緑色のお菓子

2009.11.02.
スウェーデンのお菓子、緑色が多い。

midorikaka1.jpg

これは↑スウェーデンの、どのコンディトリやスーパーにもあるお菓子。 名称はいろいろありますが、一般的に Dammsugare (ダムスーガーレ=掃除機)と呼ばれることが多いかな。 昔の掃除機みたいな形をしているから。 恐ろしく甘く、ぐっちゃりした舌触りの、スウェーデン人以外好んで食べられそうにない代物。 色は、いつも緑色

友人の手作りケーキ、中が緑色

midorikaka2.jpg

チョコレートでコーティングしてあった焼き菓子がおいしそうだから買ったら、実際はおいしくなく、中身が緑色だった。

midorikaka3.jpg

何故かスウェーデンのお菓子、緑色が多い。 日本人が緑色のお菓子を見て連想する味は、抹茶だと思いますが、もちろんスウェーデンの緑色のお菓子は、抹茶味ではありません。

中東の方のお菓子や、アイスクリームでも緑色を見かけますが、この場合はピスタチオの緑色。 このピスタチオを使ったお菓子やアイスクリームって、おいしいのよね。 でも、もちろんスウェーデンの緑色のお菓子は、ピスタチオ味ではありません。

では、何かと申しますと・・・

梨の色なんだそうです。

日本で梨というと、黄色だが・・・ こっちの、いわゆる洋梨は、確かに緑色だわ~。

midorikaka4.jpg

しかし、もちろんスウェーデンの緑色のお菓子に、梨が使われているわけではありません。 合成着色料で色が付いているだけです。 梨の味などしなく、ただ単に、泣きたい位あっま~くて不味いだけです。
関連記事

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク
コメント
ルコントさんへ
抹茶ロールケーキって、異質な味でしょうね。 ほんのり苦味があるのが、また渋いお味なんだけど。
国変われば、おからは家畜の餌なのですね。 なんて贅沢な家畜さんたち。 おからも応用がきいて、ヘルシーなケーキもできますし、安い上に最高な食べ物。 豆腐は捨てるところがありませんね! 
やっぱり、緑を見る時間が少ないからなのでしょうか??
案外、日本の抹茶ロールケーキ(空気にさらすと一気に酸化する位の)
を持って行ったら面白い反応が有るかもしれませんね

けど、思い切り甘さへの期待を裏切られて文句言われるかも(笑)

日本では本当に栄養が一杯でご飯に掛けて最高な『おから』が
中国では家畜の餌でしかなく、留学生に出したら怒られた事が有ります。
『とりあえず食べてみっ』って食べさせたら感動して
帰国前には様々なアレンジが出来る様に成っていました。

着色料で付けている緑、、、抹茶を知らせたく成りました
ゆ~みんさんへ
緑色は、健康的で爽やかでおいしそうな色ですね!
味は・・・ はい、ご想像にお任せします。
国や文化が違うと、色のイメージも違ってしまうものなのですねぇ。
初めまして☆
色は素敵ですね
味は・・・きっと想像通りだろうな・・・
梨の緑って・・・日本人には理解できないかな
Mevさんへ
そんな面白いですか(笑)。 それは、緑色が? 掃除機が? スウェーデン人の味覚が?
中華食材もカラフルですよね~。 そうか、めでたい紅白まんじゅうも、不自然といわれれば不自然なピンク色。 私はタラコのピンク色が苦手です~。 子供の頃の駄菓子屋さんも、毒々しい色のお菓子が多かったなー。
sarahoctavianさんへ 甘えちゃおうかな
そうですね、まろやかさが生臭い・・・ 慣れないとおいしく感じない味というのがあるんですね。 スウェーデンには、そんな味覚ばっかりですが。 そうそう、無理に飲めとは言わない。 この味が分からないものにあげたって、猫に小判、豚に真珠、馬の耳に念仏、ですもんね~。
昨日もLidl行って、クリスマス菓子コーナーをチェックしたけど、「やっぱりないな~」。 代わりに再入荷していたジャム入りのlebkuchenherzenを購入。 ←これもおいしくて大好き~。 小さめだからポコポコ口に入れてしまい、危険~。
どうしようかしら、お言葉に甘えてしまおうかしら。
面白すぎる!
合成着色料ね、はいはい。
中華食材のお店でも、鮮やかな(毒々しい?)緑の蒸しケーキが売られていて、どうしても買う気になれないでいます。 だけど考えてみれば日本だって昔から紅白まんじゅうありますものね~。なんでわざわざ不自然なピンクに着色するんでしょうね。見慣れているから違和感ないけど。
chakyさんとらくだのせなかさんへ
度々失礼します~。日本人の美味しいと感ずるところの緑茶(抹茶)の味・・あのまろやかさが、もしかして魚くさい生臭いと思うのかもしれませんね。魚くさいと言われてムッとした後に、「そんな風に取れないともないかぁ」なんて思いを打ち消しながら飲みました。いいんだも~ん、無理に飲めとは言わないしね。
あ、それからバウムクーヘン小包の件はリップサービスでなく本当の気持ちですので、どうかどうかご遠慮なんてなさらないでくださいましね!
らくだのせなかさんへ
「緑色=梨」の常識は、フィンランドとスウェーデン特有のものか?

今、日本の緑茶を飲んでいるのですが、確かに紅茶や中国茶と比べると、風味が違いますね。 なんとなく、生臭いという感覚も分かるかも。 でも、さっぱりするし、やっぱりおいしいわ~。 うちは、くどいチョコレートケーキは緑茶といただいくことが多いのですが、緑茶の爽やかさと合うんですね。
今の日本にはいろいろな国の食材があるし、いろいろな国の料理を食べ慣れているけれど、日本のお年寄り達にとっては、おいしいとは感じないでしょうね。 味覚って、そういうものなんですね。

日本で鍛えたので(?)風邪とかのウィルス系には強いのかもしれません。 でも、寒さには勝てず、こっちに来てからなったのが膀胱炎! 本当に一度かかったらクセになるので、大変・・・

> ところで、国旗で緑といえば、「緑豊か」とは縁のないリビア。
それは・・・ ピスタチオの緑かも!?
sarahoctavianさんへ
世界規模のチェーン店でも、国によってフレバーは違うんですよね。 そう、うちも抹茶アイスはバニラアイスに抹茶を混ぜて作ってます(笑)。 でも、この抹茶とクリーム系の組み合わせは、本当においし~。 この天上の味わいが分からないなんて、可哀想。
うちの義父も海のないとこで育ったので、スウェーデンに来るまでは魚を食べたことがなかったそう。 (今は喜んで食べてますが。) M伯母さんは、生臭いと言って、絶対食べませんね~。 でも、彼女の伴侶は子供の頃ドイツでも海がある地域で育ったから、魚は好きだそう。
わざわざ、ありがとうございます~♪ でも、送っていただくなんて、とんでもない。 今度こちらにいらっしゃるときがありましたら、持ってきてくださいませ~(あ、夏休みだと売ってないか)。
スウェーデンには、まだライバルAldiは進出しておりません。 (デンマークにはあるのに。) いつかAldiも上陸するのだろうか!?
うっへ~
お菓子の緑色が梨とは、驚きです。
こちらでは、やっぱりピスタチオですもの。

私、抹茶味のものって好きなんですが、夫が苦手なため、なかなかこちらでは作ることが出来ないんです。折角作っても、消費者が私だけでは、さみしいですもの。

お茶を全般的に「生臭い」という人が私の周りにもいるので、sarahoctabianさんのコメントにある、抹茶クリームを「魚くさい」と形容した年配者は、きっと「生臭さ」を思い出したのでしょうね。
きっと、スウェーデン人が緑色のケーキを好んでも、日本人には受けないのと一緒で、ドイツ人にはお茶の爽やかさが「生臭さ」とつながるのでしょうね。
こういう味覚の違いって、本当におもしろいです。

Chakyさんは、スウェーデンにいるほうが風邪をひきにくいのですね。私、こっちに来てから、免疫力が思いっきり低下しています。
栄養は多すぎるくらいに接種していますが、栄養バランスが悪いのかもしれません。

ところで、国旗で緑といえば、「緑豊か」とは縁のないリビア。
納得できないなあ。
例えばハーゲンダッツも日本なら定番で抹茶味があるじゃない?(あれ好きなんだ~) ドイツのハーゲンダッツはワンパターンでつまらない。仕方ないので抹茶アイスはバニラアイスに抹茶を混ぜて作ってます・・。
そうそう、抹茶クリームは魚くさいとか言ったのはバイエルンの年配者です。魚はKäpt’n Igloのフィッシュフライしか食べたことないんでしょっ、どうせ。所詮海のない田舎なのよ~。
ところでChakyさん、Lidlの一口サイズバウムクーヘン(ライバルAldiにも当然ながらあります)、何だったら送りましょうか?軽いし欧州内だし、たいした郵送料じゃないと思うので、是非お申し付けくださいね。
sarahoctavianさんへ
IKEAでもLidlでも、売っているんですね~緑の掃除機! ここはぜひ、勇気を出して、味見していただきたかったなぁ(笑)。
ところでっ、スウェーデンのLidlには、Baumkuchenspitzeが置いてなかった~(泣)。 丸ごとのバームクーヘンはあって(でも、スウェーデン語の札には、ただ単に「ケーキ」としか表記していなかった・・・)、それは思わず買ってしまいましたが。
そうそう、抹茶は(欧州にて)ピスタチオに負けているので、面白くない! 抹茶のケーキだって、おいしいのにね~。 抹茶のアイスクリームなんて、うっとりする味わいなのに、魚の味とは! もしかして魚食べたことないとか!? 日本の味=Sushi という刷り込みのせいか? 味覚が少ないゆえでしょうね・・・
ANTさんへ
そういわれますと、日本にも怪しい色のお菓子ってありますね~(笑) 日本では、緑はメロンですね! メロンソーダ・・・ まだ喫茶店に存在する飲み物なのかなぁ。
今日IKEAにちょこっと行った際、例によってレジの後のフードショップも避けて通れず・・・(息子のリクエスト=こけもものジャム=もあったし)あれこれ調達しました。この緑色のスイーツね~ありましたね~。Lidlの北欧フェアでも見るけど、まだ試したことないです。今日もChakyさんのこの記事を思い出して、やっぱり勇気が出なかったわ。その代わりあのチョコボールを午後のお茶請けに買ってきた~。
抹茶味はドイツの人間には受けが悪く(うちの者たちは食べるけど、魚の味がするとか言う人もいるのよ・・・むぅ~)、緑といえばやっぱりピスタチオなのよねっ。面白くない。
メロンソーダー、カキ氷のメロンシロップやイチゴシロップと同じですね。
アリスさんへ
インフルエンザの方、もうよくなりましたか? こっちはスワインが猛威を奮っているようで、ワクチンは品切れになっちゃうし・・・ 周りのスウェーデン人は、すぐに風邪ひーたりインフルエンザになったりするんだけど、私はスウェーデンでは風邪知らず。 日本で免疫ができているからか? こっちは人口も少ないしねぇ。
アメリカの着色料も、コワイものがあるかと・・・ あ、緑の梨って体にいいのね! 今日買ってきたところです♪
なんのこれしき、見た目は美味しそうに見えますよ。アメリカの食品にあるまじき着色と較べれば。
ところで、私はまたインフルエンザにかかってしまった。。。幸いスワインではなさそうです。今年は二度目。。。この国での免疫度が低いのかストレス度が高いのか、食事が悪いのか?!考えないことにします(笑)。日本にいたときはほとんどカゼひかなかったんですけどね。
ほんものの緑のナシはとても体にいいらしいですよ。
tulpさんへ
オランダには「緑は梨の色」という常識はないのですね~。 当たり前よね・・・ しかも、こんな豪勢着色料使って。 (いや、緑って、かなり豪勢な着色ですよ!?) ネーミングにしても、やっぱりスウェーデン人はおかしいんだわ。

グリンティーは一般的になってきたのに、なかなか欧州に進出しませんね、抹茶のアイスクリーム! ピスタチオのアイスクリーム好きだけど、ちょっと悲しくもなるのです。
びよさんへ 好きよ
あーーっ、そう言われれば、きな粉味もあった! というか、きな粉が本家本元だったのね。 そうか~、「五家宝」か、「五家宝」だよ。 実家には「スーパーで売っている安い大量生産のヤツ」がよく買い置きしてあったから、抹茶味に親しんでいたんだなぁ。
おいしいよね~♪ やっぱり同年代だから、お互いこうゆうお茶菓子が好きなんだね~(と、勝手なことをのたまう。)
じゃあ、「牛さんのTシャツ」と「五家宝」、交換ね!
早くスウェーデンへ来~い(笑)。
LINDAちゃんへ
赤いボルシチのあとは、緑のお菓子。 (あ、なんだか、タヌキとキツネと武田鉄也を連想してしまった。)

安心して、LINDAちゃん。 このような緑色のお菓子はデンマークにはないハズよ! デンマークで見たことないもん。 フィンランドとスウェーデンは味覚が似ている(同じ)ようだが、デンマークとスウェーデンは、ちょっと違う。 お菓子とか、ちょっと違う。 あの激甘マジパン攻撃はスウェーデンにないし・・・ 今週、あるものを食べにコペンハーゲンに行きたかったのですが、行けなかった。 早くアレ食べたい!
にゃんこねんさんへ
この国で浮上するのは難しいですよね~。 まして、こんな真っ暗な中。
この国の北と南の間には、ヨーロッパ大陸を横断できるくらいの距離がありますもんね~。

あ、去年の夏前までは、口にする不運な機会がなかったのですね。 (そういえば、私が初めてコレを口にしたのは、いつのことだったろう? 実は甘いもの好きなので、機会があれば平気で食べてますが・・・) 
な、なんでそんなに怒られちゃったんでしょ!? 普段は食べ物を粗末にする人が? にゃんこねんさん、よっぽど胸の内が顔に出ちゃったんでしょうか。
私たちからすれば、この国の感覚自体がおかしいんだけど、この国の人たちにとっては普通なので参ってしまいます。
Gunvaldさんへ
そうです、あのエレクトロラックスの掃除機。 以前ご紹介した50年代のレトロなカフェで売っている「掃除機」には、吸い取るパイプ部分と electrolux というロゴまで入っていました。
ありましたね~、洋ナシが丸のまま壜に入ったお酒。 あれはどうやって入れるのでしょうか? 小さい実のうちに瓶に入れ育てる・・・と聞いたことがありますが、本当か?
スウェーデン人は何故かバナナが好きで、よくバナナを食べていますが、やっぱり!?Gunvaldさんもバナナ好きなのですね。 Gunvaldさんにとって、バナナと○ッパイは同次元なんですね。
スウェーデンの緑は梨の色なのですね~。
しかも実際梨は入っていない豪勢着色料(変換したら最初に←が出てきました笑どんな着色料やねん!)の緑とは・・。

そうそう私もやっぱり緑というと抹茶味を思い浮かべますが
オランダで緑のものを見るとやはりピスタチオ系のものが多い気がします。並んでいるアイスの中、緑色のをみて「お、抹茶?!」と喜んだのもつかのまピスタチオと知った時のがっかりといったら(涙)


それにしてもお菓子の名前に「掃除機」とは・・・(笑)
あーーっ!
>日本のお茶菓子に、形がコレと同じ俵型で、周りはグリーンティー味の練り物(?)、中はパフライスというものがありました。 

Chakyさん、それ熊谷名物「五家宝」だよ!!!
私、熊谷とは縁もゆかりもないんだけど、五家宝が大好物なのだ!
あの緑色の部分はきな粉で出来ているのだよ。
そして、抹茶じゃなくて青大豆使用。
スーパーで売っている安い大量生産のヤツは抹茶とかかも。
本物の五家宝は緑色よりきな粉の黄色のまんまのヤツが多い。
んで、めちゃめちゃ美味しい!
今度スウェーデン行く時に持ってくわー(笑)!!

って……あれ?思い出すって書いてあるけど、「好き」だとは一言も書いてないか……(笑)。
すいません
チャッキーさんの悲哀を
笑ってしまいました(*≧v≦)

ボルシチには無かった悲哀が…。

梨味?もはや、想像がつきません。
ネーミングも素敵過ぎます。

ああ、でも食べさせられたことが無いだけで
デンにもあるのでしょうか?
ワタシはたまたま命拾いをしただけですか?
これ 好かねっす
ご無沙汰しております

すっかり 暗くなりましたね
凹んだまんまで わし もう浮上出来無んじゃね~? って勢いです

今ね 日の入り時間見て 更に衝撃を受けまして
そちらとここらじゃ なんと 1時間半も差があるではないですか!
なのに こっちは 日の出も遅いし…

去年の夏前 それを遂に口にしなきゃなんなくなりましてねぇ…
目にしてはいたものの 食べたことは無かったんですよ

で 前歯で少し齧ってみて もう撃沈…
そしたら 世帯主のおかんが なんかわかんないけど いきなり激怒しましてねぇ
って なんであんなに怒るのかも わかりませんでしたが(笑)

しっかし どれもこれも なんで こんなケッタイ味なもんばっかを作るんだか ほんと謎ですよ
普通に普通の感じのモンを作りゃ~イイのに わっけわっかんないですよね  
バナナ物
このお菓子に似た掃除機というと著名なインダストリアル・デザイナーのシクステン・セゾン(Sixten Sason)がデザインしたエレクトロラックスの掃除機が思い浮かびます。
日本でこの色だと抹茶かせいぜい青リンゴでしょうか。以前に洋ナシが丸のまま壜に入ったお酒を見かけたのですが「どうやって入れたか考えると夜も眠れない」状態でした。
私は何故かバナナ物が大好きで、それが着色料と香料のなせる業だと分かっていても新しい商品を見つけるとつい手を伸ばしてしまいます。これは、人口造形物だと分かっていながら大きく開いたドレスの胸元に目が行ってしまうのと同根の習性だと半ば諦めておりますです。
ヒマワリさんへ
はじめまして! スウェーデンからのコメント、ありがとうございます♪
でも、まだ「掃除機」を召し上がったことはないのですね・・・ 緑色の部分は、マジパンなのです。 日本のお茶菓子に、形がコレと同じ俵型で、周りはグリーンティー味の練り物(?)、中はパフライスというものがありました。 「掃除機」を見るたびに、それを懐かしく思い出します。
Sommoroさんへ
フィンランドでも一般的なお菓子なのですね。 でも、スウェーデンではレーズンが入ったものに、お目にかかったことがありません! Sommoroさんが割と好きとおっしゃるとは、フィンランド産とは、掃除機の中身がちょっと違うのかしら? 一度、日本へのお土産に持って行って、えらく不評でした。
緑色→梨 は、フィンランドでも常識なのですね。 慣れたけれど、やっぱり謎でもあります。
びよさんへ
あ~、そうだった、初対面のびよさんにコレを紹介して買わせて食わせてしまったんだ~。 しかも、好んだわけじゃないのにスウェーデンの旅の共になっちゃったんだよね・・・ あのときは「この緑は梨の色」とか説明しといて、「掃除機」という名称は黙っていた私。
私ってば、極悪人~。
rukoさんへ
プリンセストルタのマジパンも緑色が定番ですね。 そういえば、義兄の奥さんが夫の誕生日に、半分スウェーデン国旗、半分日本国旗のプリンセストルタを作ってくださったことがあるんですよ。 そのときのスウェーデン国旗は青じゃなくて緑地だったのですが、なんでも義姉曰く「青の着色料には毒素が入っているから」代わりに緑の着色料を使ったそう。

