スウェーデン、或いはイケアの呪い ロンドン編

2009.07.19.
画一面的な田舎王国に住んでおりますと、北欧以外の国に赴き、文化的な空気の中に身を置くことを欲するようになります。

何よりも、この国を離れ、この国のことを忘れ、この国の垢をきれいさっぱり洗い流してリフレッシュしたい!

と、気合いを入れて降り立ったのは、英国ロンドン、ヒースロー空港。 BA(ブリテッシュ航空)を使ったので、2009年3月に開港されたターミナル5に到着。 新しいゆえにきれいで、広々とし、人も少なく、入国もスムーズ。

しかし今回同行の妹(ってゆーか、私が勝手に彼女についてったのだが・・・)は、日本からヴァージン航空でターミナル1,2,3に到着なので、ターミナル間は無料のヒースロー・エクスプレス(快適! 数分だけだが)に乗り、私よりちょっと遅く着く妹を迎えに。

ターミナル1,2,3は、汚い上にものすごい人々々! 妹の便は既に着いているようだが、到着ゲートからその姿を一向に現さず、ここではぐれたら一生会えないんじゃないかと人の波を凝視しながら待つこと1時間・・・ 入国に1時間かかったそう。

無事に会え、地下鉄に乗りロンドン市内へ。 まずは窓口でロンドン地下鉄(及びバス)のパス Oyster card を購入。 しかし、出されたものを手にし、硬直したまま動けない私・・・ なんで、なんで、どうして、ロンドンまで来て、こんなものが私の目の前に出されるの・・・ 私は、これから逃れるために、ここまできたのに・・・

londonoyster1.jpg
画一面的なものの代表、IKEA。

呼吸困難に喘いでいる私に気づき、すかさず妹が自分が持っている(ロンドンには何回か来ているので、既に購入済み) Oyster card のケースとおぞましい黄色のケースとを交換してくれました。

londonoyster2.jpg

そういえば、ウィーンでも、あんなことや、こんなことがあった・・・ なんだか「お前はスウェーデンから逃れられないのだ」という呪いに取り付かれているような・・・ いつもスウェーデンを悪く言ったり笑い者にしてる報復か?

Oyster card は、最初に好きな金額をチャージし、地下鉄の改札で乗り降りするときピッとかざせば精算が済むうえ割引もきく。 ピッとやるとき、私はいちいちケースから出してたら、ケースごとかざせばよいのだった。

妹「要は suica と同じだよ」
私「だって私、スイカって使ったことないもん」
妹「スイカじゃなくて、suica ね。 それじゃあ西瓜になっちゃううから」

ああ、日本も遠くになりにけり・・・

妹が入った洋服屋さんでは、ご自由にお取りくださいという形で、そのお店のロゴが入った Oyster card ケースが置いてあった。

londonoyster3.jpg
私も服を買ってもらいました♪ (←妹にたかってる・・・)

妹「これなら定期入れとして使える~」

これなら、かっこよく使える~。 やっぱ黄色にイケアのロゴじゃあダメよねぇ。(なんて言ってるから、呪われるんだな。)

さて、ロンドンにて文化的な空気を吸い込んだところ、鼻の中が真っ黒になりました。
関連記事

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク
コメント
ゆたさくさんへ
もう、これを見たときは、笑い事でありませんでした・・・

ビリニュスにNovotelがあるんですね~! 私にとってビリニュスのホテルというと・・・ HOTEL LIETVA... (泊まったわけではなく)暗い灰色の高層ビルを見上げた覚えがあります。 (15年前の話です。)
それだから、もしも私の親友の家にIKEAの家具なんて置いてあったら、卒倒しちゃう!
yukiさんへ
ロンドン行ってきましたよ~。 着いた早々これでした。
そうそう、豚インフルエンザ! 私たちが滞在中にロンドンの6歳の女の子が亡くなって、大騒ぎになっていました。 なんでも、今後BA機やヴァージン機に搭乗する乗客は、豚インフルエンザにかかっていないという診断書が必要だとか・・・ 戻ってきたらスウェーデンでも、この秋から大発生するだろうから、国民全員に予防接種を受けさせるべきだという話が出てるとか・・・ これからインフルエンザの季節に向って、怖いです。
LINDA☆さんへ
コペンハーゲンは私にとって癒される大都会ですが、今回はそこから飛んで、大大都会に行ってきました。
そのお出迎えが、これかよっ!
本当にこの黄色は、人の神経を逆なでするくらいキョーレツだわ。
私も日本に帰るとユニクロに直行で買い込みます。
(LINDAちゃんとお揃があるかも♪)
Mevrouwさんへ
青に黄という意外な色の組み合わせが、なかなか爽やかでかっこいいな~、と遥か昔に思ったことともありましたが・・・ (おっ、Mevrouwさんは、スラータンがご贔屓!?)
なんだかんだ言って、うちもIKEAの家具やら雑貨やらはいろいろありますし、やっぱり重宝です。
でも海外旅行のときくらい・・・ って、グローバルなこのご時世、異国情緒が楽しめなくなっている?
『IKEAの呪い』、笑ってしまいました~。
ケースもしっかりスウェーデンチックな彩で。。。(笑)

最近知ったのですが、ビリニュスの中心部にあるNovotelホテルと、その隣にあるショッピングモールのオーナーがIKEAなんだそうです。

どこに行っても「IKEA」から逃れることは出来なそうですね(笑)。
お帰りなさい
ロンドン旅行初日から、北欧攻撃にあったんですね(笑)
これからどんな攻撃が待ち構えているのか楽しみ♪
私達はNZ国内旅行から今日、帰ってきました。
ロンドンでは豚インフルエンザの影響は何かありましたか?
こんばんは
お久しぶりです!
おっ、久々に更新だ!…と思って読んだら
笑いました(*`▽´*)
IKEA、日本のおしゃれさんの大好きな言葉!
されどその Oyster card のケース
見事なまで!いやまぶしいまでのスウェ色……(´c_,`。)…プッ
日本では日々ユニクロにお世話になってるワタシです。
街のあちこちで、お揃いさんに出会います。
ご旅行お疲れさまでした。
カラー
IKEAの色はスウェーデンの国旗の色ですよねえ。。。国を代表しているような気持ちもあるのかもです。 私はこの色あい結構好きです。(イブラヒモビッチを思い出すから?)  我が家の弐段ベッドも電話台もIKEA製。案外長持ちしてます。かなり重いのが難点ですが。。。。
でも、異国に来て異国情緒を打ち消す「見慣れすぎたブランド」が憎たらしいという気持ちもすごくよくわかります。
tulpさんへ
腐れ縁でしょうかね、やっぱり(笑)。
EUの入国って、素通りなとこは、素通りですよね!?
旅行記は、忘れないうちに、おいおいに書いていこうと思いますー。
びよさんへ
おお~、ようこそお越しくださいました~、コメントありがとうっ!

あはは、そうなのよね、いろいろダークサイドな面もあるのよね。 何事も遠くから憧れているうちが花・・・

えっ、この、まっきっきなの使えますか!? 
うっ、Pasmo・・・??  (ああ、日本は遠くになりにけり。)
いきなりロンドンの地下鉄パスがIKEAデザインとは・・・・。
これはもう縁ですね(笑)

ロンドンは一度しか行ったことがないのですが
そういえばその時も入国審査でいろいろきかれた記憶が・・・。
旅行記楽しみにしてまーす。
こっちにも進出してきました(笑)。

日本人って、私も含めてスウェーデン(そして北欧全般)にはとってもイイ印象を持っていると思います。
とにかく、日本で紹介される北欧って「シンプルに生きてて、贅沢じゃないけどみんなシアワセ!」というこれまた“画一的”な紹介ですからね(笑)。

私も今回旅行するにあたって、イロイロと情報を収集してスウェーデンのダークサイド(笑)も知ってしまったので、過度な憧れは持ってませんが、でもやっぱりIKEAに行ったらワクワクしちゃいました。

たぶん、私なら嬉々としてIKEAロゴのケースにPasmo入れて使っちゃうと思います(うふふ、Chakyさん、Pasmoってわかる??)。
rukoさんへ
rukoさんがロンドンに行ったのは、私より1ヶ月ほど前でしょうか? そのときは、地下鉄の広告やカードケースなど、IKEAじゃなかった!? ユニクロの広告バスは見ませんでしたー。 でも目抜き通りにたくさん店舗があったのでビックリ。
ターミナル5はすごいですよねー。 本当に、きれいで先進的で。 でも、あまり中を見て周らなかったので、回転すしには気が付かなかった! 残念! スウェーデンでもすし屋が次々開店するようになったけど、まだ回転すしはないような・・・ ストックホルムにはあるのかな?

私はストックホルムって、2回しか行ったことがないのです。 地方の人曰く「ストックホルム人はせかせかして冷たい」。 どの国でも首都の人間は良く言われない(笑)!?
ロンドンでは人の多さに度肝を抜かれるくらい驚きました。 でもrukoさんから見たら、ロンドンの方が落ち着いているんですね。 ロンドンはいろいろな顔を持ち、見所がいっぱいなので、私もまた行きたいです!
はんころりんさんへ
そうなんですね、悪名高いヒースロー。
アーランダでも胡散臭い目で見られたなんて、15年前はスウェーデンもまだ開けてなかったからかな!?

> カーテンから食器からすべてIKEAでした。
スウェーデンは、どこ行ってもIKEAですよね。 (チープな)レストランの食器類もイケアで揃えてあるとこが多いのです。
似たようなものなら、日本の家には、やはり日本の家具店のものがしっくりくるんじゃないかなーと思います。 (どうしてもイケアをはずそうとする私・笑。)

ALDIやLidlは、ウェールズにもあるんですね! スウェーデンにLidlが進出したのは、ほんの数年前ですが、私も今では、まずはLidlで、足りないものはスウェーデン系スーパーでというパターンに。

コンサートのことも、お聞きくださり、ありがとう! 後ほど、ちょっとレポートしますね。
Gunvaldさんへ
ただいまー。 Kram, kram! (←スウェーデン語で hug)
いえいえ、ロンドンは世界中の味覚が集まる大都市、レストランに行けば各国本場の味が楽しめ、外食産業が発達していないスウェーデンから行った身にはパラダイスでした。 しかし、一般家庭の食事は、やはり酷いものもあるようで・・・ 
ヒースロー、悪名高いですよね。 でも今年の3月に新たにターミナル5が開港してから、渋滞も緩和されたのでしょうか。 私は今回快適に過ごせましたが、ターミナル5と旧ターミナルは雲泥の差といってもいいほどのような・・・

merc... 私もなんて発音するのかな~と思っておりました。 なんだかどのようにも、本人の想像力次第で、いろいろな発音になってしまいそう・・・ それじゃあいけないので、ちょっとサーチしてみたら、日本語では「メルク」と表示されているようですね。

ロンドンは先々週まで猛暑だったようですが、私たちが行った頃には通常に落ち着いていました。 しかし、妹は日本に戻ったら梅雨があけて30度越して、時差ぼけの上に気候の激しい変化にシンドそう!
らくだのせなかさんへ
ロンドン在住の方にお聞きしたら、イギリスは階級によって買い物するスーパーも違うので、金持ちはIKEAなんか行かないそう。 この地下鉄の広告は、旅人向けなのかな~。 どの旅人も、自国に帰ればIKEAがある!
残念、私の大好きな Lidl は、ロンドンでは(私が行く先では)見かけなかったので、比較できませんでした。 どんな品揃えとお値段なのか、気になりますね。
sarahoctavianさんへ
画一面的なものしかないこの国で、Lidl は私にとって救世主でした。 (でも、Aldi はまだない。) しかし外国の旅先では見たくないものですよね~、自国の安売りスーパーなんて。 ロンドンでは Lidl を見なかったんですよ。 やはり英国産の階級別スーパー陣が、どこでも幅を利かせていました。
アリスさんへ
なんだか思ったより時間がなくて、あまり満喫できなかったかも。 また行きたいな~。 でも、文化の香りは鼻の中が真っ黒になるわ。 田舎の空気はお金じゃ買えないって、本当です。
IKEAは確かに重宝。 しかし、どこ行ってもこれだと食傷気味。
う~ん、私も日本に住んでいたときは外国に暮らしに憧れていたけど、今は日本暮らしに憧れる(笑)。 スウェーデンもイメージの良い国だから、人に羨ましがられるのは苦痛。 アリスさんのお気持ち、よく分かりまっス。
ロンドンでIKEAですか!私はスウェーデンに行く前にロンドンに行ってましたが、ユニクロの広告のバスに目がテンになりました。私はフィンエアーでロンドンに行ったのですが、ターミナル3でしたが入国はあっという間でしたよ。そういえばアーランダにいくときにはBAだったので、ターミナル5でした。すごい先進的な感じでしたが、ドドーンと回転すしがあったので、それにも目がテンでした。そういえば、ロンドンって一杯回転すしがありますね。
イギリスとスウェーデン、似てるところと違うところがあって面白かったです。似てるところはラウンドアバウトとにわとこの花かなぁ。人はロンドンの方が多いけれど、なぜかストックホルムより落ち着いた町の様な気がしました。私のスウェーデンの印象はとにかく「せからしい」ということでしたので。。。ロンドン大好きになったので、また行きたいです!お土産話楽しみにしていますね。
所変われば・・・
お久しぶりです。

ヒースローの入国審査って、
EU圏以外の国民には確かに時間かかりますね。
英国でもローカルの空港はさほどでもないですよ。

15年前、ヒースローからアーランダに飛んだ時、
英国在住の日本人女性の一人旅っていうだけで、
うさんくさい目で見られました。
5年ぐらい前に、日本からの旅行者として、
ヒースローからアーランダに着いたときは、
スムーズに入国できましたが・・・

そのとき行ったレクサンドでは、
ホリディ・アパ-トに泊ったのですが、
カーテンから食器からすべてIKEAでした。
比較にはならないと思いますが、
日本では「ニトリ」が似たようなイメージのお店ですね。

コメント欄で話題になっているALDIやLidl、
英国はウェールズの田舎にもあります。
子供3人を共働きで育てている友人は、
買い物では、まずLidlに行き、
足りないものをTescoで購入していました。

ところでコンサートはいかがでしたか?
読み方は?
お帰りなさーい。Hug、Hug!
心配してましたよ。食事の不味さが原因で行路病(古っ!)になったんじゃないかと想ってました。
ヒースローの入国審査はEU圏居住者以外の入国する者にとっては鬼門ですね。唯でさえ長い行列が終わったかとおもったら「何度同じこと言わせるんじゃー!!!」と怒鳴りたくなるほどの入国管理官の質問攻め。あー思い出しただけでブルーな気持ちになってきました。
ヒースローといえば飛行機の渋滞「あー、こういうのが離陸待ちか」というのを初めて見た場所でもありますね。

まぁ、お土産話は徐々に楽しみにしてますんで。ところでこのブランドは「メルク」、「マーク」、「メルス」or「マース」?
時々、英国から取り寄せる車雑誌に同じ表記があるのですが読み方が定かでなくて・・・日本式に読むと「メル(セ)ス」かなぁと想像しているのですがね。エッ?おっちゃん何か恥ずかしいこと尋ねてる?

日本は今日は「海の日」です。既に関東地方でも連日30度を超える日々です。8月になったらどうなることやら。
そりゃ、こんな田舎でも
こんな田舎なオアシス村に隣接する砂漠市にも、1ヶ月くらい前にオープンしたくらいですから、ロンドンでは、「日常」と化しているのでしょうね。

sarahoctavianさんが書いておられるALDIやLidl。
物価の高いスイスや英国で見つけたら、「これで旅行先でも安く食料品が調達できる」とうれしくなります。それに、IKEAは世界共通の品揃えというイメージ(おまけに、家具なんて旅行中に買わない)だけど、上記の安売りスーパーチェーンは、国によって品揃えが違うから、比較するのが楽しいですもの。
Chakyさん、お帰りなさい。楽しい旅日記のスタートですねっ。旅先では日常から離れたいのに・・スウェーデンの方にとってはロンドンに着いた早々イケアで呼吸困難ですか(爆)。でもどこまで行ってもAldiとLidlに呪われるよかずっといいじゃないの~と思うのはドイツの人間ですっ。
お帰りなさい、ロンドン満喫できましたか?文化の香り吸い込みたいですよね(笑)。
あはは~、IKEAって私は行ったことがないからわからないのだけど、日本でも人気なんですよね?!
スロバキアにも店舗があって、チェコの家族がたまに買い物してるみたいでした。チェコみたいな国だと逆にお手頃で日常使いに丈夫な、シンプル画一的な商品ってないから便利なのじゃないかしら、想像だけど。IKEAのグラスはデザインなどと言うよりも丈夫そうだった。

私も日本に帰ってくるとアメリカ好きな人が寄ってきて、アメリカのことを聞きたがるからちょっとうんざりです。本音を話すと、信じられないみたいだし、「それがほんとならなんでアメリカにいるの?」だって。。。あの~彼と住むために行ったんですけど~アメリカに住むためじゃないんですけど~日本人は外国好きだ。。。

管理者にだけ表示を許可する