ドイツで風邪ひいた

2010.10.07.
「昨日までは27度だったけど、これから17度に下がるそうよ。 あなた達が来る週末は冬並みの寒さになるって!」とドイツの親戚から電話。 17度なら暖かいと、余裕で服を選別しスーツケースに詰め込んだのだが・・・

出発の前日に滞在先であるドイツの某地方の天気を調べると、気温が10度になっている! しかも週間予報では私たちの滞在期間中、ずっーと雨。 もうスーツケースを開ける気力はなかったので、慌てて少し厚めのジャケットを持つことに。

子供にとっては初めての飛行機。 フランクフルト空港には親戚が迎えに来てくれ、全てスムーズ。 しかし、やっぱり寒くて(10度で)雨が降っていた。 そして、なにより寒かったのは、泊まらせていただいたM伯母さん(次女)夫妻のお家。 暖房は入れているのだが、部屋ごとなので、廊下に出たり、他の部屋に移動したりすると、寒い。 (日本の家並みの寒さだ。 スウェーデンの、どこに行ってもセントラルヒーティングで暖かい家に慣れると、家の中が寒いのは、文字通り身に沁みる~。) しかし、服とかパジャマとか、荷物になるからと薄着しか持って来なかった。

翌朝(滞在2日目)、既に咽の調子がおかしい夫。 午前中にお墓参りに行き、お茶の時間にE伯母さん(長女)、その後K叔母さん(四女)の御宅に。

この日、E伯母さんの住む街の通りでは蚤の市が開かれていて、道路側の窓から道行く人を眺めながらお茶をいただいていると、夫が「あの人、君と同じH&Mの冬用コート着ている」。 (どこにい行ってもIKEAやH&Mの製品がボーダレスに氾濫しているということは、おいといて)本当だ、みんな、冬の装いだ! 

10tyskland2.jpg
ここの御宅は、以前雑貨屋を営んでいた店の部分を客間に改造したので、窓の外はお店が立ち並ぶメインストリート。

滞在3日目の朝、私の咽の調子もおかしくなった。 夫はすぐ風邪をひくが、私に伝染ることなく、スウェーデンでは風邪知らずだったのに、ドイツに来て、何年ぶりかに風邪をひくとは。 この日は、午前中にEM伯母さん(三女・故人)の彼氏(85歳)の御宅に、午後には従妹の新築の自宅訪問。

そして、この日の夜中、子供が突然激しく泣き出す。 ようやく寝付いても、すぐに目を覚まし泣く。 今まで夜鳴きなんてしたことなかったのに、どうしたんだろう。 もしや、私たちの風邪がうつってしまったのでは・・・

ほとんど眠れず、朝になり、くしゃんとクシャミした子供の鼻からびよーんと鼻水。 鼻水! 我が子が鼻水たらしているのを初めて見た! ああ、こりゃ本当に本格的に風邪ひいてしまった。 初めて風邪ひいてしまった。 しかも、ドイツ行く前に風邪ひいたら大変だからと、他の子と遊ばせないようにしたり、外出を控えたりして予防していたのに、よりによってドイツで風邪ひかせてしまった。 私の風邪も悪化。

滞在4日目と5日目は、親戚づきあいとは離れ、中世の面影が残る街中を散策したり、買い物したり、私のお楽しみの時間!のはずだったのに・・・ そのために旅行用のバギーも購入し、従妹からチャイルドシートを借り、伯父さんは車で好きなところに連れて行ってくれると言ってくれ、準備も万端だったのに・・・

この2日間、私はまったく外に出ず、子供と一緒に家の中。

10tyskland3.jpg
恨めしく窓の外を眺めるばかり・・・

滞在6日目の朝、スウェーデンに帰るため、2日ぶりに外の空気を吸ったのであった。

もちろん、私たちがスウェーデンに戻った後、気温は再び23度まで上がったそうだ。
関連記事

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
らくだのせなかさんへ
くくっ、今日は半そでですと~。
ううっ、なんだったんでしょう、あのときの寒さ(泣)。
(らくだのせなかさんたち、暑い国からの帰国のため、寒さも倍増ですよね。)
私どもも、涙の帰国になってしまいました。

昔の家だから、お湯も使う前に暖め溜めて置かないといけないので、お風呂入るのも大変。
寒かったですよね
お帰りなさ~い。
大変な旅行になってしまいましたね。

確かに、ドイツはあの頃、寒かったですね。
私たちも、インドから帰ってきて、凍えましたもの~。
今日は暖かくて、夫は散歩中に半そで着ていたくらいです。

昔ながらの家屋は、寒そうですね。
最近の家は、断熱壁が使われるので、家全体が冷えない構造になっているそうですが・・・。
Gunvaldさんへ
少しお喋りができるようになると、今度は「うるさいなぁ」とか思うのかも知れませんが(笑)。

昔店舗だったところが、アパートの部屋やホテルになることもありますものね。 すると、こんな風景が眺められるわけですが・・・ なんだか不思議な気分になりませんか? 
りんだちゃんへ
りんだちゃんも旅先で大変なことがあったかと思いますが(・・・)、とことんツイていない今回の旅行でした! (私の場合、ブログのねたにもならないわ。)
お子ちゃまの方はもう元気ですが、親の方がいまいち完治していない。 やっぱ若いもんは元気ね。 トシには勝てないなぁ。
家にもよると思うけど、北欧の暖房設備は、抜かりがないよねぇ。
日本は、やっと残暑が終わった感じなのかな?
Mevさんへ
ありがとうございます。 本当、旅先での風邪は辛いです。 帰ってきてから、届いていたスウェーデンの育児雑誌を読むと「初めての風邪!」という特集があり、風邪の予防として行くのを避けたい場所の一等に、「空港」があげられていました・・・ 世界中から大勢の人が集まる場所ですものね。 人口密度が低く清潔なスウェーデンにはないバクテリアがうようよ。 でも、おっしゃるとおり、風邪はひかなきゃ免疫ができないんですものね。 子供は風邪の子で元気な子になるのでしょう!
aryさんへ
ありがとうございます。 ちょっとまだグズグズしてます。
久々のクーラーの風って危ないですよね! 暑いのも辛いけど、クーラーの風も苦手だなぁ。
日本のH&M、まだ混んでいるんだー。 でも、そっちにもH&Mあるんじゃないの? ないのかな!?
マルメで泊まったホテル
少しお喋りができて「ここが痛い、あそこが痒い。」とか訴えられるようになるまでチョットしたことでも心配ですね。

以前にも書いたマルメで泊まったホテルがまさにこんな感じの部屋でした。夜に到着したときは気付かなかったのですが、朝になって妙に大きなカーテンを開くと窓の向こうは直ぐに路面。やたらとだだっ広い、ドアから入ると2段位の段差で下がる変な造りの部屋だとは思ったのですが、何かの店舗だったと思うと納得できました。
Chakyさん・・・ツいてないですね。。。。
お子ちゃま、もう大丈夫ですか?
H&Mはボーダレスなのに、
あの北欧のセントラルヒーティングは
違うんだ・・・(`艸´;)
勝手に頭の中でヨーロッパの寒い地域はみんなそうなのかと。
(←しかもロシアは勝手に除く)

要は、日本の冬みたいな・・?
日本は猛暑の影響で紅葉もまだまだですよ。
お大事に
旅先で体調悪いと辛いですよね。 飛行機の中は風邪が最もうつりやすい環境だそうですし、気温の差も子どもにとってはきついですもんね。 きっと今度行くときは今回ひいた風邪の免疫できているでしょう。そうやってひとつひとつ丈夫になります。がんばってください!
お大事に
風邪、大丈夫ですか?
旅行中、私も久々のクーラーの風を浴びて、
危うく風邪を引きそうになりました。
日本のH&M、凄く混んでましたよ。
人だらけで嫌になって、すぐに出てきてしまったので
あんまり見られなかったし、何も買えなかったよ。

管理者にだけ表示を許可する