツで購入した育児雑誌を捲っていると、通販のページに赤ちゃん用琥珀の首飾りが載っているではないか! 本当なんだー、とびっくり。

brenstein.jpg

確かに、「琥珀は身体と調和し、特に琥珀に含まれる脂が肌を通して作用し、良い歯を作る」とか書いてある。 装飾用にワックスなどを塗り加工されたものでなく、自然にできた琥珀を、肌に傷つけないようなめらかに磨いたものでないと効果はないそう。 うーん、パワーストーンの類か。 

「スウェーデンではこのようなものは眉唾物扱いだけど、ドイツでは一般的に受け入れられる土壌があるみたい」と、夫は言う。 ふーん、意外。

そう言われれば、スウェーデン人の義母は、このようなことにはまったく興味なし。 でも、ドイツ人の義父は、20代の頃からラッキーチャームだというネックレスを身に付けているなぁ。 

従妹は「でも、強く願って信じなければ効果はないのよ」とも言っていた。

信じて身に付けるのに異議はないが、付けたり外したりが面倒だなーと思うズボラな母親。 でも、せっかくの贈り物なので、良い歯が生えるよう付けてみた。 一ヶ月も経ってから・・・(笑)
関連記事

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク