カモメ残酷物語

2006.06.03.
私たちが住むアパートの、中庭を挟んで、向かいにあるアパート。 4階のベランダに、空のプランターが下がっています。 そこに、カモメの夫婦が巣を作って、卵を孵していました。 

実は、去年の春も、カモメの夫婦がそこで卵を孵していました。 (プランターの上に、じぃーと座っているので、気づいたのです。) うちの台所から、ふと外を見ると目に入るので、するともなく毎日観察することに。 しかし1ヶ月程たったある日、カモメがキィーキィー鋭い声を出しているので見てみると、その部屋の住人であるらしい中年男性が、プランターを弄っている。 巣と卵に気づき、破壊したらしい。 ここはアパートの立ち並ぶ住宅地なので、彼の行為は正しいですが、もっと早くに対処すべきだったのに。 

ところが、今年4月、また例のプランターの上に、カモメが座っていたのです。 (プランターも、相変わらず空のままで。) 昨年と同じカモメの夫婦なのだろうか? なんでまた懲りずに・・・ などと思っているうち、昨日の朝、プランターの中で何かが動いているのを発見! 今年は、雛が孵ってしまったよう。 しかし、この子カモメ達の運命はいかに。

私がそのように憂いする間も無く、子カモメの運命の車輪は、急速に回ります。 その日の夕方、子カモメが下の道路にいるのを発見! 4階から落ちてしまったらしい・・・

kamome1.jpg

夫が「赤ちゃんカモメ、下に落ちちゃったみたい」というので、外に見に行ってみると、灰色の、フワフワの産毛の子カモメが、道路の上にいるではありませんか。 弱々しげに歩き、1匹の親カモメが、そばに付き添っています。 しかし、親が持ち上げ運ぶには、大き過ぎる。 そして他のカモメたちが、雛を狙って空を飛び、親カモメの方は必死に防衛。 もう1匹の親カモメは、電燈の上で見張り、何も知らない人間が、傍を歩くだけでも、アタック。

kamome2.jpg

気づくと、道路を挟んだ中庭に、もう1匹雛がいる。 親カモメは、2匹の雛の間を行ったり来たり。 

カモメを刺激しない距離を保ち、しばし眺めていましたが、自然の掟に手出しは禁物。 自分のアパートに戻ったものの、気にかかり、時おり台所の窓から見ていると・・・

この悲劇に気づいた他の住人達も、ベランダや外に出て、見ている。 しかし悪ガキはボールを投げつけたり、雛を取ろうと近寄ったり。 もちろん親カモメの猛アタックを受け、人間の子供達の方が逃げるはめに。 

そのうち、プランターの主らしき人がやって来て、動かなくなってしまった1匹の雛を持っていってしまった。 どうやら、プランターの上に返したらしい。 それで1匹の親カモメはプランターの上に座り、もう1匹の親カモメは、地上でもう1匹の雛と一緒に。 お腹の下に雛を入れ、守って暖めているのですが、時々親カモメが離れると、雛が親を探して、ちょこちょこ歩く姿が哀れ。 

明日の朝まで、もつかな・・・ と危惧したのですが、今朝も地上のカモメの親子は健在でした。 しかし、地上は危険がいっぱい。 本当に、家を建てるときは、安易に決めず、慎重に、と思うのでした。
関連記事

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク
コメント

管理者にだけ表示を許可する