ドイツの結婚式3 パーティー&メニュー

2009.10.02.
クロアチア&ドイツ系のレストランで開かれた結婚パーティー。 テーブルセッティングは、こんな感じ。

tyskwed10.jpg

テーブルに置いてある来賓のネームカードには、家族3人の写真があしらってあります。 そう、新郎新婦には4月に子供も誕生し、めでたいこと続き。

4年前の(姉の方の)ときは、こうでした↓

tyskwed11.jpg

テーブルの上のメニューにも、届いた招待状にもあった、ひしゃくの形の星座。 これは、新郎が新婦にクロアチアの海辺で結婚のプロポーズをしたとき、二人の頭上に輝いていた星座なんだって。 (これを結婚式のモチーフにしよう!と言い出したのは新婦で、ぷちぷち星のシールを貼って招待状やメニューを作ったのは新郎・・・)

4年前のときの招待客は65人前後だったかな。 出された食事はコースメニューでした。

しかし今回の招待客は、約130人。 それゆえメイン料理はビュッフェスタイルだったそう。

tyskwed13.jpg

クロアチア料理とドイツ料理のコンビネーションです。 (ここには載せられない量なので、写真もメニュー内容もはしょります~。)

tyskwed14.jpg

夫が「今回もタコサラダが出たよ~。 おいしかった~♪」というので、なんでメキシカン?と思ったら、彼が言ってたのは「蛸のサラダ」。 アドリア海に面したクロアチアは海産物も豊富。 でも、シーフードを食べ慣れない内陸ドイツ人は気味悪がっていたとか。

tyskwed12.jpg
(上の写真は↑蛸サラダじゃないけど。)

こちらの小さな瓶に入った飲み物は、クロアチアの果実酒。 プラムから作った甘いお酒で、温めて飲みます。 小さなボトルが可愛らしい。

tyskwed15.jpg

食べるだけじゃなくて余興も盛り沢山。 この黄色いニワトリ?の格好をした人たちはアカペラでコメディをするグループ。 4年前の結婚式にも素晴らしいアカペラを披露してくれました。 というのも、新郎がこのグループに所属していたから。

tyskwed16.jpg

セミプロ級で、いろいろなパーティーに呼ばれもします。 しかし新郎の本職はポリスマン。 この日は警察署の同僚が、なんとか全員休暇を取って駆けつけてくれたそう。 花嫁と花婿が警官の重装備を身につけられ、手錠をはめられ、プレゼントの山の中から手錠の鍵を探せ!なんて一幕も。

tyskwed17.jpg

↑皆がこっちを向いてるときに写真を撮ろうとしたら、給仕がやって来たので、皆そっちを向いてしまった図。 手前に置いてある使い捨てカメラは、来賓たちで好きにパーティーの写真を撮ってください。 後で何が出てくるか・・・現像するのが楽しみ、という趣向。

4年前もそうでしたが、結婚する二人にとって、そして式に参加した全員にとって、素晴らしい日になるよう、思い出になるよう、家族や友人たちや本人達が、暖かで愉快なアイデアを出し合った、結婚式&パーティーでした。 (ウェディングケーキの写真は、次回にて。)
関連記事

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク
コメント
sueさんへ
そうですよ、sueさん、もう10月ですよ~。
sueさんからのコメントを見つけて、嬉しいです。 ありがとう!
そういえば、日本の結婚式シーズンはこれから、秋にかけてが多くなりますね?
130人は、かなり多かったようですが、アジア(中華系)の結婚式の話を聞くと、100人以上は当たり前のようで、やっぱりお国によって様々なのが、またおもしろいですね。
Gunvaldさんへ
日本の川魚はおいしいですが。 やはり魚は海の幸。 
あ、ポリスマンはドイツ人です。 (花嫁の父がクロアチア人。)
この青い壜はワインです。 青い壜の「ラムローサ」は、とんと見ません。
LINDAちゃんへ
そう言っていただけると嬉しいです!
ウェディングケーキにも乞うご期待。 この前の「日本人」とは違います。
めたるさんへ
ね、素敵ですよね、この白と淡いオレンジという色の組み合わせ。 バラも優しい感じ。 主役だけでなく、皆が楽しめるって、本当にいいな~と思います。
Setteさんへ
長いですよね~! 午後から始まって、夜中過ぎまで続きますから。 子供や年寄りは早めに切り上げることも。
ご無沙汰しています。
(って最近こればっか言っていますね(笑))
素敵な結婚式だったようですね!
私も年齢のせいか、結婚式に呼ばれることがここ数年多く、色んな式にでていますけれど、
やっぱりお国によって様々なんですね~
それにしても130人とはとても多い~!
着ぐるみクロコップ
アドリア海で獲れる海産物も美味しそうですね。私は魚介類が好きなのでそれらが食べられる国が良いなぁ。
以前イタリアに行ったときに滞在していた街の中の魚料理を売りにしているレストランに行ったところ、後日現地のイタリア人から「あそこに行ったのか、君はチャレンジャーだな。」と言われたことがありました。確かにそこは内陸の町でしたが近くには川も流れているし味も悪くはなかったのですが・・・

新郎さんは警察官ですか。クロアチアの警察官というとどうもミルコ・クロコップが真っ先に思い浮かび強そうなイメージですが、そのイメージと鶏の着ぐるみの取り合わせはどうなのでしょうかね。

テーブルの上の青い壜は「ラムローサ」なわけないか?
古いメルセデスはStuttgartまで行けばメルセデスの博物館が乗用車からバスまで古い車両を貸し出してくれるサービスをしているということを雑誌記事で読んだことがあります。
結婚式のお話3作一気読みさせていただきました(*`▽´*)
結婚式とかおめでたごとは、人の事でも
心が弾みますね。
知らない習慣も多いし、かなり楽しく読ませていただきました。
ウェディングケーキ編(?)も楽しみです。
素敵なテーブル
 素敵なテーブルですね。バラの花が飾ってあったら、それだけで嬉しくなっちゃうかも。
 結婚式が素晴らしいものになるよう、その場にいる皆が心を尽くしている様子が窺えますね。皆にとって良い思い出ですね!
「来賓たちで好きにパーティーの写真を撮ってください」ありますね~。とっても手作り感のあるこちらの結婚式、大好きです。ちょっと長いのがあれなんですけれども・・・・(笑)

管理者にだけ表示を許可する