スウェーデン語で dammsugare は、damm(ダム=埃)+sugare(スーガレ=吸い取るもの)で、「掃除機」という単語になります。 そうそう、このお菓子が dammsugare と呼ばれるもうひとつの所以は、やはりクズを寄せ集めて中に詰めてあるから(笑)。 再利用の精神は素晴らしいですが、それを売っちゃうって・・・ 

> スパイスはシナモンとカルダモン。どうして北の国で南国のスパイスなの?
北国だから南国のスパイスに憧れるんですよ~。 昔は貴重品だったから、カルデムンマは四旬節の特別なパンあのセムラに使われ、シナモンが常備的に手に入るようになってからは、人々はやたらとカネールブッラを作って毎日のように食べるようになった・・・と聞きました。 でも、体も温まりますよね!
sueさんへ
おおっ、緑色つながりでスウェーデンに 親近感だなんて~。 何故こうもお菓子に緑色を使いたがるのか、私も気になります。
sueさんは、パクチーは大好きなのに、ピスタチオはだめなんですね。 って、この二つにはなんのつながりもないか・・・ (緑色だけど。)
はじめまして
はじめまして。私も同じくスウェーデンにすんでいるヒマワリです。よろしく♪
この緑色のお菓子は、まだ食べたことありません。白いシュガーコーティングがかかったお菓子なら食べたことあります。とても甘かったのを覚えてます。。。。でもそれば、緑色の部分がありませんでした(笑)。この緑がグリーンティー味だったらいいですよね~。
フィンランドでも
お久しぶりです。フィンランドでもこのお菓子をよく見ます。「掃除機」にあたる名前だったか憶えていませんが…。スウェーデンから来たものだったのでしょうか。中はそれほどぐっちゃりしてなくて,レーズンの味がしたような。私は割と好きです。

緑色のアイスクリームもあり,来たばかりの頃はまさか抹茶ではないはずと思って,この色は何?と聞きましたが話が通じなかったことがあります。今は 緑色→梨 に慣れきっていますけれど。
出たーっ(笑)!!
私が旅行中に悪戦苦闘したヤツだ(笑)!!
帰って来てから友達に写真を見せながら
「これはね、梨の色なんだって」
と説明しても誰一人納得してくれませんでした(笑)。
しかも「掃除機」なんて名前だったとは!!
日本人だったら絶対食べ物に付けない名前だな。
うーん、スウェーデンは謎がいっぱい。

私もピスタチオは好きだけど、コレはなぁ……。
たぶん二度と食べない(笑)。
ダムスーガレ
はじめてこのお菓子を見たときの衝撃!プリンセストルタの緑色のときと同じ衝撃でした。本当に、緑色のお菓子って不思議ですよね。梨の色とは知りませんでした!

ダムスーガレという名前を始めて知ったとき、ダムス+ガーレかと思いましたが、発音は ダム+スーガレ。スにアクセントがあるっていうのがまた不思議(^^;
でも、考えてみると、これは色々な残ったお菓子のくずを集めて再利用したもの。コクラッドボールもしかり。無駄が無い様に考えられたものではないでしょうか。掃除機の吸い込みっていう名前もそんな感じ。食べたいかどうかは別として、合理的っていう点は納得できました。
マジパンシートの色も基本は緑色だと思います。森や蛙の色なのかなって思ってました。(スウェーデン人の人からもらうカードはカエル柄が多いんです。)
国旗の色の青と黄色。それに、壁の色の銅色と森の色の緑。あとは雪の白。このあたりが私にとってのスウェーデン色ですね。それに、スパイスはシナモンとカルダモン。どうして北の国で南国のスパイスなの?体を温めるんでしょうかしらね?
緑色が好きです
色の中で一番緑がすきです。
スウェーデンに親近感~(笑)
確かに緑だと抹茶を想像します。
ピスタチオ、私は苦手なんですよね~味がどうも苦手です^^
それにしても、なんでスウェーデンのお菓子が緑色が多いのか気になります!

管理者にだけ表示を許可する