Godis スウェーデンが世界一の消費率だと

2010.04.08.
イースターに我が家にやって来た義父母。 夫と私に、うさぎチョコと p�skgodis(復活祭のキャンディ)が詰ったバスケットを持って来てくれました。 いつもは実家に行くと用意しておいてくれるものだけど、ちょっと恥ずかしいー。 こっちは立派な中年で、ついにぴよっ子まで誕生したのに。 義母にとって私たちは、いつまでも、こういうものを喜ぶ子供なのね。

godies1.jpg

ところで、この godis (グゥーディス)とは・・・ 飴、チョコ、グミ系菓子の総称。 外国のスーパーやキャンディショップで、プラスチックの箱の中に入って量り売りされている、毒々しい色合いの不健康そうなお菓子のことですね。 スウェーデン人は、これが大好きで、なんでも世界で一番の消費率なんだとか。 (冷凍食品の消費率も高いし、やっぱり食に関しては悲しいまで意識の低い国・・・)

で、バスケットの中には、どんな godis があったかというと、
godies2.jpg

必ず入っている黒いのは lakrits (ラクリッツ)、liquorice リコリスです。 りんだちゃん曰く「タイヤが焦げたような味」(だっけ?)。 リコリス菓子には当たりハズレがあって、なかには問題なく食べれるのも。 しかし、しょっぱくてアンモニアのような匂いがし、舌が痺れるような味なのは口に入れて後悔。

godies3.jpg

この女性のシンボルのような形をしたグミ菓子、子供が指にはめてしゃぶる形らしい。 ファション・デザインの分野で博士号を取り世界中を飛び回っている夫の友人、彼も godis が大好き。 久しぶりにスウェーデンで会うと、スラリとした長身にファッショナブルな服を着こなし、片手には godis の袋、このおしゃぶり型のグミをちゅぱちゅぱ食べている。 スウェーデン人は皆、大人になっても嬉々として godis を買って食べている。

子供にはあげたくないよなぁ、godis。 でも、スーパーに行くと必ず一面 godis の棚があるから、どう拒否すればいいのやら。 夫の子供の頃はどうだったか聞いてみたら、「ポテトチップスなどのスナック菓子の方が好きだったから、甘い godis には興味なかった」。 

そうか、彼の味覚はスウェーデン人ではなく、辛党の義父似だった。 つまり、義母はいつも私のために用意してくれるのですね。

私、自分では絶対に買わないけれど、いただけばパクパク食べる。 私のカゴの godis があっという間になくなっていたので、驚いていた夫・・・ スウェーデン人ことをとやかく言えないのであった。
関連記事

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク