木曜日は豆のスープ

2009.11.12.
スウェーデンでは、木曜日はエンドウ豆スープ (ärtsoppa) の日と、昔から決まっています。

何故か・・・は、定かでありませんが。 どうやら、安くて簡単な食べ物だから、1週間に1回はエンドウ豆スープにしておこう、ということらしい。 軍隊での食事も、木曜日は豆スープ。 レストランでも、木曜日には豆スープ出します。

スウェーデン風、木曜日のえんどう豆スープ (ärtsoppa) のレシピは簡単です。 (スウェーデン人はボルシチのように凝った面倒なものは作らない。)

artersoppa1.jpg

材料は:
乾燥した黄色いエンドウ豆 gula ärter  1/2 kg 一晩水につけておく
(英語でいう pease)
水 2リットル
塩 小さじ2杯 (あるいは好みで調節)
玉ねぎ 1個
乾燥タイム 小さじ1と1/2

作り方は:
大きな鍋に、一晩水につけておいたエンドウ豆と水2リットル、皮をむいた玉ねぎ丸ごと1個、塩、タイムを入れ、ぐつぐつ2時間煮るだけ。

玉ねぎは、食べる前にすくい出し捨てます。 味付けは塩と玉ねぎとタイムだけなんだけど、とってもシンプルでおいしい~。 レシピによってはブイヨンをちょっと入れる場合もあるけど、必要なし。

artersoppa2.jpg

最初に義母から教えてもらったレシピは、塩が小さじ4杯で、燻製豚肉の塊を入れて煮込むというものでしたが・・・ しょっぱすぎ!! それで、うちは減塩し、豚肉の燻製もなし。 でも肉がなくて寂しい場合は、食べる直前に鍋にソーセージなどを入、れさっと温め一緒にいただくとボリュームと味がでます。

でも実際は、現在スウェーデンの家庭でこの豆スープを作ったり食べたりする人は少ないみたい。 

しかし、もちろんスウェーデン人が大好きなインスタント食品に、このえんどう豆スープもあります。 缶や瓶、ビニールに入った、温めるだけで食べられる豆スープは、どうみてもおいしそうじゃないけど。

この前の木曜日、スーパーのレジの前に並んでいた中年女性のカゴには、このインスタントの豆スープが入っていた。 やっぱり、作らないけど今日は ärtsoppa を食べたい日なのかな。
関連記事

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク
コメント
Gunvaldさんへ
稲川淳二の話は、もちろん最後まで聴いたことはございません。 途中で、いや、彼が出てきたとたん、逃げ出します。
それにしても、これは、Gunvaldさんの創作だったのですね!?
ドイツで金曜日に魚料理を食べるのはキリスト教徒としての習慣ですが、スウェーデンで木曜に豆スープを食べるように、海上自衛隊では金曜日にカレーを食べるとは、知りませんでした! そこにインド人、カシミールと出てきて、とても深ーいお話。 (しかも、懐かしい~映像まで・・・)
それにつけても、カシミールカレーが食べたくなりました。
Toruさんへ
素敵なブログのご紹介、ありがとうございます。
早速訪問させていただきました!
ちょっとがっかり
えー!怖い話はダメなんですか?じゃあ、稲川淳二の話も聴いたことはないんですね。なーんだ、せっかくそれらしく作ったのに。
確かドイツには金曜日に魚料理を食べる習慣がある(あった?)といううろ覚えの知識を基に、戦前の伯林で知り合った帝国海軍武官とドイツ人妻という設定にして後で出てくるインド人は当時日本に亡命して中村屋に居候していた独立運動家ビハリ・ボースをモデルにした話を妄想していたのですが、金曜日にカレーを食べるのは海上自衛隊の習慣だと知って急遽設定を変更したフィクションです。
「如何にも稲川淳二が話しそうな」お話というコンセプトでデッチあげたもので、この先は細かく考えていなかったのですが・・・

その13日の金曜日にいつものように夕刻から激しい喧嘩が始まったそうですよ。周りのウチでは「あー、また始まったなー。」ってなもんで別段気にも留めなかったそうですが、唯一人隣に来たインドの軍人さん、この人はラジャさんというお名前の大尉なんですけれど、このラジャさんだけは子供の頃バンガロールの露天で買った海賊版のカセットテープで聞き覚えた日本の歌を口ずさみながらAさんの家に行ったんだそうですよ。
http://www.youtube.com/watch?v=Slz353YOFJI
Aさん夫婦から喧嘩の理由を聞いたラジャさんはラジャさんのお母さんお得意の魚を使ったカレー料理を奥さんに教えてその日の晩御飯は3人で楽しく食べたんですね。でもって、この話はあっという間に近所中に広まったんだそうですよ。何てったってあれだけ激しい喧嘩がピタッと治まって笑い声すら聞こえてきたんですから。おまけに官舎ですからねー、ご近所だけでなく月曜日にはAさんやラジャさんの職場にまでこの話は知られていたんだそうですよ。
それから2週間位してラジャさんも研修に慣れた頃に職場での飲み会が開かれましてね、お国柄の違いによるラジャさんの日常での小さな失敗話とかで一通り盛り上がったわけですよ。で、そんなこんなで飲み会もお開きになろうとした頃にある一人の自衛官の同僚がAさん夫婦のことを話題に出したんだそうです。ラジャさんに「アレ程激しい喧嘩はインドでもめったにないでしょうから驚いたでしょう?」と尋ねたところ、ラジャ大尉はこう答えたそうですよ。

「日本の”カシミール”ニ引ッ越シテキテシマッタト思ッタヨ。」
お後がよろしいようで。
あっ、日本の方ですね。
私もスウェーデンに住んでいす。
http://toruinsweden.blogspot.com/
見てみてください。徹
Gunvaldさんへ
ええっ~、なんですか、Gunvaldさん。 13日の金曜日に「稲川淳二調」だなんて。 私、ダメなんですよ~、怖いの。 もうこっちは日暮れが早く、夕方5時前には夜中のごとく真っ暗になっちゃうんですから、怖がらせないでくださ~い。 
夫が「日本の映画、借りてきたよ~」と持ってきたのが『リング』だったことがあり、私は「いやだ、いやだ、絶対見ない!」と一人で蒲団かぶって耳塞いでいたくらいです。 本当は明るい曲たって、ダメです。
ところで、このお話の続きは? あ、いや、しなくてもいいです!
sueさんへ
> よく考えれば、スープに豆がを入れることがあんまりないかもです。
よく考えれば、みそ汁の味噌は大豆。 日本の豆スープ!になる・・・のかな? 欧州や中東では豆を煮込んだスープが多いですが、濃厚な舌触りでおいしいですよ♪
しかし、何故木曜なのか・・・ 緑色のお菓子に引き続き、気になりますね(笑)!
sarahoctavianさんへ
ドイツで緑色のエンドウ豆のスープを食べたことがあります。 イースター時の滞在だったから、聖木曜日の習慣だったかな!? 今、初めて知りました! スウェーデンでは聖木曜日に緑色のものを食べる習慣はないと思いますよ。 カトリックとプロテスタントの違いでもあるかも。 スウェーデンのエンドウ豆のスープは熟れた黄色を使うので、緑のスープも、見たことないんです。 緑色は、梨の色なので(笑)。
私もひよこ豆大好きです! でも、ひよこ豆は中東の豆で、スウェーデンでは栽培されていなかったのですよ。 スウェーデンはあくまで(?)で、黄色いエンドウ豆。 日本は大豆、ですよね。 大豆って、形を変え、品を変え、いろいろな食品に変化できるからスゴイ。
めたるさんへ
ああ、枝豆食べたい! こっちに枝豆ってないです。 大豆が育たない。 
日本では反対に、エンドウ豆ってあまり食べまんね。 ミックスベジタブルとかピラフとかに入ってるグリンピースぐらいか?
rukoさんへ
さすが、rukoさん! はい、この豆スープは本来パンケーキとプンチと一緒にいただくもので、レストランでは、きちんとこの3点セットで出されるとか。 
ご自分で作られると塩加減ができ、おいしくできますよ! ヨートン(ユットロン)は北でしか採れない貴重なベリーなんですよね。 買うと、他のベリーの倍の値段。 南では、おいしいヨートンジャムは、なかなか手に入りにくいです。
こんな話を聞かせてもらいましたよ(稲川淳二調で)
あるところにとても仲の良いご夫婦がいたんですねぇ、奥さんはドイツの方なんですけどもね。仮にAさん夫婦ということにしましょうか。2人は旦那さんが自衛隊の武官として務めていたベルリンで知り合ったんです。旦那さんの方の駐在期間が過ぎて日本に帰ってくると、それを追って奥さんが来日して結婚したというヒジョーに熱い恋愛を経たご夫婦だったんですよ。
ところがこの仲の良いご夫婦、なぜか週に一回金曜日になると大喧嘩をするんです。旦那さんが海上勤務の時は奥さん一人ですから別にどーってこと無いんですが、艦(フネ)が寄航して旦那さんが帰ってきているときは必ずなんです。まぁー「夫婦喧嘩は犬も喰わない」といいますから周りも最初のうちは気にしてなかったんですが、普段の仲の良さからは想像のつかないあまりにも激しい喧嘩。それも決まって金曜日の夕刻なんでご近所の人が仲裁にかこつけてそもそもの理由は何だと訊ねたんです。
そしたら喧嘩の原因というのは、なーんてことはない夕食のメニューをカレーにするか魚料理にするかってことだということが分かったんです。ご近所の人も呆れてね、まあ仲の良い証拠だなんて言ってそれからは放っておいたそうですよ。

