一般家庭のゲイディナー in コペンハーゲン

2010.08.22.
コペンハーゲンガイド日本語版を捲っていたら「観光」のページに、「ホームディナー」という項目があった。 デンマークの家庭でデンマーク料理とヒュゲを体験することができる企画。 一般の観光とは違って、面白いかもー。 詳細とオンライン予約はこちらから(英語)→ Dine With The Danes

夫に「これって、この前私たちが体験したことだねぇ」と言いながら読み進めると、その下には、「ゲイのあなたにコペンハーゲンのゲイのホストファミリー宅でのディナーをご紹介」とあった。 「ゲイカルチャーとヒュゲの精神を一般家庭で体験」だって。 詳細とオンライン予約はこちら(英語)→ Meet Gay Copenhagen

夫「僕達の場合、こっちだったねぇ」。

そう、先日コペンハーゲンでディナー朝食をご馳走になった友人たちは女性同士のカップル。

友人は柔らかなフェミニスト。 初めてお会いしたその恋人は、裕福な家庭出身のお嬢様で、陶器のような白い肌に美しいブロンドの髪と澄んだ青い瞳の整った顔立ちをし、アパートの6階を何度も駆けながら往復できる巨漢にサバサバした性格。 まさにヴァインキングの末裔を思わせてくれる方でした。
関連記事

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク