スウェーデン教会の宿

2009.06.04.
7月にロンドンへ行く計画を立てています。 (THUNDER の解散コンサートを観に行くわけで、じゃなかったら、こんな真夏の観光ハイシーズンにロンドン旅行なんて企てない・・・)

ロンドンでは、泊まってみたいなと思う宿があります。 貴族の血を引く若き美術商の方が、商用でロンドンに宿泊際よく利用すると、薦めてくれた宿です。

それは、ハイソな一流ホテル・・・ ではなく、スウェーデン教会 (Svenska kyrka, Church of Sweden) が経営する宿。

ロンドンの中心から遠くないし(最寄の地下鉄駅は Canada Water)、安くて(£20~)、清潔(←これ重要)。 朝食込み(イングリッシュ・ブレックファーストではなく、スウェデッシュらしい)。

しかし、バス・トイレは共同。 数泊する予定なので、それじゃ落ち着かないかな(連れは日本から合流する妹なので)と、今回は却下。 ホテルというより、ユースホステルのような造りのようです。 (先の美術商は貴族の血を引く庶民派なのよね。)

スウェーデンの新聞や雑誌、コーヒーとお茶菓子が用意され、TVルームにダーツやビリヤードもあり、簡単なキッチン用具も揃っているので、ちょっとした自炊もできるそう。

スウェーデン教会は、スウェーデンの国教会で(2000年に一応、国と教会は袂を分かつことになったんだけど)、世界のあちこちに存在しています。 これは、スウェーデン教会ガイド国外編。 海外旅行の邪魔にならないようなポケットサイズ。 ちょっと荷物の間に挟んでおいて・・・

skyrkanhem1.jpg

旅先でスウェーデンが恋しくなったら、またトラブルに巻き込まれたら、スウェーデン教会を探せば、そこにはスウェーデン語で対処してくれる人達がいるので安心。 ただフィーカ(コーヒー飲んでお菓子を食べること)するだけでも、もちろん歓迎。

skyrkanhem2.jpg

中には宿泊施設を備えたところもあり、誰でも(スウェーデン人じゃなくても、キリスト教徒じゃなくても)泊まることができます。 

ロンドンの宿は、正式名称を Sjömanskyrkan, Swedish Seamen’s church, 船乗り教会と言い、船員の場合は割引もある。 スウェーデン教会が世界のあちこちにあるのは、元は、祖国を長く離れて旅する船乗り達が、航海先で教会に集い母国の人や言葉と接するためにらしい。

日本にはありませんが、ひょんなところでスウェーデン教会を見つけるかもしれませんね。 (でも今は、イ○アとか、H&△とか、世界中にスウェーデンが溢れているのかも・・・)
関連記事

FC2Blog Ranking にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーリンク
コメント
Gunvaldさんへ 彼女の正体
良かった、きちんとお聞きして。 危うく「アニメの主題歌で大ヒットというと・・・ マクロスの飯島真理ですね! ユーミンのバックで踊っていたとは知りませんでした」と書くとこでしたよ~。 
(私も、こちらのアニメは社会的にも騒がれていたので存在は知っているという程度です。)

車のポケットからユーミンのカセットが出てくれば・・・ 後輩殿の推理が図星でしょう。
彼女の正体は
>Gunvaldさんはユーミンも聴かれるとは
同じようなことを随分と昔に指摘されました。後輩(男性)を車に乗せた時に彼がドアポケットに入っていたカセットテープをゴソゴソ取り出してきて「これかけていいですか?」とおもむろにデッキの放り込むと流れてきたのはユーミンの曲。
「ちょっとー!Gunvaldさんはユーミンなんか聴く人じゃないじゃないでしょう。何でこんなもの持ってるんですか?あー、あれだ。横に乗せる女の子用だ。」と言われました。


彼女はここの冒頭で紹介されています。
http://www.youtube.com/watch?v=alGAbih5dYg
ヒット曲はこちら(一般的に評価が高いらしいのですが私自身はこのアニメのことはほとんど知りません)
http://www.youtube.com/watch?v=medWN3uypOI
ゆたさくさんへ
そう言われれば、リトアニアにはないな~と思いながら地図を見ていたら、東欧(旧共産主義圏)にスウェーデン教会は存在しない事実を発見しました。 唯一エストニアにはあるんですよ。 スウェーデンとは歴史的にも繋がりが深い国だからかな。
面白いシステムですね~!

トラブルに巻き込まれたら駆け込めるって、まるで大使館みたい!
そもそも、海外各所にスウェーデン教会があること自体全く知りませんでした。
地図を見るとリトアニアにはなさそうですね・・・。
再び Gunvaldさんへ
(結局、朝じゃなくて夜になってしまったので、日本時間ではもう翌日に・・・ すみません。)

Gunvaldさんは英国には何度か足を運んでいらっしゃるのですね。 歴史のある建物を改造したホステルは、趣があって、あまり実用的ではなかったりするとこが、また印象を残してくれるんですよね。 ユースホステルってユニークなものも多いし、若者と、あと年配者も案外多いかも。 年金生活になってから、またユースホステル巡りも楽しいかもしれませんねぇ。
男性の方はよく、おっしゃいますね、トイレの高さ。 でも、英国人だって、それほど背が高い人ばかりじゃないと思うんですよ。 それって、英国人男性の見栄?

ブラウンズ・ホテルなんて、ああ、溜息。 そのようなホテルに泊まったら、観光に出歩かないかも。

Gunvaldさんはユーミンも聴かれるとは、新たな発見。 (レーザーディスク、すごく欲しかったけど、いつの間にか時代と共に消えていた代物ですね・・・) でも、見ていたのはバックダンサー? (今日は軽いネタが多いですわね。) 

後年、アニメの主題歌で大ヒットというと・・・
Gunvaldさんへ
いつの間にか遅い時間になってしまったので、コメントのお返事は明朝(日本時間では午後か・・・)にて、失礼します~。
ANTさんへ
遥か昔に、ワーホリでオーストラリアに行ったとき、YHAやバックパッカーを泊まり歩いて周りましたよ。 広くて清潔で設備が整っていて、次の宿も見つけやすいし、不自由しませんでした。 それに比べると、ヨーロッパのYHAは貧弱なところが多く、でがっかりします。 NZに行ったら、やっぱりバックパカーズに泊まりたいですね。
yukiさんへ
あっ、yukiさんロンドン好き? 私も過去に一度行っただけで、しかも久しぶりの大都会なので、楽しみ~♪
でも、ロンドンのホテルって、けっこう バストイレ共同なとこ多いんですよ。 (安いとこ探すと。) バックパッカーは、オーストラリアでよく泊まってたよ。
らくだのせなかさんへ
意外ですよね~、社会主義体制なのに政教分離がなされてなかったなんて。 北欧は、やっぱり不思議というか、独自なシステムが多いかも。
考えてみれば、温泉旅館とか民宿もバス・トイレ共同!? 妹はバックパッカーズにも慣れているから、別に平気なんだけど、やっぱり夜中のお手洗いとかおっくうだし・・・ んん、トシのせい!?
にゃんこねんさんへ
今まで税金払っていたんだから、しっかり国の施設は利用しなくちゃね。

で、サンダ、ですが・・・

にゃんこねんさん、ドームでサンダー観たのね! 実質的には、あれがサンダの本当の初来日だった。 私は行ってないんですよ。 それ以外は来日公演は必ず行ってたんだけど。 くぅ~、にゃんこねんさん、観てたのねぇ。 かなり前って、かーなーりー前ですよねぇ。

そうそう、私も解散ライヴって、日本で観た記憶があるんだけど。 でも、それ以後も定期的に日本公演やってたし、いつの間にかサンダーとしてのアルバムも出してるし。 今回の解散っていうのも、あまり意味ないような。

でもこの国ではあまり知名度ないようで、全然彼らのライヴ観てないので、やっぱり向こうも老体にムチ打ってライヴやってるので、こっちも老体にムチ打ってロンドン行くかー! 日本に行くより近いし。 

にゃんこねんさん、きちんとチッタに観に行ってたんですね、サンダー! 

曲もいいんだけど、歌詞がまた素晴らしいんですよね。 何気ない日常のこと歌ってるだけなのに、すごく表現力が豊かで、英語ってやっぱりイギリス人の言葉なんだなーと感じるのです。 

そういえば、名訳もありますね。 Love Walked In というドラマチックなバラード、サビの部分の Love walked in through the door...

日本語版対訳が、

「愛が玄関から入ってきた」
tulpさんへ
異国で寂しくなったら、コーヒー飲みながら母国語でお喋りしていきないさい、っていう配慮なんですね。 あ、この小さな地図でオランダがお分かりになるとは! (北の僻地に住んでいるので、欧州大陸の地図は、あやふやです・・・) オランダは Rotterdam に Zweedse Kerk があるようですよ♪
Setteさんへ
残念~! 行くのは7月上旬なんですよ。 また?ニアミスですね。
そういえば、私はローマで修道院の宿?に泊まったことあります。 地図を見てたらシスターが寄ってきて、「寝るとこを探しているのか?付いて来い」というジェスチャーをされ、まだ宿を決めてなかったので付いて行きました。 共同ベットの部屋には、他にも二人の日本人女性が一緒に泊まり、一人は私と同じくバックパッカーで、もう一人はイタリア在住の方。 ローマでの講演を聴きに田舎から出てきたと言っていました。 なんか、突然思い出してしまいましたよ~。
アリスさんへ
なかなか羨ましいシステムです。
外国旅行は情報次第ですね! 私はロンドンは全然分からないので、何回か行ってる妹に付いて周ります。 暑いのかなぁ。 北欧に比べたら絶対暑そう! 大都会だし。 (久々の都会に身震い!)
Mevrouwさんへ
スウェーデンの教会は国が運営していたので、まさに領事館のような、でも精神面のケアの、役割を持っていたんでしょうね。 あまり見ないけど?けっこうスウェーデン人は世界のあちこちにいる模様。
ロンドンのホテル
私の唯一のユースホステル体験は英国ででした。確か教会を改装したところで仕切りはあっても天井が筒抜けなので夜になり誰かがゴニョゴニョ喋るとすかさずどこからか「シー!」という声が掛かっていました。
女性には理解しがたいことかもしれませんが英国のトイレ、「朝顔の位置が高いんじゃー!爪先立ちと3つめの脚が長かったから・・・」(一部、見栄からくる誇張した表現が含まれていることをお詫びします)
もう若くは無いので普通のところに泊まりたいけれどジャンボジェットのユースホステルには泊まってみたいかな。

反対に私の今までに自腹で泊まった最高級ホテルはロンドンにあるブラウンズ・ホテル(http://www.brownshotel.com/)でした。シングル(本当はダブルなのかも)の部屋でしたけれどドアを開けると3m程の通路になっていてその突先の左右に部屋へとバスルームへ通じるドアがそれぞれついていました。部屋の中や廊下にも小さな絵が何枚も飾られていて、テレビは昔懐かしい観音扉付きの箱に収まっていました。
ルームサービスの朝食メニューには卵の茹で加減の指定項目があったりとさすがだと思いました。(日本の高級ホテルにもあるのかな?)
このホテルはアガサ・クリスティの小説やユーミンの曲(http://www.youtube.com/watch?v=bw3AFCA1CSE)の題材として取り上げられました。

ユーミンの曲でまたぞろ思い出したのがこの曲のコンサート映像(http://www.amazon.co.jp/WINGS-LIGHT-DVD-%E6%9D%BE%E4%BB%BB%E8%B0%B7%E7%94%B1%E5%AE%9F/dp/B0000687TM/ref=sr_1_1/375-7031460-0173815?ie=UTF8&s=dvd&qid=1244239951&sr=1-1)のことです。この映像は当時手持ちでは唯一の邦楽のレーザーディスク(死語)のソフトとして持っていたのですが素晴らしいものでした。
特に向かって右側のバックダンサーの女性が動きにも一番キレがあるように思え、私のお気に入りでした。この映像を観る時はほとんど彼女ばかりでユーミンのことは観ていなかった気がします。
http://www.youtube.com/watch?v=QIi3EooLd4w&feature=related

そんな彼女が後年、独り立ちした歌手になりアニメの主題歌で大ヒットをだすことになるのは又別のお話。
バックパッカー
NZもこういうタイプの宿はたくさんあります。バックパッカー(YHAも含めて)という名前で、安価で、NZの場合、比較的清潔なところも多く町のインフォーメーションセンター(無料観光案内所)には、国内全般のバッパーのカタログが無料で手に入り、利用者がその宿を評価したレートを100点満点で採点されています。80点以上はきれいなバックパッカーです。それを見ながら旅行者が予約しています。SPAなどがついてるところもあります。(水着着用)
ロンドン!ロンドン!
そんな宿があるとは、知りませんでした。
バストイレ共同って、バックパッカーの宿みたいですね。
1度だけ泊まった事あるけど、せめてトイレは各部屋に付けて欲しいと思いましたよ。
ロンドン旅行いいなぁ~。
お土産話、いっぱい聞かせてください。
楽しみ♪
本当に解散?
身内の連れだった 南部出身のジイサマ
(たぶん 既に過去形かと…)

旅行が好きななんだけど 年金生活なので 一体どっから金が出て来るわけ?
って 謎に思ってたら こう言う施設も利用するんだよ~って 以前話してたのを思い出しました 


で サンダ

かなり前の暮れのドーム 思い出します
いいメンツでしたよね いやあ 懐かしい…

てか 何回か 解散とか再結成とか繰り替えしてませんでしたっけ?
歌詞がね なんか面白くって 発想が豊かだなぁ って毎回思いました
チッタだかどっかで数年前に見たのが たぶん 最後かもです 
そっかぁ 辞めるのかぁ… 

夏のロンドン
もう あちこちから日本語が聞こえて来そう
ラーメン食べるの? 焼肉食べるの? お魚食べるの?ねぇねぇねぇ?
おお、某国にも
こりゃ、某国にもありそうですね。
素敵なシステムなので、一度利用してみたくなりましたが、オアシス村からは遠そうな予感。
バス・トイレ共同というのは、私は平気だけど、日本からお越しの方々は、嫌がる方もいますね。
まあ、温泉旅館とか民宿とか、そんなシステムだと思うんですが・・・。

ところで、政教分離、2000年だったんですか? これは、驚きです。
お茶するだけでも歓迎って素敵ですね(^^)
写真の地図をみるとオランダにもあるようなので
ちょっと探して一度行ってみようかな~。

へぇ~っ!
そういう宿があるんですね! 知らなかった~♪ バス・トイレ共同・・・・若い時なら平気でしたけど、ちょっと今は数泊するとなるときついなぁ。 教会の宿っていうんで、宿坊みたいなのかと思いました(笑) どこに寝るんだろ、と想像を膨らましてみた♪
7月、実は私達もロンドンに行くんですよ~。演劇観に(私は観ないけど・笑)月末だったらロンドンで会えるかも知れませんね♪
そんな仕組みがあるなんて素晴らしいですね!
外国旅行も情報次第でお徳ですね。

7月のロンドンはそんなに暑いのでしょうか?
Chakyさんのことだから通な場所をご存知なのでは?楽しんできてくださいね。
コンシュラー
まるで領事館みたいですね。素晴らしいシステム。 それほどにスウェーデン人は世界中にひろく住んでいるってことですね、きっと。 船乗り教会が元であったというのはとてもよくわかります。

管理者にだけ表示を許可する