でね、ある時2人の住んでいる官舎の隣、そこはそれまで空いていたんですけどね、そこにインド海軍から交換研修生ってゆうんでしょうか?インドの方が暫くの間住むことになったんだそうですよ。
そのインドの方が住むようになって数日経ったある金曜日、その日は13日だったそうですが・・・
http://www.youtube.com/watch?v=Al--tAUBMkI
えんどう豆のスープ食べたことないです^^
よく考えれば、スープに豆がを入れることがあんまりないかもです。
1週間に一度のなかで何故木曜日なのかがきになります(笑)
タイトルを見て、緑色のスープをイメージしちゃいました。イースター前の緑の木曜日(聖木曜日)には緑色のものを食べる習慣ってスウェーデンも同じかな?春は若いハーブが登場しますが、こうして普通の木曜日もお肉を避けて豆(=菜食=緑?)を食べる日ということかと思いました。お豆で話はそれますが、私ひよこ豆のカレーが好きなんだけど、ひよこ豆って昔は「貧民のための肉」と呼ばれ世界各地で愛食されてたんだって。豆はたんぱく質他栄養分が多いから、菜食料理の最たるものなのでしょうね。
私は本名がエンドウですが、エンドウ豆より枝豆が好きです(笑)
枝豆はコーンスープや味噌汁の中に入れてもおいしいんですよね。
エンドウ豆の料理は今まで食べた記憶がありません~。
あーこれ、スウェ夫妻の日本来日のとき、缶入りのものを頂きました!パンケーキとプンチ(リキュール)と一緒に食べるって聞きました。
豆のスープはちょっと塩辛いかなって思いましたが、うちのだんなさんは好きといってました。(私にはちょっと塩辛すぎたかな、、、)
プンチはスウェ菓子を作るのに欠かせないので、6月のスウェ訪問の時に入手して持ち帰りました。パンケーキは、現地で食べさせてもらいました。そのものよりもユットロンソースがおいしくて今でももう一度食べたいと思います。
 作り方教えて頂いてありがとうございます!一度やってみますね!

管理者にだけ表示を許可する